無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

俳句の広場のひろば

ホームページへ戻る

お名前
メール
お題
ふたことみこと
ホームページ
パスワード
クッキー


■ 夏燕手紙は私を運べない

2006年07月24日 (月) 13時09分


7月美禄句会の兼題は「通信をあらわすもの」急な嘔吐で体調不全でぼーとして投句に気づいたのが木曜夜10時近い。あわてて5句作った中の一句。珍しく点が入り、それも特選3人!つまり6点の高得点。夏のボーナスかな?

55番 MAIL HOME 明見 ▼返信


■ 夏祭り太鼓はするり身八つ口

2006年07月21日 (金) 13時01分


雨の上がった今日、太鼓の音が聞こえます。山車が子どもたちに引っ張れれて町内を巡っているようです。30年近く前、幼い二人に赤ちゃん負んぶして、ついて回って元気だった人は誰?

54番 MAIL HOME 明見 ▼返信


■ 珍しやしいもあ宗匠!ありがとうございます

2006年07月18日 (火) 01時14分


一心に銀の食器を磨きます
 燭台灯る小暑の仏前
去年の夏思えば涙ひとしきり
 頭痛のまわり梅雨と鳶と

となりますね。次が雑です。

52番 MAIL HOME 明見 ▼返信

■ 連句

2006年07月20日 (木) 13時54分


ぴぃひょろの声も半夏の雨に消え

今日も大雨ですねぇ。
各地で大きな被害が出てるようですが
これで梅雨は明けるでしょうか。

こちらでは梅雨末期の大雨を
ハゲアメといいます。
語源は知りませんが
小生は「半夏雨」と理解しています。
でも以前とだいぶ気候がずれてきている感じもしないではありません。

53番 MAIL HOME しいもあ ▲


■ 46番連句

2006年07月17日 (月) 06時50分


去年(こぞ)の夏思えば涙ひとしきり

51番 MAIL HOME しいもあ ▼返信


■ 夜行列車の丸い温度

2006年07月13日 (木) 17時19分


えーと、上の句が思い出せません。たしか花の名だったかな?自分の句を覚えていないとは!
鳳仙花?夾竹桃?
いや季語なしだったかな?うーーーん。

49番 MAIL HOME 明見 ▼返信


■ 夏燕チョコレートパンは孤独さ

2006年07月05日 (水) 10時05分


20年前、こういう句を作ったのを思い出しました。篆刻をなさる方が陶板にこの句を彫ってチョコレート色に焼いたのを下さいました。その方の個展に伺うと、私の句が木に彫られ、四万円の値札にびっくりして、買いたかったけれどそんなお金がなく、こそこそと帰りました。今みたいに図々しければ半額に値切ったことでしょう。しかし、その句はなんだったか、思い出しません。夜行列車の句だったかなあ?

48番 MAIL HOME 明見 ▼返信


■ 接吻は海峡に捨てよ夏燕

2006年07月03日 (月) 22時32分


湿度80パーセント?と思うくらい蒸し暑く、肌がべとべとする日は、海を思います。

47番 MAIL HOME 明見 ▼返信


■ 一心に銀の食器を磨きます

2006年07月02日 (日) 18時53分


こういう前句に頭痛のまわり梅雨と鳶とをつけたらどうなのかな?連句だれかしませんか。

46番 MAIL HOME 明見 ▼返信

■ 連句

2006年07月17日 (月) 06時32分


燭台灯る小暑の仏前

50番 MAIL HOME しいもあ ▲


■ 頭痛のまわり梅雨と鳶と

2006年06月30日 (金) 20時49分


これ俳句ではなくて、付け句(七七)になってしまいました。

45番 MAIL HOME 明見 ▼返信


■ ポピー色の風明日に吹く

2006年06月28日 (水) 11時49分


ちょっと感傷的に作ってしまった。作品展望を書いている同人誌「樹」の創刊同人堀井芙佐子さんの句集『ポピー色の風』を拝受したから。いわば自分史のようなもの、一句一句に、そのときの命が凝縮されているから、ずしりとくる。

44番 MAIL HOME 明見 ▼返信




Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板