無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする


分からない事は相談しましょう! 分かる方はお答えください。


ホームページへ戻る


名 前
件 名
内 容
E-mail
URL
文字色

:パスワード :クッキー





[682] イスラームは寛容か?
From:ばば

イスラームから改宗した(あるいはイスラムを離れた)、元イスラム教徒たちのページ、英語。
http://www.councilofexmuslims.com/index.php?topic=16771.0;wap2
http://www.councilofexmuslims.com/

ユーリの部屋(イスラム教からの改宗者について)
http://d.hatena.ne.jp/itunalily/about
http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20080414
http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20080415
http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20080420
http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20080421
http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20080422

http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20130507

http://www.answering-islam.org/Testimonies/index.html

イスラムからの改宗者系サイト。「leave Islam」とか「left Islam」とかで出てくる。
http://www.councilofexmuslims.com
http://freedomdefense.typepad.com/leave-islam/
http://apostatesofislam.com/
http://freedomdefense.typepad.com/leave-islam/
http://freethoughtblogs.com/maryamnamazie/2013/02/27/we-cant-leave-islam-watch-us/
http://www.islam-watch.org/


http://2ch-military.digi2.jp/faq10e07.html

http://www1.cncm.ne.jp/~toguchi/


イスラム教は本当に寛容な宗教なのか?

9・11のテロのあと、イスラム教は怖い、というイメージが広まったように思う。
そのあと、実は、本来のイスラム教は、怖い宗教ではないし、テロなど広めていない、平和と寛容の宗教だという話が出てきた。
しかし、そのあとから聞こえてくるニュースは、ひどいものがけっこうある。
実際に、人を殺すように命令を出す人や、テロを起こしている集団がいる。イスラム教の名前において。それで平和や寛容の宗教というのはおかしい。
たとえば、イスラム教から改宗する人は殺していい、とか。
西洋社会の反イスラムプロパガンダ、とある人はいうかもしれない。
しかし、飯山陽先生のブログのこの記事(http://nouranoiitaihoudai.blog.fc2.com/blog-entry-106.html)で紹介されていた、4月30日に発表されたピュー・リサーチ・センターPew Research Centerの調査結果についてですが、
(引用はじめ)
「棄教(背教)者は死刑に処するべきですか」という質問で、これに対してエジプト人の86%が「はい」と答えています。これに続くのが、ヨルダンの82%、アフガニスタンの79%、パキスタンの76%です。信教の自由とかいうものは、やっぱりイスラム圏においては全く受け入れがたい種の自由のようです。というより、基本的にイスラム教徒は無条件的な自由なんてものはそもそもなくて、神の法ありきの自由という考え方を持っているので、その中に神の正しい宗教から脱却するなんて不届きな行いを認める自由なんてものはない、と考えるのが普通ですが。
(引用おわり)
これは、本当にひどいな、と思う。
これが平和で平和で寛容な宗教だろうか?
どうしても、ぼくにはそう思えない。批判もちゃんと受け止めるべきだ。そうでなければ、自分にとって都合のいい「平和」と「寛容」だろう。
イスラム教の現在の解釈にはおかしいところがあると思うよ、とか、自分はイスラム教を信じていないとか、そういうことも含めて許されないと、心の自由があるとはいえないし、寛容でもないだろう。
自分の意見をきちんと言えること、言っても殺されないことは、とても大切だ。
イスラム教への批判自体が、宗教で禁止されている、という話も聞くが、それならまさにそれが、その宗教が寛容ではないことを示している。

実際にニュースを聞いていても、パキスタンで、勉強にはげむ少女、マララさんが銃撃される事件が起きたりしている。
こういう悪いところだけを取り上げるのがプロパガンダなのだ、というのかもしれないが、悪いところが実際に存在すること、それは事実だ。
そこはきちんと受け止めなくてはならないだろう。
仮に、「日本人すべてが悪いわけではないが、日本人のだれかが外国人を日本の名において人を殺し始めた」ら、それは反省するべきじゃないか。それと同じことだ。

ぼくは、あのテロのあと、平和な宗教だ、寛容な宗教だということを聞いてきたが、研究者の本を読んでも、ニュースを調べてみても、どうしてもそれが納得できない。
もちろん、トルコや中央アジアなどはそうでもないと聞くが、悪名高いサウジアラビア、パキスタン、イラン、エジプトなどは、ニュースを聞いていても、平和で寛容なイスラムとは程遠い。
はっきりいえば、裏切られたような気持ちだ。
全然平和でも寛容でもないじゃないか。自分たちへの批判は許さず、あまつさえ人殺しさえ許すとは。
しかし、実際の個人としては、優しい人もいると思う。全部の人が悪いとはまったく思わない。
ぼくがいいたいのは、全体としてイスラム教やイスラム教徒が悪いということじゃなくて、悪い人やもちゃんといる、ひどいことだって行われているということ。なのに、それを批判すると、イスラム教への批判だと盲目的に批判を受け付けないのは、まったくよくないということだ。いつだって自分が正しいと思っている人とは話ができない。

池内恵さんの『アラブ政治の今を読む』からの引用をひいているウィキペディアによれば、(孫引きで申し訳ない)
イスラームの暴力的な側面に関して極めて批判的である。従来親イスラーム的学者たちによって擁護・賞賛されることの多かった[1]ズィンミー制度の本質を「異教徒に対する苛烈な差別、蔑視」と厳しく指摘し、現代においてはその有効性はすでに失われていると主張している[2][3]。
またイスラーム教徒の一部に今なお残存するズィンミー制度適用への願望と、その優越性を主張する論理に対しては、『前近代の極端に宗教的に不寛容な時代、その中でも中世キリスト教世界との比較を中心としてイスラーム的寛容の優越性を主張しており、近現代の政教分離思想との比較に関しては政教分離すなわち反宗教主義と決め付け、文化多元主義・宗教間対話・宗教多元主義などは考慮に入れていない』とその穴を強く批判している[5]。
日本のイスラーム研究は「イスラーム思想やイスラーム世界を過度に理想化」[6]しており、「イスラーム的共存や寛容の存在とその優越性は、具体的事例が示されないまま、ほとんど自明のものとされている」[7]として批判を行っている。
ぼくも、本を読んでいて、あまりにもイスラム教に対して好意的すぎじゃないか?と思う文章にいくどかであったので、この人の言っていることは納得できる。



イラストサイト(イラン)
http://cuscatlanaziz.tumblr.com/ http://www.metal-rules.com/metalnews/2010/07/30/roxana-shirazi-author-of-the-last-living-slutborn-in-iran-bred-backstage/

コーランは矛盾のある書物です。
ある箇所では、アラーは八日間で
世界を創造したと記述していますが、他の箇所では
四日(コーラン41章9、10、12節)
となっており、またその他のところ
では、神は天と地を六日間で創造したとあります(コーラン7章54節;
10章3節;2章4節;50章38節)。


Aliaa Magda Elmahdyエジプト ヌード
http://cotoba.jp/2011/11/21/nude-2/
http://arebelsdiary.blogspot.jp/

裸はイスラム教への冒涜、ヌードモデルを使えないエジプトの美術学校
2008年06月17日 22:35 発信地:カイロ/エジプト
だが、人体をスケッチし彫刻を作ろうにも、ここにはヌードモデルがいない。裸のモデルはイスラム教ではハラーム(禁止事項)なのだ。彫刻科のモハメド教授によると、ヌードモデルはよろしくないという風潮になったのは70年代に入ってからだという。
 ある教育評論家は「イスラム教徒は道徳の名のもと、西洋の価値観との戦いを開始した。政府と学校もこれにならうようになった」と分析する。
http://www.afpbb.com/article/life-culture/culture-arts/2406735/3046605

メヴラーナ教団、メヴレヴィー教団
http://sakishimasuounoki.ti-da.net/e1754994.html
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Forest/6415/tk05sd.htm
http://blog.livedoor.jp/fieryworld/archives/50904257.html
http://blog.livedoor.jp/fieryworld/archives/50905242.html

現代のスーフィズム
http://www.l.u-tokyo.ac.jp/IAS/Japanese/archives/2-han/meeting/2001/kisaichi-egypt.html
http://ricas.ioc.u-tokyo.ac.jp/asj/html/006.html

シンポジウム「中央アジアにおけるスーフィズムとイスラ−ム」(プリンストン大学)
http://molla.txt-nifty.com/essay/2011/10/post-8aea.html

あの革命について
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1235

―帰国生の中でも、エジプトに滞在したことのある方はなかなかいらっしゃらないですよね。エジプトの治安はいかがでした? 治安が悪いというイメージなんですが……。

その当時、治安は悪くなかったんですよね。もちろん泥棒やスリなどは多かったですが、今と比べて、大きな犯罪は少なかったと思います。エジプトはそのころテレビは2チャンネルしかなくて、今のような情報化社会ではなかったです。ここ10年くらいなんですよね、世界中の情報が急激に入ってきたのは。
http://www.rtnproject.com/2010/01/vol54_1.html

2014年05月23日 (金) 09時40分


[681] イエスについて
From:ばば

質問: イエスは神ですか? イエスは自分が神であると主張されたことがありますか?

答え: 聖書は、「自分は神である」とイエスが正確なことばで言われたとは記録していませんしかしながら、だからと言ってイエスが自分は神であると宣言されなかったというわけではありません。 たとえば、ヨハネの福音書10章30節に、イエスのことばがあります。「私と父とはひとつです。」ちょっと見ただけでは、これは自分を神だと言っているようには見えないかもしれません。 しかし、このイエスのことばに対するユダヤ人たちの反応を見てください。ユダヤ人たちはイエスに答えた。「良いわざのためにあなたを石打ちにするのではありません。冒涜のためです。あなたは人間でありながら. 自分を神とするからです。」(ヨハネ10章33節)ユダヤ人たちはイエスのことばを、自分を神と主張していると理解したのです。 その後の節で、イエスは「自分を神だと主張したのではない。」と言ってユダヤ人たちの間違いを直そうとしてはおられません。それで、「私と父とはひとつです。」(ヨハネ10章:30節)と宣言された時、自分は神であると本当に主張しておられるのだとわかります。 ヨハネ8章58節はもうひとつの例です。イエスは彼らに言われた。「まことに、まことに、あなた方に告げます。アブラハムが生まれる前から私はいるのです。」また、それに反応してユダヤ人たちは石を取って投げつけようとします。(ヨハネ8章59節)「もし、イエスが神を冒涜するようなことを言った、つまり、自分を神だと主張したとユダヤ人たちが信じなかったのなら、なぜ石打ちにしたいと思ったでしょうか?

ヨハネ1章1節に「ことばは神であった。」とあります。ヨハネ1章14節では、「ことばは人となって」とあります。 これは明らかにイエスが人となられた神であることを示しています。使徒伝20章28節では、「、、、、神がご自身の血を持って買い取られた神の教会を牧させるために、、」と書いてありますが、ご自分の血で教会を買い取られたのは誰でしょう?イエスキリストです。使徒伝20章28節では、神がご自身の血で教会を買い取られたと宣言しています。だから、イエスは神なのです。

弟子であるトーマスはイエスについて、「私の主、私の神。」と宣言しました。(ヨハネ20章28節)イエスは彼を訂正されませんでした。テトス2章13節では、私達を励まして、私達の神であり救い主であるイエスキリストが再び来られるのを待ち望むようにといっています。へブル書1章8節では、み父がイエスについて、「また御子についてはこういわれます。『神よ、あなたの御座は世々限りなく、あなたの御国の杖こそまっすぐな杖です、』と言っておられます。

黙示録では御使いが使徒ヨハネに神のみを礼拝するようにと教えています。(黙示録19章10節) 聖書では何度もイエスが礼拝を受けておられます。(マタイの福音書2章11節;14章33節;28章9、17節;ルカ24章52節;ヨハネ9章38節) イエスはご自分を礼拝する人に対して、一度もしてはいけないと戒めてはおられません。 もしイエスが神でなかったなら、黙示録のみ使いがしたように、自分を礼拝してはならないと人々に言われたでしょう。 他にも多くの聖書の箇所や聖句でイエスが神であることを論じています。

イエスが神でなくてはならないもっとも重大な理由は、もしイエスが神でなかったら、イエスの死が全世界の罪のための罰を 支払うのに充分でなかったことになるからです。(第一ヨハネ2章2節)神だけがそのような無限の罰を受けることができるのです。神だけが、世の罪を負って、死んでよみがえり(第2コリント5章21節)、罪と死に打ち勝ったことを証明できるのです。

2014年05月23日 (金) 07時57分


[680] 古代日本にもイスラーム
From:アブドゥッラー

「日本」とは「聖書に従う」国の意味。瑞穂の国の「みずほ」は「東に向かったユダヤ人」の意味だとあります。

日本語にはヘブライ語と類似した単語が優に3000語を超えて存在している。


[日本語読みと漢字、ヘブライ語読みと意味]

ヤマト大和、ヤゥマト神の民

ミヤ宮、ミヤ神様のいる場所

ニクム憎む、ニクム憎む

コマル困る、コマル困る

スム住む、スム住む

ツモル積もる、ツモル積もる

スワル(座る)、スワル(座る)

ハカル測る、ハカル測る

トル取る、トル取る

カク書く、カク書く

ナマル訛る、ナマル訛る

アキナウ商う、アキナフ買う

ヤケド火傷、ヤケド火傷

ニオイ匂い、ニホヒ匂い

カタ肩、カタフ肩

アタリ辺り、アタリ辺り

ワラベ子供、ワラッベン子供

サムライ侍、シャムライ守る者

アリガトウ有難う、アリ・ガト(私は幸運です)神への感謝の言葉

トリイ鳥居、トリイ門

ヤッホー!(神様)

ヨイショ ! (神が助けて下さる)

ワッショイ!(神が来た)

ハッケヨイ!ノコッタ!
投げつけよ!やっつけよ!
ノコッタノコッタ投げたぞ!やったぞ!

ヤーレンソーラン!神が答えて下さった。見て下さい。

さあー!、サア出発

ジャン隠して、ケン準備、ポン来い


これらはまだ一部だとあります。

日本語 と ヘブライ語 | Renaissancejapan
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/276.html

日本語とヘブライ語 - バイブル アンド ゴスペル - Yahoo!ブログ
http://m.blogs.yahoo.co.jp/timothy3005/3457859.html

君が代と古代ユダヤ人 - NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/m/odai/2137462181239441701?page=2

諏訪大社ユダヤ - Yahoo!検索(動画)
http://video.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=applep1&p=%E8%AB%8F%E8%A8%AA%E5%A4%A7%E7%A4%BE%E3%83%A6%E3%83%80%E3%83%A4

2014年04月13日 (日) 13時32分


[679] 神の名により。
From:アブドゥッラー

唯一の神 (アラビヤ語で「アッラー」) に、全ての賞賛が、ありますように。

私は忌(い)まわしい悪魔に対し、神の御加護を求めます。

慈悲あまねく、慈愛深き、神の御名に、より。

イスラーム (平和。純粋。従順。神への帰依 (きえ) 。) 信者、アブドゥッラー (神の下僕 (しもべ) ) より、皆様へ。

正しい道に従っている人々に平安が、ありますように。
私は皆様へ、イスラームの教えを御伝えします。

唯一の神のほかに神は無く、ノア(安らぎ)、イエス (神は救い)・キリスト (救済者) 、

ムハンマド (ほめられる者) 様達は、その下僕 (しもべ) で、
御使いで、預言者です。

アラビヤ語の「イスラーム」は「平和」「純粋」「従順」「神への帰依」等の意味です。

神は全知全能で、人間の心の中も知り、目に見えず、祈りに応 (こた) え、

天変地異、健康状態なども改善して下さる御方です。
「アッラー」は日本語で「神」、英語で「GOD」等の意味で、

「唯一の御方」「真理なる御方」「限り無く尊い御方」「永遠なる御方」

「諸世界の主」「万軍の主」等、無数の美称、別名が、あります。

最後の預言者ムハンマド様に啓示された聖典クルアーン (声を出して読まれるもの) は、

以前の聖書、律法、福音書等の続編で、全人類への訓戒です。

クルアーンは体を清潔に清めなくては、触れては、いけません。

クルアーンは最後の審判の日まで、一字一句、神に守護されますが、

クルアーン以前の聖書は昔の権力者等に より、所々、改竄 (かいざん) されてます。

クルアーンの第一章「開端章」には万病を治す力があり、
アラビヤ語で何度も唱え、患部に息を吹く等すると良く、
ハチミツ等も預言者様の医学で万能薬と言われ、

飲んで内臓、精神病、糖尿病、歯などにも良く、皮膚病には塗ると良いです。
最も大事な事は信仰し、神だけに祈願する事で、薬、人、お金、物事なども、神が、力 (ちから) を与えなければ、何も出来ず、神から以外、どんな力も、ありません。


全人類の先祖「アダムとイブ」のアダム様は最初の預言者で、
ムハンマド様は最後の預言者です。

預言者様達に平安と祝福が、ありますように。


神の御言葉、真の聖書、
クルアーンの日本語訳に、
「万有(万物)の主、神(アッラー)にこそ全ての称賛あれ、

慈悲あまねく慈愛深き御方、
最後の審判の日の主宰者に。

あなたにこそ私達は仕え、あなたにこそ助けを求める。

私達を正しい道に導きたまえ、あなたが御恵みを下された人々の道に、

あなたの怒りを受けし者、また踏み迷える人々の道では無く。」
第1章・開端章・全7節





「イエス(キリスト)はアッラーの御許(みもと)では、丁度(ちょうど)、アダムと同じである。

かれ(神)が泥で彼(アダム)を創られ、それに「有れ」と仰(おお)せになると彼は人間として存在した。」




「あなたがたは人類に遣(つか)わされた最良の共同体である。

あなたがたは正しい事を命じ、邪悪な事を禁じ、アッラーを信奉する。」
第3章・第59、110節





「あなたがたは、たとえ、蔓延(はびこ)っている悪に魅了されようが、悪い事と良い事は同じでは無い。」
第5章・食卓章・第100節





「視覚では、かれ(神)を捉(とら)える事は出来ない。

だが、かれ(神)は視覚そのものさえ捉える。

また、かれ(神)は全ての事を熟知され、配慮されておられる。」
第6章・家畜章・第103節





「本当に現世の生活を例えれば、天から、われ(神)が降らす水(雨)のようなものである。

それで土を潤(うるお)し、人間や家畜の食べ物を茂らす。

大地が美麗な装いで覆われ飾られると、そこの民は、その全権を持ったと思い込む。

だが、われ(神)の命令が、夜も昼も一度下れば、昨日は繁茂していなかったかのように、

刈り取られたもののように変えてしまう。」




「真理から離れては、虚偽の他に何があろう。あなたがたは、どうして背き去るのか。」




「不義を行った各人は、地上の一切のものを所有しているとすれば、

必ずそれをあげて罪を購(あがな)おうとするであろう。

また懲罰を目の前に見る時、彼らは後悔を表す。

だが彼らの間は公正に裁定され、不当に扱われる事は無いのである。」
第10章・第24、32、54節




「あなたがたが言葉を隠しても、また声を出して言っても、

あるいは夜間に隠れても、また昼間、公然と出かけても、

(全知の主においては)同じ事である。

各人には、前からも後ろからも、次から次に天使(エンジェル)が付いていて、
神(アッラー)の御命令により監視している。」
第13章・雷電章・第10、11節




「われ (アッラー) は、あなた以前の諸集団にも確かに(使徒達を)遣わした。

だが使徒達が彼らの許(もと)に来るたびに、彼らによって嘲笑されない者は無かった。」
第15章・10、11節




「善行をする者には現世で善い事があり、来世の住まいは更に善い。

本当に主を畏(おそ)れる者の住まいの何と幸せである事よ。

彼らはエデン(永遠)の楽園に入るが、その下には(美しい)川が流れている。
その中で彼らは、何でも欲しいものを得るであろう。
アッラーは、このように、主を畏れる者に報われる。」




「誰でも善い行いをし(真の)信者ならば、男でも女でも、われ(神)は必ず幸せな生活を送らせるであろう。

なお、われ(神)は彼らが行った最も優れたものによって報奨を与えるのである。」
第16章・蜜蜂章・第30、31、97節




「本当に地上の全てのものは、それ(大地)の装飾として、われ(神)が設けたもので、

彼らのうち誰が最も優れた行いをするかを試みる為である。」
第18章・洞窟章・第7節






「かれ (アッラー) こそは、あなたがたに生を授け、間もなく死を与え、それから、また甦 (よみがえ) らせられる御方である。」
第22章・第66節





「神(アッラー)は、あなた方のうち、信仰して善い行いに勤しむ者には、

あなた方以前の者に継がせたように、この大地を継がせる事を約束なされた。

そして彼らの為に、彼(アッラー)が選ばれるものを、彼らの揺るぎない宗教となされ、

彼らの恐怖(不安の生活)を、安心無事(の境遇)に変えられる。」
第24章・第55節




「あなたがたに与えられたものは、現世の生活の為の便益と、その飾りに過ぎない。

だが神の御許(みもと)にあるものこそは、最善で永遠に残るものである。

あなたがたは悟らないのか。」
第28章・物語章・第60節




「この啓典の啓示は、万有の主から(下ったもの)で、疑いの余地はない。
けれどもかれらは、「かれ(ムハンマド)が、これ (クルアーン) を捏造した。」と言うのか。
いや、これ (クルアーン) は、あなたの主からの真理で、あなた以前に、一人の警告者も来なかった民に、警告するためのものである。
必ずかれらは導かれるであろう。

神 (アッラー) こそは、6日の間に天と地、そして、その間の凡てのものを創造して、御自らその玉座に鎮座なされる方である。

あなたがたは、かれ (神) の外に守護者は無く、執り成す者もないのである。あなたがたは、それでも気が付かないのか。

かれ (神) は、天から地までの(凡ての)事物を統御なされる。それから、それ(万有)は一日にして、かれ (神) の許に登って行く。
その(一日の)長さは、あなたがたの計算する千年である。

この方こそは、幽玄界と現象界を(全て)知っておられる方、偉力ならびなく慈悲深い御方であり、

創造された一切を、最も善美なものになされ、泥から人間の創造を始められる。

かれ (神) は、いやしい水(**)の精から、その後継者を創られ、
それから、かれ(人間)を均整にし、

かれ (神) の聖霊を吹き込まれ、また、あなたがたのために聴覚と視覚と心を授けられた御方。
あなたがたは、ほとんど感謝もしない。

かれらは、「地中に消えてから、私達は、また新しく創造されるであろうか。」と言う。いや、かれらは主との会見を信じない。

言ってやるがいい。「あなたがたを受け持つ死の天使が、あなたがたを死なせ、それから主に帰らせる。」
第32章・第2〜11節





「われ (アッラー) は、全人類への吉報の伝達者また警告者として、あなた (ムハンマド) を遣わした。

だが人びとの多くは、それが分からない。」
第34章・第28節





「人びとよ、神 (アッラー) の約束は、真実である。だから、現世の生活に欺 (あざむ) かれては、ならない。

また神 (アッラー) に関し、騙し上手に欺かれては、ならない。

本当に、シャイターン (サタン。悪魔。) は、あなたがたの敵である。だから敵として扱え。

かれ (悪魔) は、ただ燃えさかる火獄の仲間とするために自分の手下を招くだけである。

信仰のない者は、厳しい懲罰に会う。だが信仰して善行に勤 (いそ) しむ者には、寛容と偉大な報奨があろう。」





「本当に、われ (アッラー) は、吉報の伝達者として、また警告者として、真理を持たせて、あなた (ムハンマド) を遣わした。

(またこれまでも)どの民にも、かれらの間に、一人の警告者が行かなかったものはない。

彼らは、あなたを拒否するが、彼ら以前の者たちも、やはり拒んできた。

使徒たちは、明証(奇蹟)と書巻と輝かしい啓典を携えて彼らに来た。

それで、われ (アッラー) は、これら不信心の者を罰した。わが怒りの何と激しかったことよ。」

第35章・第5〜7、24〜26節





「かれ (神。アッラー。) こそは生を授け、また死を授ける方である。
かれ (アッラー) が一事を決められ、それに対し「有れ。」と仰せになれば、即ち有るのである。」
第40章・第68節





「かれ (アッラー) が、あなた (ムハンマド) に定められる教えは、

ヌーフ (ノア) に命じられたものと同じものである。
かれ (アッラー) は、それをあなた (ムハンマド) に啓示し、またそれを、
イブラーヒーム (アブラハム) 、

ムーサー (モーセ) 、イーサー (イエス) に対しても (同様に) 命じた。

「その教えを打ち立て、その間に分派を作ってはならない。」」




「来世の耕作を願う者には、われ(アッラー)は、その収穫を増し、

また現世の耕作を願う者には、その望むだけを与えよう。

だがその者には、来世での分け前は無いのである。」第42章・相談章・第13、20節





「本当に、われ (神) が(何時も使徒を)遣 (つか) わすのは、あなたの主からの慈悲である。

本当に、かれ (神) は、全聴にして全知であられ、
天と地、そして、その間の全てのものの主である。
もし、あなたがた(の信仰)が確かならば。

かれ (唯一の神。唯一のアッラー。) の外に神はなく、生を授け死を授けられる。あなたがたの主、また、あなたがたの祖先の主であられる。」
第44章・第5〜8節





「この世の生活は、(一時の)遊びや戯 (たわむ) れに過ぎない。」
第47章・第36節





「本当に現世の生活は,虚 (むな) しい欺瞞 (ぎまん) の享楽に過ぎない。」
第57章・第20節





「本当に目に見えない主を、畏れる者には、容赦と偉大な報奨があろう。

あなたがたが言葉を隠していても、またそれを表しても、

かれ(アッラー)は本当に胸の中のものを知っておられる。

かれが創造されたものを知らないであろうか。

かれは深奥(しんおう)を理解し通暁(つうぎょう)なされる。」
第67章・大権章・第12〜14節




「言え、「かれ (アッラー) は神、唯一なる御方であられる。

神 (アッラー) は、自存され、御産みなさらないし、御産れになられたのでは無い、

かれ (神。アッラー。) に比べ得る、何ものもない。」
第112章・純正章・全4節




預言者の伝承として、
「 (アラビヤ語で) アッラーフ アクバル (神は偉大です) を沢山唱える事は火事の火を消し、

雷は、アッラーフ アクバルで無く、
スブハーナッラー (神は完全無欠です) 等と神を唱念してる者を害さない。

ラー イラーハ イッラッラー
(唯一の神以外に神無し) は、最高の唱念です。

ラー イラーハ イッラッラーを唱える事以上の善行は無い。

そして、この言葉は、どんな罪も清めずには、いない。

清潔は信仰の半分です。」
等と、 あります。


最も大事な事は神を唱念する事で、常に神を唱念すべきです。

真に礼拝は醜行と悪事を遠ざけ、人々が、きちんと礼拝をする地域では、地震等、災害が取り除かれます。

礼拝は神から心身に平安を与えられ、偉大な報奨が、あります。

現世の飲酒は、病、罪、争い、災難、災害、地獄等、あらゆる悪の鍵 (かぎ) 、源で、礼拝は天国への鍵です。

悪魔の望むところは、酒と賭事によって人々の間に敵意と憎悪を起こさせ、

人々が神を念じ、礼拝を捧げるのを妨げようとする事です。
タバコも麻薬で危険な罪悪です。

一日五回の礼拝、一年の内、一ヶ月間の日中の断食等を各自の能力に応じ
行う事が義務です。

神の教えは現在も続き、分派が沢山ありますが、真に平和、純粋、従順に神に従う事が、真の教えです。

真のイスラームは、真のキリスト教です。
神は偉大で唯一です。ムハンマド様達は、その使徒です。礼拝に来て下さい。

ALLAH (GOD) IS ONLY ONE.
MUHANMADO IS HIS APOSTLE (MESSENGER) .

ISLAM is pure, peace,
obedience,
obey to ALLAH.
The Quran is true Bible.

日訳、聖典クルアーン
http://www2.dokidoki.ne.jp/racket/koran_frame.html


預言者の言行録
http://sahihmuslim.jp/

イスラムの基礎知識
http://www2s.biglobe.ne.jp/~racket/study/basic.htm


イスラム便利帳・・国内のマスジド(モスク)一覧
http://www2.dokidoki.ne.jp/islam/benri/benriindex.htm

日本のモスク | イスラーム情報サービス :Islam.ne.jp イスラム情報http://islam.ne.jp/listofmosques

関東 | Islamic Center Japan
http://islamcenter.or.jp/life-in-japan/masjid-in-japan/kanto/




ロスチャイルド、その傘下のフリーメイソン等の日本支配は、フリーメイソンのメンバーのペリーによる日本開国から始まり、

明治天皇も若年で殺され、別の者に、すり替えられ、昭和天皇が戦争指示した事等インターネットに証拠書類、写真等あります。

安倍総理の祖父、岸信介元総理や読売グループの創始者、正力松太郎らは第二次世界大戦のA級戦犯でしたが、
CIA要員として、守られたともあります。

ロスチャイルド等は世界征服の為に故意に努力し戦争、病等を引き起こし、酒類、ドラッグ、嘘、退廃的道徳、あらゆる形態の悪徳を
代理人を通じ組織的に世界中に広め、特に諸国家の若者の道徳心を低下させなければならない等

と初代ロスチャイルドの25条からなる世界革命行動計画等の中で命じてます。

彼等は人類を殺し、殺し合わせ等し、全人類を3分の1等に減らし、他を奴隷等にし世界を征服する計画を立て努力してるとあります。

911テロで崩れた2つのビルの近くにあった3つ目のビル、47F建ての第7世界貿易センタービルが飛行機等ぶつかってないのに、
ダイナマイトビル解体の様に一気に崩れ落ちた事等、写真、映像、文書、大勢の証言等の証拠出てます。

タバコも麻薬、danger drug、bad drugで、お金の問題で無く、販売や使用許可も危険です。

値段を上げ、税収など得ても無駄で、害があります。

空気、呼吸は、とても大事で、麻薬を煙で、まき散らすと周囲も巻き添いで害を受けます。

ただ人類が乱れてるだけでなく、それを組織的に促進し、金、人命、地球、全てを支配しようと一生懸命、頑張ってるグループがいるという事です。




「ロスチャイルド―世界革命行動計画‐Ne」より。「アメリカのブッシュ大統領のイラク攻撃で赤裸々に示されたユダヤ人特有の「金儲け」への執着や欲望は、
1773年にマイヤー・アムシェル・ロスチャイルドが示した世界革命行動計画に基づいている。

ブッシュ大統領は、ロスチャイルド(現在はロックフェラーを含む)の代理人として、

この25カ条の世界革命行動計画を忠実に実施しているのだ。

「25カ条の世界革命行動計画」
1773年、マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドが30歳の時、

フランクフルトに12人の実力者を招いて秘密会議を開いた。

初代ロスチャイルドは、その会議で全世界に対する絶対的な支配権を手中に収めるための

「25項目の行動計画書」から成っている「世界革命行動計画」について述べた。
以下はその要約だが、その後のロスチャイルドは、まさにこの計画を忠実に実行していった。

25カ条の世界革命行動計画
1.人間を支配するには、暴力とテロリズムに訴えると最善の結果が得られる。 権力は力の中に存在している。

2.政治権力を奪取するには「リベラリズム」を説くだけで十分である。

そうすれば有権者は1つの思想のために自らの力、特権を手放すことになり、

その放棄された力、特権をかき集めて手中に収めればいい。

3.「金の力」はリベラルな支配者の権限を奪取した。 「自由」が「信仰」に置き換えられても、

大衆にはどのようにして自由を享受すればいいのかわからない。

「自由」という思想を利用すれば「階級闘争」を生じさせることも可能だ。

そして勝者は必ず「我々の資金」を必要とするだろうから、計画さえ成功すれば、
既存政府が内敵に破壊されようが外敵に破壊されようが、それは重要問題ではない。

4.道徳律によって支配を行なう支配者は、自ら攻撃にさらされてその地位を追われかねないので、熟達した政治家とは言えない。

最終目標に到達するために利用されるありとあらゆる手段を正当化できる。

率直さや正直さといった国民としての立派な資質は政治に支障をきたすから、

支配となろうとする者は狡賢さ、欺瞞に訴えなければならない。

5.我々の権利は力の中にある。私が見出している新たな権利とは、強者の権利によって攻撃する権利であり、
既存秩序、規律のすべてを粉砕し、既存のすべての制度を再構築する権利であり、
リベラリズムの中で自発的に放棄された権限に対する権利を我々に委ねた人々の主権者となる権利である。
6.我々の富の力は、いかなる狡賢さ、力によっても損なわれないような強さを獲得する時まで、

表面化しないよう保たれなければならない。

戦略計画の基本路線から逸れることは「何世紀にも及ぶ営為」を無にする危険性がある。

7.群集心理を利用して大衆に対する支配権を獲得すべきだ。

暴徒の力は無目的で、無意味で、論拠を持たないために、いかなる側の提案にも影響される。

独裁支配者だけが暴徒を有効に支配できる。

G酒類、ドラッグ、退廃的道徳、あらゆる形態の悪徳を代理人を通じて組織的に利用することで、 諸国家の若者の道徳心を低下させなければならない。

賄賂もペテンも裏切り行為も、それが我々の目的達成に役立つのであれば、続けられなければならない。

9.そうすることで服従と主権を確保できるなら、何がなんでも躊躇うことなく財産を奪い取る権利が自分達にはある。

平和的征服の道を進む我々の国家は、盲従を生じさせる「恐怖」を維持するための目的に適う方策で置き換える権利を有する。

10.我々は「自由・平等・博愛」という言葉を大衆に教え込んだ最初の民族である。
今日に至るまで、この言葉は愚かな人々によって繰り返されてきた。

ゴイム (家畜) は、賢者であると自称する者さえ、難解さゆえにこの言葉を理解できず、 その言葉の意味とその相互関係の対立に気づくことさえない。

これは我々の旗を掲げる軍隊を我々の指示と統制のもとに置く言葉である。

「自由・平等・博愛」のための場など自然界に存在しない。

ゴイムの自然発生的で世襲的な貴族社会の廃墟の上に、我々は金による貴族社会をつくりあげた。

それは我々の拠りどころ、すなわち富を参加資格とする貴族社会である。

11.自ら戦争を誘発しながら、敵対するどちらの側にも領土の獲得が生じない和平会議を主導しなければならない。

戦争は対立する双方の国家がさらに負債を抱え込み、我々の代理人の手中に落ちるよう主導されなければならない。

12.財を活用して、我々の要求に素直に従い、我々のゲームの駒となって、

正規の助言者として政府を陰で操ることを我々から任じられた学識と独創性を備えた人物に

すぐ利用され得る候補者を選ばなければならない。

助言者として我々が任じる人物は、全世界の出来事を支配するために、

幼い頃から我々の考えに沿って育てられ、教育され、訓練された人物にすべきである。

13.誹謗、中傷、偽の情報を流したことでどのような波紋が広がろうと、 自らは姿を隠したまま、非難されることがないようにしなければならない。

そして、プールした金を活用し、大衆への情報の出口すべてを支配すべきである。

14.状況が悪化し、貧困と恐怖によって大衆が支配されたときには、常に代理人を表舞台に立たせ、

秩序を回復すべきときが来れば、犠牲者は犯罪者や責任能力のない人々の犠牲となったと解釈されるよう、 ことを進めなければならない。

計算済みの恐怖支配が実現した時点で、犯罪者や精神異常者を処刑すれば、

我々自身を抑圧された人々の救世主、労働者の擁護者として見せかけることができる。

実際のところ、我々の関心は正反対で…減らすこと、すなわちゴイムを殺害することにある。

15.我々の力を行使すれば、失業と飢えがつくりだされ、大衆にのしかかる。 そうすれば、自然発生的貴族社会にかつて与えられた以上に確実な資本の支配力が生じる。

代理人に暴徒を支配させることで、「暴徒」を利用して、行く手を阻むすべての人間を一掃することは可能である。

16.フリーメーソンへの潜入については、自分たちの目的はその組織および秘密厳守のフリーメーソンから 提供されるものはすべて利用することである。

ブルー・フリーメーソン内部に自らの大東社を組織して破壊活動を実行しながら、 博愛主義の名のもとで、自らの活動の真の意味を隠すことは可能である。

大東社に参入するメンバーはすべて、勧誘活動のために、 そしてゴイムの間に無神論的唯物主義を広めるために利用されなければならない。

全世界を統治する我々の主権者が王座に就く日が来れば、 この同じ手が彼らの行く手を遮る可能性のあるすべてのものを払いのけることだろう。

17.代理人は仰々しい言い回し、大衆受けのするスローガンを生み出せるよう訓練されなければならない。
大衆には惜しみなく約束しなければならないからである。 約束された事と反対の事は、のちになれば常におこなえる。

「自由」と「解放」という言葉を使えば、ゴイムを煽って愛国心を駆りたて、 神の掟、自然の掟に逆らってでも戦うという気にさせることができる。

我々が支配権を得たら、神の名そのものが生きとし生ける者の辞書から消し去ることになる。

18.恐怖支配は、手っ取り早く大衆を服従させるもっとも安上がりな方法だ。

19.政治・経済・財政の助言者の仮面をかぶった我々の代理人が、 国家的および国際的出来事の背後に潜む“秘密権力”の正体が暴かれるのではないかと心配することなく、 我々の命令を実行できるよう、すべての戦争のあとには、秘密外交が主張されなければならない。

秘密外交によって、我々の代理人が関わらないかぎり、 諸国家は些細な個人的取り決めさえも結ぶことができないような支配権が確保されなければならない。

20.最終目標である世界政府に到達するためには、大規模の独占、 すなわちゴイムの中でも最も富ある者さえ我々に頼るほど、莫大な富の蓄積が必要とされるだろう。

ここにお集まりの皆さんは、経済通でいらっしゃるから、 こうして協力することの意味をあっさり計算されることと思います。

21.ゴイムからその不動産、産業を奪うため、経済的な国家利益および投資に関する限り、 重税と不当競争を組み合わせてゴイムの経済破綻を引き起こさなければならない。

国際舞台においてゴイムが商売ができないように仕向けることは可能である。

つまりは原材料の巧みな支配、短時間労働および高賃金を求める組織的煽動運動の普及、 競争者の助成によってそれは実現できる。
賃金の増加で労働者が潤うことが決してないよう状況を管理しなければならない。

22.最終的には、我々の運動に尽くす少数の金持ち、および我々の利益を守る警察と兵士と、 プロレタリアートの大衆が残ればいい。
ゴイムに殺し合いをさせるため、大々規模の武装増強が開始されなければならない。

23.世界単一政府のメンバーは独裁者によって任命され、 科学者、経済学者、財政専門家、企業家、大金持ちの中から選出される。
実質的には万事、数字(カネ?)で解決がつく。

24.代理人はその誤りを我々が承知している理論、原則を教え込むことで、 社会の若年層の精神を惑わせて腐敗させる目的で、 あらゆる階級、あらゆるレベルの社会、政府に潜入しなければならない。

25.国家法および国際法については、いずれも変えるべきではなく、歪曲して最初はその法を覆い隠し、

やがては見えなくさせるような否定的解釈を行なうだけで、
現状のまま利用しつつ、ゴイムの文明を破壊しなければならない。

我々の究極の目的は法を調停で置き換えることである。
我々に対してゴイムが武装蜂起するのではないかと、皆さんはお考えになるかもしれませんが、

我々は西ヨーロッパにおいて、どのような強者さえ縮み上がるような恐怖の組織を持っています。

危険に脅かされないうちに、こうした組織を諸国家の各都市に組織することにいたしましょう。


311、人工地震、他について。

この人たちは、なぜあらかじめ311を知っていたのか? - YouTube
http://m.youtube.com/#/watch?v=cepf4EFSUp4&desktop_uri=%2Fwatch%3Fv%3Dcepf4EFSUp4

311―これでも自然災害ですか?.mp4 - YouTube
http://m.youtube.com/watch?feature=relmfu&v=aa5FASmGrlw

911テロ、飛行機がぶつかってないのに
瞬時に崩壊した三つ目のビル、
第七ワールドトレードセンタービルの謎。

9.11 ミステリー2 911事件の謎 - YouTube
http://m.youtube.com/watch?feature=plpp&v=KEc5t-m-8_c

【動画あり】9.11 第七ビル崩壊の謎 - NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/m/odai/2133535104028457301

WTC 7 - Penthouse Collapse Missing - YouTube

http://m.youtube.com/watch?feature=related&v=VyhMTOdRnRo



北朝鮮核実験の人工地震波形と 
東日本大震災の地震波形比較 
http://www.asyura2.com/12/warb10/msg/673.html


2011/4/7深夜の宮城沖地震発生時に
仙台で観測された謎の発光の分析 - YouTube
http://m.youtube.com/watch?v=irGAeN2I7Y4


人工地震をまだ知らない人へ : 日本人の覚醒
http://kabukachan.exblog.jp/21203034


ついに「311が核爆弾の人工地震であった証拠」が見つかった!?:
高周波と音波の存在!
http://quasimoto.exblog.jp/17336865


元アメリカ国家安全保障局内部告発!
311大震災は核兵器を使った!
- YouTube
http://m.youtube.com/watch?v=tLV2YAsFn9U


東南海地震:
「地震の次は何をお見舞いしましょうか」
とB29がビラ - YouTube
http://m.youtube.com/watch?v=AKeH9lRIG4M


【オルタ】天皇の戦争責任(サムネは自称・明治天皇 大室寅之祐) - YouTube
http://m.youtube.com/watch?v=iPVaXytjULo&desktop_uri=%2Fwatch%3Fv%3DiPVaXytjULo


【歴史の真実】坂本竜馬を動かした黒幕!
ロスチャイルド家が仕組んだ明治維新!
一同が写っているフルベッキ写真!
日本の裏にフリーメーソン- 真実を探すブログ
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-227.html


ロスチャイルドの世界革命行動計画-gooブログ
http://blog.goo.ne.jp/oribeizum/e/dd147c0898a38011e4e26aaac1b32622


アブドゥッラー サルマーン (平和)

2014年04月06日 (日) 20時09分


[86]
From:ApeironX

仏教では宇宙は無始無終と考えているので
宇宙が神によって創造されたと信じる宗派は存在しないと思います。

釈迦と同じ時代にアジタ・ケーサカンバリンという思想家は唯物論・無神論を唱えました。
プーラナ・カッサパという人は道徳否定論を唱えましたが、
これらは仏教では邪見として否定されました。

2013年04月21日 (日) 13時28分


[88] 訂正
From:訂正

邪見と言ったかわからないが仏教では否定的に見ていました。

2013年04月21日 (日) 13時59分


[56]
From:1234567890

言い方、内容ともまずかったです。
申し訳ありませんでした。
ちょっと開かないで考えさせていただくことにします。

2013年01月07日 (月) 18時44分


[51]
From:1234567890

仏教徒の方々へ(傑作)
口頭で伝えられたことがらはあてにならないと仮定して、
、自分自身の中には伝聞がソースとして含まれているというパラドックス…

2013年01月06日 (日) 21時49分


[53]
From:1234567890

先に 「元来の仏教」 と述べましたが、実際は釈迦が言ったことと、後代の人々が付け加えたことを区別するのは難しい部分があると思います。

なぜなら 仏教発祥の地インドの寺院などがイスラム勢力に破壊されてしまったから。

2013年01月07日 (月) 07時31分

[55]
From:イスラームの本

仏教は人間が作ったので、拠り所となる確実なものがないからです。

2013年01月07日 (月) 14時31分

[57]
From:1234567890

執着を捨てれば何か拠り所となるものを求める必要もなくなるという
のがブッダの思想

2013年01月08日 (火) 14時21分

[59]
From:1234567890

頭が混乱していました。51 52 53 57は無視して下さい。申し訳ありませんでした。

2013年01月18日 (金) 19時43分

[63]
From:1234567

>インドの寺院などがイスラム勢力に破壊されてしまったから。

これは事実だと思います。
誤解しないようお願いします。

2013年01月20日 (日) 10時04分

[65]
From:1234567890

異教徒の分際で申し訳ありませんでした。

2013年01月21日 (月) 03時46分

[66]
From:1234567890

イスラームに関する書籍を持っていると怪しまれるかもしれないのはどうしたら良いでしょうか。

2013年01月21日 (月) 04時17分

[68]
From:イスラームの本

「ロヒンギャ」についても調べてみていただけますか。

2013年01月24日 (木) 21時48分

[73]
From:1234567

ロヒンギャ人を敵視や迫害しない仏教徒もいます。

2013年03月21日 (木) 21時34分

[76]
From:1234567

1. _ 2012年10月25日 01:52
また白人が暗躍しているのか。シナの可能性もあるが。
2.   2012年10月25日 03:49
こいつらは旧植民地時代の支配層要するに中国で言うところの、租界における買弁なんだよな。
今の軍事政権ってのはこいつらのような奴らを復活させないために頑張ってきた。
アウンサンスーチーを支持している層がこの連中。
アウンサンスーチーはイギリスの傀儡だけどな。
3. 名無しさん 2012年10月25日 11:00
↑買弁の意味がわからなくて調べてしまった。

買弁(ばいべん、英語:comprador)は、清朝末期の1800年代から1940年代にかけて、欧米列強(銀行や商社)の対中進出や貿易を支援した中国人商人のこと。転じて、外国資本に追随し、自国の利益を損なうような行為や人物のことを指す。例:「買弁的な行為」。

清朝末期、欧米列強の対中進出が進むにつれ、租界、商館、洋行などが出現し、欧米列強のビジネスを支援する中国人商人の存在が必要になり、これが「買弁」と呼ばれるようになった。彼らの多くは外国語能力が高く、清朝政府と欧米商会をつなぐ人脈や政治的センスも重宝され、一部の人物は豪商にまで成長した。また、それらの豪商の中には熱心に社会的活動に取り組む人物もいた。
4.   2012年10月25日 14:38
宗教対立は悲しいぜ・・・
5. 2012年10月27日 11:01
ムスリムはどこに行っても紛争を起こすんだねえ。

http://dontena.doorblog.jp/archives/19310742.html

2013年03月23日 (土) 05時39分

[77]
From:1234567

397 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2009/03/02(月) 09:19:16 ID:8IPiYQ4V

»110
>在日チョン70万人半島へ追放して10万人くらいビルマ人入れてやれ
>ビルマ人は親日だし真面目だぞ
>コストは在日の資産没収して賄えばいい

こいつらビルマ人じゃないのよ
ビルマ人が嫌ってるイスラム教徒のバングラデシュ人だよ
ビルマの在日朝鮮人みたいなもん。
英国植民地時代に大量にやってきて好き勝手にやってた
だから生粋のビルマ人から酷く嫌われ恨まれてる


»143
いっぺん英国に住んで南アジアからの移民の実態を見てみたら?
バングラデシュ人やパキスタン人がいかに犯罪者で
地元に溶け込まない厄介者かわかるよ
英国でいちばん嫌われてる移民は、
パキスタン系とバングラ系

http://s-hsmt.tumblr.com/post/10820362085

2013年03月23日 (土) 05時41分


[46]
From:1234567

疑問→質問

2013年01月05日 (土) 05時42分


[45]
From:1234567

「仏教徒の方々へ」についての疑問です。

最後の結論として、

「実際は釈迦が言ったことと、後代の人々が付け加えたことを区別するのは難しい部分があると思います。...」
としているのに、

その前のところで、
次の4点だけは断定できたのは何故ですか?

「釈迦が悟ったというのは神の存在でも死後の世界の
ことでもなく、「すべての物事は関係している」 という 縁起の法則です。」

「釈迦が唱えたわけではありませんでした。」

「輪廻は後代になってから体系付けられた事柄です。」

「本来の仏教では神を信じる教えはなく、日本の仏教などの神はヒンドゥー教や中国、神道の神々で、例えば裁きのうち一回を担当する閻魔大王はヒンドゥー教の
神です。」





さらに質問ですが、

「釈迦については生年も人種も、使っていた言語すら不明であるほどで、釈迦自身は一つの書物も残さず、教えは何百年も口頭で
伝えられたためです。仏教の経典が記されたのは釈迦没後5-6世紀くらい」

という説は、誰によって支持されていますか?

2013年01月05日 (土) 05時39分


[47]
From:イスラームの本

4点は、私が断定したわけではなく、仏教界の言っていることです。

2013年01月05日 (土) 12時49分

[48]
From:1234567

仏教界が何かわかりません。
具体的に誰がまたはどんな団体が言っているの?

2013年01月06日 (日) 00時41分

[49]
From:1234567

1-元来の仏教は神を信じず、来世も審判の日、天国・地獄もない無神論の思想

2-釈迦が唱えたわけではありませんでした。

3-輪廻は釈迦以前、古代からあったインドの思想で、釈迦はインドの伝統に従って方便として否定しなかったにすぎないそうです。
4-肯定したわけではないとのこと。

5-輪廻は後代になってから体系付けられた事柄です。

6-多くの日本人が 「仏教」 として信じているのは、様々な宗教や人々の言い伝えが融合したものではないでしょうか。

これらの説明を
イスラームのほんさん自身も確実とは思っていないなら
何故私がそれに納得しなければならないんでしょうか?

2013年01月06日 (日) 11時47分

[50]
From:1234567

仏教徒の方々へ の本文の最初の方はいまの仏教はこういうものだというあなたの認識であり、
5行目から下は元来の仏教についてのあなたの認識であるようによめてしまいます。
伝聞のようだと読めるところは見られますが、
仏教界が公式的に言っているようだと読めるところは、
文内などからは確認できませんでした。
45で質問したのはそのためです。

2013年01月06日 (日) 20時35分

[52]
From:1234567890

仏教徒の方々へ(傑作)
伝聞ソースのパラドックス…

2013年01月06日 (日) 21時58分

[54]
From:イスラームの本

ご興味があるのでしたら、仏教のことを少しお調べになられれば、私が書いたことが簡単に見つかります。in sha Allah.

2013年01月07日 (月) 14時27分

[58]
From:1234567

仏教については、たくさんの説があるので、その中のどれに基いているのかはっきりしないと貴方の書いた説が存在するかどうか確認できません。

2013年01月18日 (金) 00時09分

[60]
From:1234567

頭が混乱していました。52は無視して下さい。申し訳ありませんでした。

2013年01月18日 (金) 19時46分

[61]
From:1234567

イスラームの本様

「元来の仏教は神を信じず、来世も審判の日、天国・地獄もない無神論の思想だそうです。(釈迦が悟ったというのは神の存在でも死後の世界のことでもなく、「すべての物事は関係している」 という 縁起の法則です。)」

「釈迦が唱えたわけではありませんでした。」

「輪廻は後代になってから体系付けられた事柄です。」

「本来の仏教では神を信じる教えはなく、日本の仏教などの神はヒンドゥー教や中国、神道の神々で、例えば裁きのうち一回を担当する閻魔大王はヒンドゥー教の神です。」

という主張と、

「実際は釈迦が言ったことと、後代の人々が付け加えたことを区別するのは難しい部分があると思います。...教えは何百年も口頭で伝えられたためです。」

という主張は整合性がありません。
釈迦の使っていた言語と生没年、所属などについての何らかの学説を、前提として受け入れたうえで、
釈迦の話した言葉が比較的正確に残っている経典の箇所を推定しなければ、
本来の仏教はこういうものだと主張するのは不可能だと思います。

2013年01月18日 (金) 19時54分

[62]
From:1234567

イスラームの本様

イスラームの本様自身の主張ではないものについては
カギ括弧などにより引用範囲を明確にして、出所を明示して下さい。
そうでなければ、イスラームの本様自身の主張と理解するしかないです。

2013年01月19日 (土) 10時17分

[64]
From:1234567

頭が混乱していました。

そもそも、「仏教徒の方々へ」この文章は何を伝えたいのでしょうか、要点は何なのでしょうか。

因みに、PHP研究所『ブッダの秘密』 には大体次のように書いてありました。

1.釈迦の生年は紀元前463年という説が有力視されている。
2.釈迦はマガダ語を話していたという説が有力である。
3.釈迦の教えが最初に文字で記されたのは釈迦の死後100年から200年ほど経った頃のこととされている。
4.釈迦が悟ったことは何かというと、諸行無常、諸法無我、涅槃寂静、一切皆苦、である。
5.「魂は永遠に存在するのか?死後の世界はあるのかないのか?」という弟子の質問に対して、釈迦は、
いわゆる「毒矢のたとえ」の話をして、今必要なのは修行によって真理を悟ることであると言った。

2013年01月21日 (月) 03時22分

[67] てきとう
From:1234567

イスラームの本さんの書いたことをはっきり断言している資料は見つかりませんでした。
もしあったとしても、日本の仏教というのは、おそらく、国家の権威を高めるために導入された特殊な宗教であり、
日本の仏教を批判しても、仏教自体に対する批判としては当を得ていないと思います。

2013年01月21日 (月) 20時14分

[70]
From:1234567

1.釈迦の生年は紀元前463年という説が有力視されている。

2.釈迦はマガダ語を話していたという説が有力である。

3.釈迦の教えが最初に文字で記されたのは釈迦の死後100年から200年ほど経った頃のこととされている。

4.釈迦が悟ったことは何かというと、諸行無常、諸法無我、涅槃寂静、一切皆苦、である。

5.「魂は永遠に存在するのか?死後の世界はあるのかないのか?」という弟子の質問に対して、釈迦は、
いわゆる「毒矢のたとえ」の話をして、今必要なのは修行によって真理を悟ることであると言った。

6.縁起とは因縁生起の略で「すべての物事は因と縁によって生じる」という意味です。
「すべての物事は関係している」ではありません。

2013年01月29日 (火) 10時14分

[83]
From:1234567

仏教では生存はもともと苦であり
天地創造の唯一神はこれを認めないが
三十三天の神など多数の神々と
「久遠常住」の仏を想定しています。

2013年03月30日 (土) 10時36分


[43]
From:sala

男の子の割礼(circumcision)をする病院など教えてください

2012年12月28日 (金) 13時28分


[44]
From:イスラームの本

希望すれば、出産時に割礼もしてくれる場合があるそうですが、ご出産予定の病院にはお聞きになられましたか?
そちらが無理とのことでしたら、場所を教えてくだされば、お調べします。

2013年01月04日 (金) 18時34分

[69]
From:sara

場所は東京です
病院はやらないです
よろしくお願いします

2013年01月28日 (月) 13時40分

[72]
From:イスラームの本

東京衛生病院
http://www.tokyoeisei.com/

は いかがですか。
全身麻酔で生後3ヶ月以降、施術してくれるそうです。直接ご確認ください。

医療的に必要と判断される場合には手術してくれても、割礼をしてくれる病院は少ないですね。
聖路加国際病院も、「宗教的な理由による割礼は原則的に当院では行っておりません。」とのことでした。

2013年02月04日 (月) 11時23分







Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板