無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

俳句の広場のひろば

ホームページへ戻る

お名前
メール
お題
ふたことみこと
ホームページ
パスワード
クッキー


■ 玉光るひいやり白露の稲穂さき

2007年09月08日 (土) 07時29分


白露の朝
いつもの散歩もめっきり涼しくなりました。
垂れつつある穂先に朝露が光ってました。

107番 MAIL HOME しいもあ ▼返信

■ 白露

2007年09月14日 (金) 22時02分


9月8日は白露でしたね。余裕無く過ごしていたのに気づきました。ありがとうございます。

玉と白露が重なるのが惜しいです。

  白露のひいやり光る稲穂さき

108番 MAIL HOME 明見 ▲


■ 皿倉山宝石の翳り夏の果

2007年09月01日 (土) 20時04分


でもいいかな。

下の句は間違ってしまった。訂正
皿倉や宝石かげる夏の果

106番 MAIL HOME 星 ▼返信

■ 三段切れ

2007年09月14日 (金) 22時13分


俳句で注意しなければいけないのが三段切れです。
つまり三つの事柄がならんでいるだけという句をさします。
いい例が
 目に青葉山ほととぎす初鰹

星さんの思いは「皿倉山は宝石の翳りのようだ。ああ、夏が終わる」でしょう。
その思いを強く伝えるには

 夏果てる宝石翳る皿倉山

しかし「果てる」「翳る」と動詞が重なると焦点が二つになって気持ちが揺らぐので
「夏果てる」を「晩夏かな」では?

109番 MAIL HOME 明見 ▲


■ 皿倉や宝石のかげる夏の果て

2007年09月01日 (土) 20時02分


夏の終わりの別れの夜に、皿倉山から見た夜景の描写。

105番 MAIL HOME 星 ▼返信


■ 首飾り涙の数だけ美しき

2007年09月01日 (土) 19時59分


兼題が宝石で、真珠貝が真珠を作る過程の涙ぐましい努力の話。

104番 MAIL HOME 星 ▼返信


■ 青空に血の色透かす芥子の花

2007年08月07日 (火) 20時34分


ではどうでしょう。
あるいは
  青空に血の色浮かべ芥子の花
  血の色を透かす青空芥子の花

100番 MAIL HOME 明見 ▼返信

■ 青空や血色の芥子に挑まれて

2007年08月11日 (土) 13時21分


いろんな表現があって、またイメージがあってなるほどなぁと思いました。
清々しい、すべてを包み込むような青空さえも、芥子の妖しい、狂おしい人間の血には吸い込まれるっていうことを表現したかったのでした。難しいです〜。

101番 MAIL HOME 星 ▲

■ 青空と血の色と芥子の花

2007年08月12日 (日) 23時24分


難しいと思うのは、理解してもらおうと思うからかな。
自分の思いを言葉にする、それだけでいいのです。無責任に言葉を出してみませんか。だれか一人、分かってくれればいいのです。あるいは、その時分からなくても、ある時ふとそうだったのか、と分かってくれる、それを信じましょう。

102番 MAIL HOME 明見 ▲

■ 青空と血の色と芥子の花

2007年08月19日 (日) 01時54分


学びました!そうです。いつの間にか理解を求めるようになってしまってました。結さんにも、説明しすぎとか、媚びてるとか言われたんですよね。(この句じゃないけど)いったい何を俳句に求めているんでしょうね。たくさんの表現添削ありがとうございました。(身になりますように。。。)^^;

103番 MAIL HOME 星 ▲


■ 青空に血の色挑む芥子の花

2007年07月31日 (火) 18時34分


本当はこれを出したかったのだけれど血でわかりそうなのと、下から芥子の花を見上げた映像が想像できないだろうと思ってボツにしました。
そういえば『星』は末吉でした。♪

98番 MAIL HOME 星 ▼返信


■ 十薬の香にいきいきと白衣をり

2007年07月25日 (水) 18時25分


まだ3つできてないけれど、これはボツ
だから、ここに残しました。
情景描写って難しいなぁ。

97番 MAIL HOME 星 ▼返信

■ 十薬の香にいきいきと白衣かな

2007年08月07日 (火) 20時29分


8月グランパ句会は賑やかで楽しかったですね。
「をり」が説明になるから、「かな」とさらっと流すと情景描写風ですよ。

99番 MAIL HOME 明見 ▲


2007年07月19日 (木) 22時29分


脳外科の凌霄花散り敷くのみ

美禄句会の兼題が「病院」

96番 MAIL HOME 明見 ▼返信


■ 水音の膏薬めけば黄昏れる

2007年07月15日 (日) 22時07分


なんとなく生まれた句。

95番 MAIL HOME 明見 ▼返信


■ 旅人と我が名よばれん初しぐれ 芭蕉

2007年07月08日 (日) 11時04分


こういうのをご覧ください。

わたしの「明見」は中吉でした。
根拠は何か判りませんが、俳号を決めるときに参考になるかな?http://www.hname.net/

94番 MAIL HOME 明見 ▼返信




Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板