無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

俳句の広場のひろば

ホームページへ戻る

お名前
メール
お題
ふたことみこと
ホームページ
パスワード
クッキー


■ ねむたくて旱のように笑っている

2006年09月04日 (月) 00時18分


1日にケイトミュージックで久しぶりのダイアローグ。3月が11回目で、今度が12回。あいだにアルゼンチン行きとかあったし・・・

66番 MAIL HOME 明見 ▼返信


■ 三日月に「子とろ子とろ」がひっかかる

2006年08月30日 (水) 21時46分


八女の京子さんからの連句のお誘いあり。嬉しくて第三句を作ってしまった。でも久しぶりなので、第三句が「て止め」というのを忘れていた。

65番 MAIL HOME 明見 ▼返信


■ 定年やひとりで閉まる冷蔵庫

2006年08月27日 (日) 23時58分


八月美禄句会の兼題は「冷」

64番 MAIL HOME 明見 ▼返信


■ 麗しの白馬二頭は冷蔵庫

2006年08月18日 (金) 00時18分


北九州芸術劇場リーディングセッションでそんな台詞があったので、ちょっと借用。

63番 MAIL HOME 明見 ▼返信


■ 青田風おはなしはまだおわらない

2006年08月11日 (金) 14時03分


こんなに暑いと青田風が偲ばれる。ある夏ローカル電車、窓が開いていて、両側は青田。気持ちの良い風と青い少し甘い青田のにおい!

62番 MAIL HOME 明見 ▼返信


■ 葬そう葬風呂敷に包まれて

2006年08月02日 (水) 21時06分


音の谷本さんは、ヴァイオリン以外にいろんなものを使われる。鉦もそう。りんというのだろうか。いい音。アジアの民族楽器も。そういうのを風呂敷に包まれている。うどもあすかさんも、作品を最後に布に包まれた。包む。幸田文さんが好んで使われた言葉。

61番 MAIL HOME 明見 ▼返信


■ 弔いは包まれやすく明けやすく

2006年07月31日 (月) 01時17分


ケイトミュージックで「色音ライブ・オソウシキ」があった。今までの絵へのお別れ。展示中希望者に分け、残ったポストカードを裂いたり絵の具まみれにしたり貼ったり花を供えたり、それを谷本さんの鳴り物付きでする。それを見ていると音に体が揺すられる。すると言葉が出てきたのか、集まったのか、俳句が次から次から生まれる。楽しい経験だった。

59番 MAIL HOME 明見 ▼返信


■ 皮ジャンの冷たく脆く半夏生

2006年07月30日 (日) 00時10分


俳句の友人恭子さんのブログ「かささぎの旗」を読んでて浮かんだ句。黒マリアで作りたかったが、未消化物体なのでパス。

58番 MAIL HOME 明見 ▼返信


■ 歯になにかひっかかって蝉時雨

2006年07月29日 (土) 22時47分


蝉が盛大に鳴き始めました。まだ梅雨さなかに晴れて夏みたいだったとき、蝉が鳴きました。でもそれからずっと雨で・・・あの一番はじめに鳴いた蝉たちはどうしたのでしょうね。

57番 MAIL HOME 明見です ▼返信


■ 厳格に塩羊羹を愛すべし

2006年07月27日 (木) 15時13分


久しぶりの青空でした。背筋をしゃんと伸ばして太陽にご対面!

56番 MAIL HOME 明見 ▼返信




Number
Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板