訪問者(累計): 2856018
訪問者(今日): 144

   

日本船・外国船 クルーズ掲示板

日本船と外国船のクルーズについて明るく楽しく、気楽に書いてください。

クルーズワールドへ戻る      2014年10月以前の投稿(外国船)はこちら

モバイル・アドレス : http://bbs2.sekkaku.net/bbs/i.pl?fujiwaray1

このレスは下記の投稿への返信になります。戻る

No.9696 1878      ダイヤモンド寄港地情報(2018年・北海道・ロシア編) 
Pass
     名前: サポート   日付:2018年04月21日 (土) 16時35分  [返信]
皆様から投稿して頂いた主にダイヤモンドプリンセスの情報に基づいて寄港地情報をまとめました。
 お願い:誤りとか追加情報があれば教えてください。
はじめに:
(1)記載内容は2018年4月までに(以降の追記もあり)収集および投稿された情報です。
(2)各寄港地におけるシャトルバス情報は2018年版クルーズアンサーブックのP56を参照。
   備考:船内で予め購入(予約)できますが返金不可です。当日下船した岸壁でも販売しています。
(3)レンタカーは徒歩圏内(15分以内)に営業所があるか港までの送迎サービスのある会社を記載。
(4)青字の部分(リンク)をクリックすれば地図、関連HPおよびオリジナルの投稿が見れます。
(5)2018年版から接岸場所のクリック地図にシャトルバスの降車場所および観光情報を記入。
(6)2018年版には今年寄港しない場所もデータとして残しています。

釧路
接岸場所:釧路西港区第4ふ頭
 注意:船内で出国審査がある(横浜発:7月3日、8月27日、9月25日)
交通:
 シャトルバス:あり(1日券 US$10):岸壁 ⇔ フィシャーマンズワーフMoo
 レンタカー :あり(トヨタレンタカー・釧路鳥取店トヨタレンタカー・釧路店
           両店とも、8:15頃に(予約者用の)送迎車がふ頭に到着
観光のヒント:
 観光情報サイト:釧路・阿寒湖観光公式サイト「SUPERFANTASTIC Kushiro」はこちら
         釧路湿原国立公園連絡協議会のサイトはこちら
●2018年は釧路での寄港時間が2016年、2017年より3時間長くなっていますので、釧路湿原観光(ノロッコ号)に時間的余裕ができたと思います。
2018年の釧路寄港時間:07:00 - 17:00(10時間)
2016年の釧路寄港時間:07:00 - 14:00( 7時間)
                        ( by サポート 2018/04/21)
●和商市場で18匹1000円のボタンエビ(12cm)と1パイ800円の毛ガニ(20cm)を食べました。
知床クルーズでは午前中にシャチらしきを見たという人がいました。
                        (No.6224 by ウフフさん 2016/06/21)
●知床クルーズの関係で停泊時間が短かかったのですが、釧路湿原に行きたくて、路線バスで釧路湿原まで行くことにいたしました。前回利用した、観光バスが無く行く方法が見つからなかったのです。
これが、失敗で片道40分のところ約1時間弱かかってしまい、釧路湿原には1時間くらいしか時間が取れず地元のガイドの方にも、ここは路線バスで来るところではないと言われたと同じバスに乗っていた人に聞きました。
レンタカーを借りれば良かったと思いました
                        (No.6150 by まめだいふくさん 2016/06/11)
●釧路ですが、北方四島の間を通るためでしょうか、2015年も14時出港でした。
「JR北海道予約サービス」のインターネット予約でノロッコ号を自力手配しました。
くしろ湿原ノロッコ2号 11:06釧路→11:29釧路湿原
くしろ湿原ノロッコ1号 12:38釧路湿原→ 13:03釧路
釧路駅13:03到着で14時出港に間に合うか心配でしたが、釧路駅からタクシーで余裕で間に合いました。
同じノロッコ号にダイヤモンドプリンセスからも沢山乗っていて、タクシー相乗りしている方もいたようです。釧路駅でなるべく早く下車してタクシーに乗れれば大丈夫かと思います。駅前タクシーも複数台ありましたが、タクシー予約という手もありますね。
釧路湿原駅では徒歩5分のビジターセンターに寄り、さらに5分坂を上って細岡展望台から湿原の景色を見ました。1時間では時間が余りますが、塘路駅だと滞在時間が短くなってしまうのでやめました。
ノロッコ号で風を感じながら景色を眺めるは気分のよいものですね〜
                        (No.6040 by suzukatoさん 2016/05/26)
●釧路のトロッコ列車“ノロッコ号”は魅力的ですね。
鉄道好きの小生も一度検討はしてみたんですが、船の出港時刻が14時(航路が去年あたりから日本−ロシア国境の択捉海峡経由となった為?)と早く、一方、釧路湿原→釧路のノロッコ1号の釧路駅到着時刻が13:05なので、乗船時刻門限、シャトルバス時刻等を考えると大丈夫かなと懸念をもっていました。ギリギリ間に合う様でしたらこの列車も選択肢に入れてみます。
                        (No.6005 by 浜おやじさん 2016/05/23)
●釧路ツアーは、まだ日にちもありますし、ノロッコ号をご自身で往復予約するプランはいかがでしょうか?JRなので指定席の予約は1か月前からですので、旅行会社などに指定席予約を頼んでもまだ間に合うと思います。私は前もって往復のノロッコ号を予約して、車窓から丹頂鶴を見つける楽しみを味わえました。
船からフィッシャーマンズワーフまではシャトルバスが出てました。フィッシャーマンズワーフから釧路駅までは徒歩で十分ですし、駅前の和商市場でお土産にカニを手配したり色々と便利でした。
駅まで歩く時に一緒になったご婦人は、1人だけだし駅でノロッコ指定席が買えると甘く見ていたようで、駅で完売だったため途方に暮れていました。夏休みの時期ですし、予約必須ですがお安く釧路湿原が楽しめるのでお勧めなコースです。
余談ですが、フィッシャーマンズワーフ1階にある「さんまんま」という秋刀魚の焼き押し寿司がとても美味しいのでお勧めです。シャトルバス乗り場のすぐ近くですので、待ち時間を利用して購入してみてください。                        (No.6003 by にのにのさん 2016/05/22)

網走注意:2018年は寄港しない)
接岸場所:網走港第4ふ頭
交通:
 シャトルバス:あり(1日券 US$5):岸壁 ⇔ 道の駅「流氷街道網走」
 レンタカー :なし
観光のヒント:
 観光情報サイト:網走観光協会「おいしいまち・網走」はこちら
●道の駅「流氷街道網走」から網走バス運行の「あばしり観光施設めぐり」に乗車可能。
1dayパス:大人800円
道の駅〜網走バスターミナル〜網走駅〜刑務所前〜博物館網走監獄〜天都山(流氷館)〜北方民族博物館
時刻表はこちら  注:時間は要問合せ。船が寄港する2017年6月18日は道の駅まで延長運行とのこと。
                             (by サポート 2017/05/29)
小樽
接岸場所:勝納ふ頭
 注意:船内で入国審査がある(横浜発:7月3日、8月27日、9月25日)
交通:
 シャトルバス:なし
 レンタカー :なし
観光のヒント:
 観光情報サイト:小樽観光協会「おたるぽーたる」はこちら 
●小樽では北海道中央バスによる「勝納埠頭(新日本海フェリー)⇒小樽駅(運河経由)⇒天狗山ロープ
ウェイ⇒小樽駅(運河経由)⇒ 勝納埠頭(新日本海フェリー)」が運行されていました。
1日乗車券¥750を利用し4区間以上乗車すれば割安になります。
(この臨時バス運行に関する船内新聞や船内での情報提供は何もありませんでした。秋田港のJRの列車運行と同様です。乗船客に配慮した船との情報連携が望まれます。)
                      (No.8824 by サーディンさん 2017/09/02)  
●勝納ふ頭の停泊場所が少しフェリーターミナルよりになっていました。
フェリーターミナルから出ているバスはフェリーの時間に合わせて小樽駅まで運行するようですが、りんさんのお話では、昨年はダイヤモンドに合わせて出してくれているとお聞きしました。
フェリーターミナルのHPからは確認できませんでしたが、今年も出ていたのかどうかお分かりになる方お教えください。(サポートのコメント:上記サーディーンさんの投稿が回答になるように思います)
「青の洞窟」クルーズ  北欧産業(5000円)0134-32-3911
ネットで見るとキャンセル料が前日50%、当日100%とありましたが、電話で問い合わせると
電話連絡を頂ければ特にキャンセル料は取らないとの事でした。
キャンセル待ちのネット上でも、電話なら取れたりと電話される方が良いかもしれません。
オープンのモーターボートなので天候でキャンセルになることもあるそうです、その時は電話連絡があります。
私たちは、電話で乗船前に予約し、雨でしたので小樽に着いてからキャンセルの電話を入れました。
会社はまだ中止するか決定はしていないとの事でしたが、キャンセル料は発生しませんでした。
                    (No.8705 by まめだいふくさん 2017/08/06)
●私は6月のダイアモンドプリンセスで青の洞窟に行きました。素晴らしいお天気に恵まれて鏡の様な海になり最高の景色に会えました。お天気次第でしよう〜
下記でお世話になりました。(株)ツウセンのアドレス下記  もう一つ運行会社が有ります。
   http://annnai-otaru.jugem.jp/?eid=427
   https://www.facebook.com/blue.cave.cruise.by.TUUSEN/
前日に電話予約で大丈夫です。 小樽運河から出ます。 参考までに  
                        (No.6731 by キリコさん 2016/08/17)
●小樽では一日おつきあいいただきありがとうございました。お天気に恵まれ、積丹ブルー素晴らしかったですね。※写真は左)積丹半島にて、ニューしゃこたん号に乗船!中)神威岬からの絶景!
                        (No.6325 by すこーんさん 2016/07/03)
●小樽のシャトルバスは無かったように思います。下船後すぐに歩き出してしまいました。ちなみに歩行者だけは近道で街の方へ出ることが出来ます。六花亭までは1.5km強です。青の洞窟乗り場までは2.5kmほどです。タクシーは遠回りをするのでさらに500mほど遠くなります。
6月初めの北海道はめちゃ寒かったですが船内もかなり寒かったです。
                        (No.6227 by ウフフさん 2016/06/21)
●小樽---運河へ向かう道すがら六花亭の2階でお菓子2品(250円)とおまけの珈琲を頂きました。
また回転寿司の和楽は美味しかったです。(100円ではありません)
                        (No.6224 by ウフフさん 2016/06/21)
●小樽観光情報
A ちゃりんこおたる
荷物預かってくれます小樽は歩いて観光するには疲れます。小回りもきくので快適です。夏は要帽子。
B パンのいのまた・ピロシキがおいしい。
ちゃりんこおたるの近く。老舗のパン屋。パンの耳をサイコロ状に切ったものを衣につけて揚げているのでさくさくした触感。
C 運河クルーズ・朝早いほど空いている。
案内付きのゆったりクルーズ。ボートから眺める景色は、眺めている時とは全然違う。何度も行っているがまだ乗ったことがない方におすすめ。
D ルタオ本店・最上階の展望フロア・無料。
ここからサンプリンセスがよく見える。勝納埠頭のビルがあるので全景は撮れないが、今からあの船に乗るのかと思うとうれしさ倍増。2階のカフェも内装がおしゃれ。ケーキセットはちょっと高い。
E 北菓楼小樽本館・シュークリームセットが安い
おそらく地域でセットもの最安の店。初めての方へのおすすめは「夢不思議」。まず、大きさにびっくり。好きなシュークリーム1つ+ドリンク+ソフトクリームで515円。ドリンクはハスカップがおすすめ。昼食代わりになるボリューム。飲食は外のテント下のみ。バームクーヘンセットもあるが、試食がたくさん出ているので、セットを購入してから2つ3つ試食をもらえばもう充分(笑)
                           (by エラワンさん 2014/08/14)

函館
接岸場所:港町ふ頭
 注意:船内で出国審査がある(横浜発:7月27日)
交通:
 シャトルバス:あり(1日券 US$10):岸壁 ⇔ JR函館駅前 注意:函館まつりの日は別の場所
 レンタカー :あり(はこなびレンタカー
観光のヒント:
 観光情報サイト:函館市公式情報サイト「はこぶら」はこちら
●タクシー情報 港町埠頭 ⇒ JR五稜郭駅 ¥1830、 JR五稜郭駅 ⇒ 港町埠頭 ¥1350 
   岸壁で「バスラーメン」が営業していました。出航時にチャルメラでお見送りをしてくれました。
                     (No.8824 by サーディンさん 2017/09/02)
●5月13日神戸発ダイヤモンドプリンセス:
12時前に下船が可能になり、乗客の皆さんが一気にシャトルバス(往復10ドル)に殺到したので長い列ができてしまいました(写真左)。雨がかなり降っていましたが下船口で船がプリンセスの傘(青と白)をシャトルバスの乗り口まで貸し出したので助かったのではないでしょうか。
こちらは函ナビレンタカー(ホンダ)が下船口前の岸壁まで車を配車しくれていた(写真中)ので契約書にサインしてすぐに出発できました。軽乗用車に3人乗るとシャトルバスとほぼ同じ料金。函太郎宇賀浦本店(写真右)までの往復に使用しましたが、終日雨が降っていたので結構具合いが良かったです。
函太郎は北海道の回転寿司チェーンで千歳空港にもありますが、ここの本店が一番美味しいように思います。JR函館駅から離れているのが難点ですが。
船のバッフェで夕食を済ませて外を見ると雨もほぼ止み函館山のテレビ塔が見えているので急遽タクシー会社に電話して「函館山夜景観光ツアー」に出かけることにしました。時間は約90分、料金は1台8190円の固定制で函館山から夜景を見た後、ライトアップされた教会、公会堂、赤レンガ倉庫を運転手さんのガイドを聞きながら見て回りなかなか盛り沢山のコースでした。
                   (No.8453 & 8454 by のせの猪さん 2017/06/15)
●今日は 函館祭り(8月1日〜5日)があります。シャトルバスは駅ではなく五稜郭近くの美術館へ行きます。夜には花火大会があります。
                        (No.6581 by やすこさん 2016/08/01)
●函館は、函館駅までシャトルバス出ていると思います。市バスの乗り放題800円か市電乗り放題もあります。
函館山の夜景を見たいなら、市バス乗り放題を買って、バスで山にめぐるもいいかなっと。私は、前回の時はバス乗り放題券を買って、函館山、五稜郭、タワー、修道院、赤煉瓦倉庫、坂とかいろいろ見てきましたよ。
                        (No.6444 by ゆうさん 2016/07/14)
函館の1日乗車券はいろいろ種類が有ります。正しく乗車券の名前を伝えないと違うのを渡されてしまいます。例えば電車内で買ったらバスが乗れない物だったりで交換してもらいました。
                        (No.6230 by ウフフさん 2016/06/23)
●函館---今回は寒くてすぐ船内に避難しましたが・・
シャトルバス降場近くから函館山へのバスが出ています。帰りのバスは混むので注意です。函館山登山コースは比較的楽に行けるそうですよ。
   http://www.hakobura.jp/nightview/post-156.html
                        (No.6224 by ウフフさん 2016/06/21)
●昨年の8月 サンプリンセスの北海道とサハリンに参加しました。連日20度〜23度でとても寒かった記憶があります。最初の寄港地函館でジャンパーとカーデガンを買いに行きました。去年が寒かったから今年も寒いだろうとは言い切れませんが 多少の暖かいものをお持ちになることをお勧めします。 
当時の知床あたりの船のデッキとコルサコフの写真を添付します。皆さんの服装を見られて少しでも参考になれば幸いです。
                        (No.811 by PinoRojoさん 2016/06/13)
●函館観光情報
@・カンパス・バスのみ一日乗車券・800円
  朝9時か10時のトラピスチヌ修道院行きに乗って、観光を始めると効率がいいです。
  朝市→トラピスチヌ修道院→五稜郭→函館駅前→元町→十字街→谷地頭温泉→十字街→函館山→
  函館駅前で周遊しました。
A・谷地頭(やちがしら)温泉・要お風呂セット一式・
  立待岬や石川啄木の墓・資料館を組み合わせるのもおもしろいでしょう。
B 五稜郭ウォーキング・一周コースあり・タワーの一階にロッカー有・一周約45分
  美術館に行ったので、美術館のロッカーを利用しました。
  8月24日まで日本画の特別展。それにあわせて呈茶有。
  30個限定の地元の和菓子がおいしかったです。C 元町教会群
  ハリストス教会は300円・山下りんの絵を見ることができます。
  他の教会は無料ですが、献金の小銭はポケットに入れておきましょう。100円で充分です。
D 公会堂
  ここからサンプリンセスが見えます。写真ポイントです。
E 函館山
  バスなら片道400円。車窓の眺めもいいです。安いので外国人観光客がおおく乗車しています。
  バスを降りて、階段を上がってすぐの広場がサンプリンセスの写真ポイント。ライトアップした姿も
  美しいです。 日が暮れる前に山に上がり、夜景になったらすぐに山を降りると、混雑しにくいです。
F 食事
  ・「うにのむらかみ」B定食は昼のみ。入荷していないので朝はありません。
  ・「五島軒本店」 プリンセスの乗客にはワンドリンクサービス
  ・「ラッキーピエロ」 土方歳三バーガーのほたてはおいしかった。
  ・朝市 店が多すぎて迷います。どんぶり横丁マグネット500円は精巧な作りです。
G タクシーの運転手の情報
  函館駅に電車で到着したくて、タクシーでJR五稜郭駅まで行きました。
  船から五稜郭駅まで1500円〜1600円くらい。車庫で準備中のSLに偶然会えてラッキーでした。
大沼情報
  1・山川牛乳とソフトクリーム(函館市内でも買える店もあり)
  2・ステーキの黒べこ
  3・ミルクロード(アイスクリーム屋が並んでいるらしい
                               (by エラワンさん 2014/08/30)

コルサコフ(注意:日本と時差が2時間ある)
接岸場所:コルサコフ港の沖止め (船 ⇔ 岸壁 をテンダーボート/救命艇が往復)
交通:テンダーボート:ビザを取得した乗客※かエクスカーション参加者しか乗船できない。
 ※2018年1月からE-ビザによるコルサコフ港からの入国が可能になったとのこと(ジェトロ情報)
観光のヒント:
●昨年はコルサコフで個人が自由観光するにはロシアのビザを取得する必要がありました。2018年のビザを取得する必要があることに変わりはありませんが、今年1月1日からコルサコフ港がE−ビザの対象になることが決定した(注)とのことです。
注:ジェトロのニュースによる https://www.jetro.go.jp/biznews/2018/01/cd52a4f3e67a9fc3.html
E−ビザであれば従来のビザの入手に必要であった招待状の入手、ロシア大使館へのパスポート提出が必要なくなるので、今年は船主催のツアーの他に個人でE−ビザを取得して自由観光することも容易になると考えられます。
参考までにE−ビザの取得手順は以下のサイトが参考になるかと思います。
申請サイト(ロシア外務省): http://electronic-visa.kdmid.ru/index_jp.html
申請手順の参考情報(ロシアウラジオ.com):http://urajio.com/news/evisa
このE−ビザによるコルサコフの個人観光はまだ実績がありませんので、個人の責任でおねがいします。
                        (No.9669 by サポート 2018/04/19)
●サハリン上陸について  サハリンに上陸しない人もたくさんいて横浜でチェックイン時にシールを貼られ乗船前に特設デスクにて本当に上陸の意思がないのかを申告します。上陸しない人はクルーズカードに黄色いマークが貼られています。 釧路港で下船するしないにかかわらず出国審査を受けます。同時にロシアの入国カードに記入して提出します。
                      (No.8909 by pinorojoさん 2017/10/03)
●サハリンに上陸しない人も大勢いらっしゃるそうですが、わたくしたちは9月5日の横浜発で、コルサコフに下船しました。事前にロシア大使館領事部で査証を取ってありましたので、約5時間くらいコルサコフを散策しましたが、2度目のコルサコフとてもよかったです。
旧北海道拓殖銀行大泊支店は、改装のためか外壁を描いたシートで覆われていました。稚内公園のコルサコフ像を見てから、旧亜庭神社の階段を登るとそこは広い空間でした。階段を下りてとても小さな歴史郷土博物館に入り、ここで大泊時代の沢山の映像などを見れたのは感動でした。
レーニン広場に出て文化会館オケアンに入ると、ツアーの人でいっぱいでした。
近くの郵便局で絵葉書を出しましたが、英語は全く通じませんでした。日本までは35pでしたが10日ほどで着きました。
サヴィエーツカヤ通りには屋台が出ていて、野生のブルーベリーやコケモモ(だと思います)が1kg 300pで販売されていて、飛ぶように売れていました。
昼食はトリップアドバイザー1位のヴァルハットでとりましたが、メニューはロシア語だけ。そのうえロシア料理はほとんどありませんでした。でもデザートのアイスクリーム(150p)は、クルーズ船のそれより格段に美味しかったです。
                        (No.8910 by 濱クルーズさん 2017/10/03)  
●6月13日神戸発ダイヤモンドプリンセス No.4 コルサコフ個人観光:
午前10時半、コルサコフ港に到着。テンダーボートを降りると「Information」の看板が目に入る。
ツアーのバスが停車している裏に仮設テントがあり2人の女性が待機している。だが、テーブルには土産物をが所狭しとならんでいる。「ここがインフォメーションなの?」と不審に思っていると、それを感じたのか「そのパンフレットは無料ですよ」と英語で声が掛かる。
前回訪問した場所がどんなになっているか知りたかったので、この機会と「レーニン広場まで歩いてどれくらいかかりますか?」と聞くと「20分ぐらい」と(地図の右端を示しながら)教えてくれる。
                        (No.8468 by のせの猪さん 2017/06/19)
●6月13日神戸発ダイヤモンドプリンセス No.3:
今回はビザを取っての観光ですので下船時間を自分で設定できるのがありがたいです。前回のように午前6時半(日本時間午前4時30分)集合では堪りませんから。
ビザを持った乗客の下船はサボイダイニングに9時30分〜12時の間に行き順次テンダーボートに案内してもらう方式とのことです。
                        (No.8465 by のせの猪さん 2017/06/19)
●ダイヤモンドプリンセス乗船記録(5日目)
午前6時に予定通りコルサコフに着きました。一面濃霧で300m以上先は殆ど見えません。港に停泊しているのですが、港湾施設や建物等も一切見えません。
ビザを取得している方以外はオプショナルツアーを申し込まないとテンダーボートに乗せてもらえません。私たちは市内の劇場とレーニン広場をバスで運んでもらえるツアーに参加しました。日本語を勉強して、日本にも来たことのある日系人の女性が案内をしてくれました。このツアーの途中から急速に天候が回復して青空が広がって来ました。寒いのではないかと思って、前夜7デッキのプロムナードで防寒用衣料品を購入された方が多かったのですが、全員脱ぎ始めました。
                        (No.6425 by 旅好きじいじさん 2016/07/13)
●昨年ダイヤモンドプリンセスでコルサコフ・北海道周遊しました。
「コルサコフで」とありますが、参加したユジノサハリンスクツアーでの状況をお知らせします。両替したルーブルを持参しましたが、結果、必要ありませんでした。
簡易お土産売り場では日本円で購入できるので千円札を多めに用意されるのがよいと思います。スーパーでロシアメーカーのチョコレート(マトリョーシカのイラスト)をお土産に購入し、VISAカードでお会計できました。ルーブルの小銭が余りわざわざフードコートでジュースやアイスを買いました。コルサコフ散策ではスーパーはないかもしれません。
                        (No.6350 by marinaoさん 2016/07/05)
●(船主催の)街歩きツアー(エクスカーション)は街の散策は出来ず、港の見える丘→レーニン広場→劇場→港 と散策する時間が全く無くてがっかりしました。港の周りを少し散歩したいと聞いてみましたが、ダメと言われお店をのぞいたりするのを楽しみにしていましたので残念でした。
ツアーで無いとコルサコフに上陸することもだめで、テンダーボートにも乗せてもらえなかったと友人は言ってました。
                        (No.6150 by まめだいふくさん 2016/06/11)
● こんばんは、コルサコフでは、(劇場の)トイレが3つの中1つが使えず、しかも詰まるので紙を流さないように、途中で紙も無くなりましたので、手持ちのティッシュペーパーを使いました。
どうしてもと言う方はダッシュで一番に行ってください、そうでない方はしばらくしていかれるほうが、他にトイレが無いので超満員です。
2年前は20分ほどの自由時間があり、街のお店をのぞいたりしてとても面白かったので今回もと思っていたら全く無くてとても残念でした。歌と劇をパスしても良いのであれば、時間を聞いて街を歩きたかったのですが、今回コルサコフ初めての娘と一緒でしたので「バスも街並みも見ているだけで興味深い」と言ってくれでそれで良しといたしました。
                        (No.6159 by まめだいふくさん 2016/06/12)

ウラジオストク (注意:日本と時差が1時間ある)
 接岸場所:Morskoy Vokzal (Sea Terminal)
 個人観光:ビザを取得した乗客※(あるいはエクスカーション参加者)しかロシアに入国できない。
  ※2017年8月からE-ビザによるウラジオスットク港からの入国が可能になったとのこと(ジェトロ情報)
 シャトルバス:必要なし(市街地のふ頭に接岸)
観光のヒント:
 観光情報サイト:ロシア・ウラジオ.comのサイトはこちら 
●ウラジオストクについてです。2018年 寄港地観光ツアーのご案内
 http://www.princesscruises.jp/pdf/JPP2018_shoex.pdf
のP.3に、電子ビザについての説明があります。
また、日本語の「ウラジオストク自由港を訪問するための電子ビザ取得」ホームページ
 https://evisa.kdmid.ru/ja-JP
もありました。
                        (No.9790 by ひろしさん 2018/04/29)
●昨年はコルサコフで個人が自由観光するにはロシアのビザを取得する必要がありました。2018年のビザを取得する必要があることに変わりはありませんが、今年1月1日からコルサコフ港がE−ビザの対象になることが決定した(注)とのことです。
注:ジェトロのニュースによる https://www.jetro.go.jp/biznews/2018/01/cd52a4f3e67a9fc3.html
E−ビザであれば従来のビザの入手に必要であった招待状の入手、ロシア大使館へのパスポート提出が必要なくなるので、今年は船主催のツアーの他に個人でE−ビザを取得して自由観光することも容易になると考えられます。
参考までにE−ビザの取得手順は以下のサイトが参考になるかと思います。
申請サイト(ロシア外務省): http://electronic-visa.kdmid.ru/index_jp.html
申請手順の参考情報(ロシアウラジオ.com):http://urajio.com/news/evisa
                        (No.9669 by サポート 2018/04/19)
●また、別件ですが今日から「ウラジオストクの無料電子ビザ申請」の受付が始まりました
 https://evisa.kdmid.ru/en-US
産経ニュース 《ウラジオのビザ緩和、8日から申請受け付け》
http://www.sankei.com/world/news/170802/wor1708020019-n1.html
電子ビザに登録しておけば、観光やビジネス、人道目的で、ウラジオストクの空港や港で入国時にビザを取得でき、ウラジオストクとその周辺に最大8日間滞在できる。
ただ、制度に関する情報が少なく、日本の旅行会社からは利用に慎重な意見が出ている。(共同)
                      (No.8299 by ぱるさん 2017/05/26)
●ウラジオストク発日本人による日本語案内情報サイト ウラジオ.COM』この、サイトは、ご存知でしょうか?お店特徴から開店時間色々載って居ます。
                        
(No.8709 by にわかさん 2017/08/08)  
●ウラジオストクは初上陸で楽しみにしていましたが、昨年訪れたコルサコフやユジノサハリンスクに比べてやはり都会で美しい町でした。午前中はツアーに参加しましたが、ガイドさんが日本贔屓の優秀な方でとても良い時間を過ごすことができました。ビザ無しで自由行動が出来ましたので午後からは、ウラジオストク駅やマーケットなど近辺の散策も楽しめました。
最初の写真は、日本で四国巡礼した時の白衣で現れたガイド・ドミトリーさん。2枚目は、鷲ノ巣展望台からの眺め。3枚目は、ウラジオストク駅内部。駅内に入る際、荷物検査がありました。
                        (No.4634 by まゆきさん 2015/09/08)  
Number
Pass
管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板