無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

俳句の広場のひろば

ホームページへ戻る

お名前
メール
お題
ふたことみこと
ホームページ
パスワード
クッキー


■ 6月グランパ句会 選句お願いいたします。

2010年06月06日 (日) 18時48分


  二〇一〇年六月七日(月) 旧卯月二五日兼題「雨」

 1 蝶眠り女体を折りて午後なりき        
 2 初蝶がハタハタと飛んでいる          
 3 母さんは曲がりくねった雨になる        
 4 笑顔なる見事な虹のアーチかな        
 5 石楠花の花びらふわふわ蟻眠る        
 6 虫喰いの苺雨に輝けり            
 7 今朝はゴミ出しがない梅雨走る        
 8 オキザリス雨の形に涙降る          
 9 育花雨の晴れて蕾の膨らみぬ         
10 梅雨寒やすべてずぶ濡れボヘミアン       
11 男疲れ女疲れ走り梅雨            
12 雷雨が不安を連れてきた              
13 村雨の朝愛おしい蛇苺            
14 雲間から水の弦伸び流る音   
15 しあわせの姫女苑の庭に住む         
16 夏の風邪雨粒走る窓辺かな           
17 我慢して直下降の夏の雨          
18 断ち切るを惑える春の芝生かな        
19 雨が降る「こうてこじゃこて、こうてこじゃこて」   
20 ヘルパーは必ず縦を横にする          
21 さなぎになることですといって父は去った      
22 素足ゐて泥匂わせし花の雨            
23 夜の雨月下美人の乱れ咲く        
24 雨露に顔を洗う紫陽花よ             
25 アンデスの塩は桃色朝曇り            
26 私は誰天泣に震える              
27 芝生行く少女は大股裸足なり           
28 障子の穴から緑雨見る              
29 蝶番ずれて一夜の録雨かな           
30 問題は「傘がない」ので裁縫す           
31 どっしりと雨待ちわびる紫陽花よ         
32 雨降って川は紫花あふち             
33 ぐうたらの庭が喜ぶふいの雨           
34 青葉冷え夕顔の君抱いて寝て           
36 空間も時間もねじれ梅雨に入る          
37 芽が出た石で囲む                
38 火で描いてあなたの名前天を灼く          
39 雨上がり香水しのばせ町にでる           
40 雨降らず蔦は壁を登る             
41 夕立の涼し雨音子守歌              
42 今もなお豪雨の爪跡そのままに           
43 若葉雨かく麗しきふるさとや            
44 罪のない 家畜の涙雨となる             
45 万緑の雨や凛々しきをのこあり           
46 水たまり遊ぶ子らの無邪気さよ           
47 優駿が篠つく雨に晴舞台       

167番 MAIL HOME やまもも。 ▼返信


■ 6月グランパ句会

2010年06月06日 (日) 18時47分


  二〇一〇年六月七日(月) 旧卯月二五日兼題「雨」

 1 蝶眠り女体を折りて午後なりき        
 2 初蝶がハタハタと飛んでいる          
 3 母さんは曲がりくねった雨になる        
 4 笑顔なる見事な虹のアーチかな        
 5 石楠花の花びらふわふわ蟻眠る        
 6 虫喰いの苺雨に輝けり            
 7 今朝はゴミ出しがない梅雨走る        
 8 オキザリス雨の形に涙降る          
 9 育花雨の晴れて蕾の膨らみぬ         
10 梅雨寒やすべてずぶ濡れボヘミアン       
11 男疲れ女疲れ走り梅雨            
12 雷雨が不安を連れてきた              
13 村雨の朝愛おしい蛇苺            
14 雲間から水の弦伸び流る音   
15 しあわせの姫女苑の庭に住む         
16 夏の風邪雨粒走る窓辺かな           
17 我慢して直下降の夏の雨          
18 断ち切るを惑える春の芝生かな        
19 雨が降る「こうてこじゃこて、こうてこじゃこて」   
20 ヘルパーは必ず縦を横にする          
21 さなぎになることですといって父は去った      
22 素足ゐて泥匂わせし花の雨            
23 夜の雨月下美人の乱れ咲く        
24 雨露に顔を洗う紫陽花よ             
25 アンデスの塩は桃色朝曇り            
26 私は誰天泣に震える              
27 芝生行く少女は大股裸足なり           
28 障子の穴から緑雨見る              
29 蝶番ずれて一夜の録雨かな           
30 問題は「傘がない」ので裁縫す           
31 どっしりと雨待ちわびる紫陽花よ         
32 雨降って川は紫花あふち             
33 ぐうたらの庭が喜ぶふいの雨           
34 青葉冷え夕顔の君抱いて寝て           
36 空間も時間もねじれ梅雨に入る          
37 芽が出た石で囲む                
38 火で描いてあなたの名前天を灼く          
39 雨上がり香水しのばせ町にでる           
40 雨降らず蔦は壁を登る             
41 夕立の涼し雨音子守歌              
42 今もなお豪雨の爪跡そのままに           
43 若葉雨かく麗しきふるさとや            
44 罪のない 家畜の涙雨となる             
45 万緑の雨や凛々しきをのこあり           
46 水たまり遊ぶ子らの無邪気さよ           
47 優駿が篠つく雨に晴舞台       

166番 MAIL HOME やまもも。 ▼返信


■ 5月グランパ句会選句お願いします

2010年05月10日 (月) 08時40分


一二四回グランパ句会
2010年5月10日(月)
    旧三月二七日兼題「円」
1 円卓の煙草の跡や春寒し       
2 円が収斂する。赤い花を挿さねば    
3 声高し円い皿には桜鯛         
4 まんまるの口に大風こいのぼり     
5 風信子(ひやしんす)揺れてかすかに円舞曲     
6 後悔は楕円形なり桐の花

7 桜のあかりに照らされる        
8 初夏やたなびく風に目を細め     
9 夏痩せに苦労はしても気にとめず   
10 鳥も菜の花も戦争も眠る        
11 庭桜淋しさあまり散る桜        
12 むらさき突き抜ける春愁        
13 タンポポの丸い胞子のかがやけり     
14 良くも無く悪しくも無くて今日は○ 
15 乙女らの生足白く藤祭

16 春障子の中に鬼がいる  

17 露天風呂水平線が海に溶け        
18 蜘蛛の糸ナイフ持つ手が丸い       
19 春愁やおんなひとりやはり悲しい     
20 花冷えや熱き湯ポットに注ぎおり     
21 身を散らし浮かぶ淵あり花筏
22 春蛙死に急ぐなよ円舞曲  
23 五月晴笑顔の人ゴミ掻き分けて      
24 隧道の口は円くて若楓          
25 雨緑潤うほどによみがえり   
26 五月来るものみな捨てて円舞曲  
27 舞い散る花が神に撃たれ         
28 葉桜やちょいとあなたを吊そうか
29 てんとう虫益虫害虫丸の数        
30 胸削り腹はますます円くなる       
31 色白きうなじにそっと藤の花
32 新妻や変形のトマトを潰したり   
33 カーネーション母の目じりの 笑いじわ    
34 アドバルーン二つ上がりて春霞         
35 そっとやさしく殺して私を          
36 鉄線花円き支柱の中に咲く
  
37 烏抱きしめる春は逝く           
38 母に在る干草の匂ひとカーネーション     
39 いかんとねいかんとね繰り返したい春
40 ひとがみなおりたたまれて桃李        
41 新緑の真中を歩く一つの道         
42 南風恋の色香をつれてくる         
43 人の世に円周率の薄暑かな         
44 苗代にあちこち出来る波紋かな      
45 泡はじけ聞こえぬ音に眼を凝らす     
47 蠢いてつがいにあらん春の虫

47 夏服や女子の胸元輝いて

48 五月晴れ人との縁が円となる

49 円満にこれからの人生歩みたい

50 気まぐれな空にそびえる逞しき山肌


165番 MAIL HOME やまもも。 ▼返信


■ 身を散らし浮かぶ淵あり花筏

2010年04月11日 (日) 07時18分


選句遅くなりました。

 2 3 9 29 34 の5句で

特選は9としました。

163番 MAIL HOME しいもあ ▼返信

■ 選句ありがとうございます。

2010年04月22日 (木) 00時43分


しいもあさん
そのご体調はいかがですか
なかなか温かくなりませんね。
わたしは膝が痛くて動きが鈍くなって、肥えてきました。

164番 MAIL HOME やまもも。 ▲


■ 追加です

2010年04月05日 (月) 10時57分


41春爛漫子らの歓声にぎやかに
42春めいて心の桜も開花する
43春なのに師走のような気ぜわしさ

162番 MAIL HOME やまもも。 ▼返信


■ 4月グランパ句会 選句お願いします

2010年04月04日 (日) 23時50分


第123回グランパ句会 二〇一〇年四月五日(月)

1春嵐目を凝らしては見失う
2まっすぐに歩けない人春の路
3老残のおき場所探して桜闇
4晩年は長しピンクのスェーター
5下萌えにショパンの調べ草千里
6花摘むや悔いることあり遠賀川
7スタートに色めき立てば酔い桜
8花冷えてたましい蘇る涙
9ブルームーン母の秒針ゆっくりと  
10花咲いて見知らぬ町を歩きけり
11菜の花に豆腐売りの喇叭する 
12雲もなき空からさえずり降り続く 
13同じ名の銭湯のあり桜かな  
14奥阿蘇は梅と桜の競い咲き
15春の日は死んでいるわと桜言う
16満開であればあるほど春の冷え 
17春眠の眠気くすぐるフリージア  
18更衣(きさらぎ)や形見の服はそのままに  
19満開やよみがえるもの胸の奥
20頬白む菜萸(ぐみ)はな冷えのぽつりぽつ 
21膝抱え痛みを内にくるむ夜  
22美追えば蜃気楼との別れくる
23原稿用紙ああもう桜の時分かな
24山菜や食は久しく賑やかし  
25分葱とりみそ汁食べて忘れ物
26黒土が息を吸い込む春の庭      
27啓蟄に蝉は静かに声を聞く
28花冷えの肩を抱いて君を待つ  
29あ と云いて春の疾風の早合点
30愛されて裏切って桜貝に償い
31菜の花や 雨に打たれし ウォーキング
32黄の花の視界に飛び込みやっと春  
33異国女(め)の死を満開の闇に聞く 
34人は風花を惜しんでさようなら   
35ことことこと羽釜がうたっている朝  
36春宵やゼラチン質が増えていく
37踏青や風と光の仲間たち
38雨に泣き風に迷いし桜かな
39俗世より生まれし花の見る夢は
40酒満たすグラス春めき氷鳴く  

161番 MAIL HOME やまもも。 ▼返信


■ 4月グランパ句会です

2010年04月02日 (金) 18時43分


投句お願いいたします。
まだ4人しか投句がありません。
更紗さん
しいもあさん
星さん
軽爺さん
春風さん
ポポさん
ひとみさん
よろしくお願いいたします。

160番 MAIL HOME やまもも。 ▼返信


■ 蠢いてつがいにあらん春の虫

2010年03月08日 (月) 07時58分


選句です。
二点句 6番
一点句 9 21 34 35番
よろしく。

158番 MAIL HOME しいもあ ▼返信

■ 遅かりし・・・・

2010年03月08日 (月) 23時13分


ごめんなさい。
句会には間に合いませんでした。
この時間はもう家を出ていました。

159番 MAIL HOME やまもも。 ▲


■ 選句をお願いいたします

2010年03月07日 (日) 17時30分


一二二回グランパ句会二〇一〇年三月八日(月)旧睦月二三日
兼題「十」
 1 雪追って幼き十指いっぱいに     
 2 丁寧に服をたとんで春日和      
 3 雨が驚いて降ってきた        
 4 ほのくらい朝の十時は人恋し  
 5 春はくる十字架背負う重い日々    
 6 ひなあられ手からこぼるる十(とお)の夢 
 
7 菜の花や十文字(かるかん)みやげの訪人(たずねびと)
 
8 春眠にのたうちまわる10秒間 

 9 とんとんと十段あがって春の雪   
10 苦しみも悩み辛さも十人十色
11 病癒え女優顔なる二十歳かな   
12 春雷やトドワラの根に落ちてみる 

13 春一番シャネルの五番着る女
14 療養所羽根を繕う鳩十羽      
15 桜草ためらっている恋路かな   

16 春雷や焦げた目刺と独り酒

17 安らかに滅べバカラの紅十指   

18 曇り空お薬もらって枝垂れ梅   

19 てんからのむかえまつのに春はくる  
20 ガールズ語十代の娘に教え請う  

21 春雨や交差点まであと十歩

22 春の日を十分間ずつ生き抜いて

23 十八女(わかいろ)の匂いたちけり蓬摘み   

24 春の闇逃げ道のない記憶喪失   

25 三月十日ひっそりかんとのどぼとけ 
26 ぼたん雪友の絵に遇う美術館     
27 啓蟄の朝に三つの誘あり  

28 お箸の洗い音お袋の味        
29 寒牡丹散って十枚だけ拾う  

30 十六盤(そろばん)を択(えら)べ初孫ひなまつり

31 春来ると悔やみ悔やんで布団にこもる  

32 猫あくび十数えて春よ恋

33 降り注ぐお水取りの瞬く火

34 春の雨終電までの十分間    

35 三月の仏頂面と足の裏

36 道尋ぬ北十字星のなお遠き

37 一聞いて十が分かれば春はくる

38 ぶらんこを身じろぎもせず握りしめ  
39 医者は笑み我は和みて春の雨  

40 菜の花や無数の十字架風の中 

41 夕景色桜三月鳥の影       

42 透き通る十指に白魚掬いけり    

  註 バカラ:トランプ博打

157番 MAIL HOME やまもも。 ▼返信


■ 啓蟄や畑にひとすじ土竜みち

2010年03月07日 (日) 10時48分


おひさの書き込みです。
外泊許可もらって在宅してます。
明日の句会のとりまとめできましたでしょうか。
選句表送ってください。
明日はまた帰院しなければなりませんので間に合えばいいけどなぁ。
もうそろそろ退院したいと思ってますが・・・・。

156番 MAIL HOME しいもあ ▼返信




Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板