無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

俳句の広場のひろば

ホームページへ戻る

お名前
メール
お題
ふたことみこと
ホームページ
パスワード
クッキー


■ 耳鳴と蚊の声間違えはたく夜

2007年06月02日 (土) 13時54分


最近新しき症状。自分の恋愛のきつい体験を思い出しながら、俳句を考えると凄く疲れる。といって私にはそれ以外の世界を表現する能がないからなぁ。そうマスターの言うように、自然を見てないからかもねぇ。

93番 MAIL HOME 星 ▼返信


■ ひんやりをみつけて寝れる猫になりたい

2007年06月01日 (金) 10時18分


兼題が【動物】でできなくて困っていると友人に漏らしたところ、この即興句をメールしてくれた。あぁなんて気持ちのいい句なんだろうとパクろうかと思ったが、
バレバレだから止めました。

本人は、「猫って、好きな人の膝に自分の好きな時に行けるからいいよなあ」って気持ちを表現したかったらしいのですが、どういう風に替えたらいいのかなぁ。。。?

92番 MAIL HOME 星 ▼返信


■ 遅ればせながら貝三句

2007年05月28日 (月) 16時12分


失恋しました。

 ☆ 薄絹の更紗に替える貝の愛
 ☆ 衣替え更紗ぼたんや忍ぶあい
 ☆ 衣替え更紗馬蹄の恋なりき

89番 MAIL HOME しいもあ ▼返信

■ 「大好きよ」塀を叩いて廻るかな

2007年05月30日 (水) 00時29分


むかし、呼んでも返事がなかったら「オヨメサンデモモラッタカ?」と囃していましたが、そうですか、失恋されたのですか。また次の恋が出来るからよかったじゃありませんかと、励ましましょう。
ところでしいもあさん、失恋の痛手を忘れるために5月グランパ句会の選句をしてください。
それから6月句会は、まいににまいむの取材があります。美人の記者が見えるので、良かったら八幡行きを月曜日になさいませんか?

90番 MAIL HOME 明見 ▲

■ 衣替えメール四方に送りつけ

2007年05月30日 (水) 01時57分


お励ましありがとう。
ナイスミセスのM様にお相手いただければ戸を叩いて回ることもないでしょう。(笑)

残念至極。
美人記者様にアタックできたかもしれませんのに・・・・。
4日は友人たちと久住登山の予定です。
ミヤマキリシマを見に行きます。

選句はじっくりと・・・・
恋人を見つける間に考えておきます。(微笑)

91番 MAIL HOME しいもあ ▲


■ 不気味な初診察に蝶一頭

2007年05月03日 (木) 11時49分


>マスターに聞くとすぐ判るでしょうが・・・・ ^^笑いました。思わずマスターの意見を伺いたくて出そうかと思いました^^。指導ありがとうございます。月が見える?とよく聞かれやっと一緒に見れた時の気分です。こっちの夕方はあちらの夜だったりもするかな。

88番 MAIL HOME 星 ▼返信


■ 夕月や傍らにいるよに蝶が舞う

2007年05月01日 (火) 23時15分


俳句は難しい。言いたいことを書くには短すぎるし、表現技術が無い為に、何を言いたいのかさっぱりわからないような句になってしまう。5月は蝶…。私生活とは裏腹に奇麗で華やかなイメージだなぁ。だせるかな?

86番 MAIL HOME 星 ▼返信

■ 夕月や傍らにいるように蝶

2007年05月02日 (水) 16時07分


夕暮れに蝶が舞う幻想的場面。
ただ夕方も蝶は飛んでいるのか確信がありません。
マスターに聞くとすぐ判るでしょうが・・・・
蝶も傍らにいる、想うあの人もまるで私の傍らにいるような・・・・・かな?

87番 MAIL HOME 明見 ▲


■ 前世は女と答える硝子瓶

2007年05月01日 (火) 00時08分


これは無季俳句。

どうして季語を入れなければ俳句ではないという空気が蔓延しているかというと、高浜虚子さんが「有季定型」を提唱したから。中学の教科書にちゃーんと載っている。
季語は便利である。例えば春の雷と書くと、それだけで危うさや期待や様々な感情が惹起され、それだけ読む人の解釈の幅が許される。だから深読みという手前勝手も生まれる。
書かれた言葉、それだけの意味の純粋さで勝負したいのだけれど、言葉への揺るぎない自信を持ち得ないので、いつも不安定だ。そのなかでこの句は好きな句。

85番 MAIL HOME 明見 ▼返信


■ コンデンスミルクのように春を舐め

2007年04月30日 (月) 02時39分


コンデンスミルクのような
  ではない。
春を舐める状態がコンデンスミルク というわけ。
コンデンスミルクのような春では当たり前すぎて恥ずかしい。

84番 MAIL HOME 明見 ▼返信


■ まっすぐの樹まっすぐ歪む春の雷

2007年04月28日 (土) 00時01分


樹4月号に掲載。5月号「私の共鳴作品」に選ばれていた。樹15周年の記念号なので挨拶句。

83番 MAIL HOME 明見 ▼返信


■ まだこぬと雪解け水に聴いてみる

2007年04月01日 (日) 00時02分


根室はまだマイナス気温らしい。夢でまで俳句が出てくるのに恥ずかしがって投句しない。代わりに北の思いをつづった俳句をここに残してあげたい。

80番 MAIL HOME 星 ▼返信

■ まだ来ぬと雪解け水の告げる朝

2007年04月03日 (火) 23時11分


雪は解けているのに、春はまだまだ来ない!待ち遠しい心ね。

82番 MAIL HOME 明見 ▲


■ 潮騒の二人寝の夜に東風吹かず

2007年03月30日 (金) 23時47分


主観で書くと、客観的な見方ができない。こういう句は自分にはわかっても、他人には何のことやらって感じなのかな?

79番 MAIL HOME 星 ▼返信

■ 潮騒や二人寝の夜に東風吹かず

2007年04月03日 (火) 23時08分


二人寝と言えば同衾でしょうか。潮騒が聞こえているところで春をじっと待っているのだけれど、春風は吹いてくれない切なさね。

81番 MAIL HOME 明見 ▲




Number
Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板