【コミュ障でも楽しい!】レンタカーの回送ドライバー



つもりBBS お茶の時間

よくぞ気付いてくださりました。
そして、ようこそいらっしゃいました。
まずは、日記を読んでくださりありがとうございます。

こちらはとりあえずの「つもりBBS」です。
そのうちお茶もふるまえるよう準備中です。
ほんちゃんBBSが整うまで、
お茶をしながら話すつもりで、
なんやかやと書き込んでくださると嬉しいです。


ホームページへ戻る


お名前
Mail
Title
お話
HomePage
Password
くっきー


■ シアワセの味

2008年08月11日 (月) 23時13分


人それぞれなんだろうけど。私にとってはほんのり柔らか and so on. ある味を思い出したら、すんごくシアワセを思い出した。今の私はどうか知らないけど(笑)。

1412番 MAIL HOME 管理人 ▼返信


■ 暇つぶし

2008年08月10日 (日) 12時28分


このトコロ、本意ではなく時間がたっぷり。おかげで何かとできた事。
●パッチワークテディベア 1体
●楽譜を見て唄うヘビぬいぐるみ 1体
●ペンギンぬいぐるみ 
 大(後、目を入れるだけ)・中・小 各1体
●2008年度領収書整理
●エナメル皮テディベア 1体作りかけ
●子供時代に食べたシュークリームの味を目指して何度かシュ−作成

おかげで解った事。
その1
1か月まとまりに領収書整理をすれば随分楽。月毎に分けて、月毎に日付け順にして、それを順番にジャンル分けしたページに張り込み。1月〜7月まで整理済。また時間のある時、ページ毎の計算を済ませとけば、確定申告の際の計算が早くなる予定。確定申告する際、何が大変かって、1年間溜込んだ領収書整理するのに時間が取られるって事に、うすうす気付いていましたが、実感しました。確定申告の計算って、面白いよね。時間制限さえ気にしなけりゃ、仕組みが浮かび上がって来て興味深い。実際、関わってない項目とか皆目見当つかないけど。ってか、関わってない項目についてなんて読みもしないし、読んでも頭に入んないのでした(笑)。

その2
エナメル皮を縫うのは体力が必要。いや、実際重労働(笑)。皮職人の方々って、体脂肪率低そうだと憶測。仮に体脂肪率が高いタイプの方がいらしても、内臓に脂肪ついてる確率は低いと思うな。

その3
シルク生地を縫うのは大変ね。マチが狭いと端からほどけてっちゃう。

後は、本を読む時間タップリ。時々、文字を追ってるだけですけど(笑)。
他に各所の整理。そんなトコロ、ぼちぼちと。

1411番 MAIL HOME 管理人 ▼返信


■ えーーーーっと。

2008年08月09日 (土) 22時27分


個人の作品をその本人に一切の許可なく、無断で他者の超個人的営利目的の為に使用して欲しくない・・・と、憤りを覚えるのはそんなに妙な事ですか。ごくごく当り前の事だと判断しているのですが。

こうした概念が理解できないでいるという事実こそが、よく飲み込めないのですが、そんなに難しい概念でしょうか。

1410番 MAIL HOME 管理人 ▼返信


■ やーだ。

2008年08月09日 (土) 19時52分


『不思議の国のアリス』作者、ルイス・キャロルの時代って、気が遠くなる程に昔の事だと感じてたのに。ウィリアム・モリスの友人の写真がルイス・キャロル撮影で残っているのよぉう!!ウィリアム・モリスに関しては、スタイリッシュなデザインを確立させた御仁としての認識であり、そりゃぁ昔の人だけど『今につながる時代のまとまりの最初のあたり』・・・ってイメージ。(「時代のまとまり感覚、大雑把やね」ってツッコミ入れてくれた人。お友達になって下さい。)そりゃぁ改めて年号を意識すりゃあ、同時代だってわかるんだけどさぁ。よくよく考えてみりゃぁ、ルイス・キャロルは現存する記録写真の作者として名前が残っている最初のあたりの人で・・・と、言う事はやっぱ、『今につながる時代のまとまりの最初のあたり』の人・・・。ふ〜む。なんかさ、デザインが意識的になされてて、それが職業的になりたっているってすっごく現代的じゃない?ウィリアム・モリスって、約200年(商業的活動で区切れば、170年位昔。30年違えば、結構違うんだろうけど・・・このあたりが時代のまとまり感覚・大雑把、って事で。笑)も前の人なのに感覚というか、その意識がすんごく現代的。それがとがって訳じゃないのに、『今』を行く最先端な感じ。ルイス・キャロルは・・・彼が生きてる時代の最先端って感じかなぁ。今、古い感じがする訳じゃないんだけど・・・。でも『今』な感じではなくって・・・。写真といえば、もちろん、ジョージア・オキーフのショッキングな写真を撮影したアルフレッド・スティーグリッツ。アルフレッド・スティーグリッツも『今につながる時代のまとまりの最初のあたり』・・・って感じ。ルイス・キャロルに対する感覚を改めなくては。『不思議の国のアリス』のお話自体は『今につながる時代のまとまりの最初のあたり』的感覚なんですけどね。作家と作者はキチンと認識されているのに、それぞれに対するイメージに時代誤差があるなんて。イメージって不思議。

そういえば。ふと『不思議の国のアリス』ごっこ、と、思い付きましたが・・・結構、複雑なごっこ遊びかも。ウサギ役の方に、時計を貰わなくちゃ。『不思議の国のアリス』劇をするとなると大変だろうね(笑)。

ともあれ。
偉大なる先人方に敬意を表して。プライバシーと表現に伴い派生する切り分けられた各種概念に対する認識を持って。

1409番 MAIL HOME 管理人 ▼返信


■ ユニークな本

2008年08月09日 (土) 10時15分


先日、芸術本を見た。アンリ・マティスのミニブックレット。ざっくり立ち見でみたが、何か様子が変だ。何がおかしいのか最初は解らなかったが、あまりにも有名な例の青いドレスの婦人像を目にした時に即判明。青いドレスの婦人像なのに・・・ドレス灰色。他も再度流し見してみたら色味が妙な気がする。自信をもって、色が違うと言い切れるのは、つい半年程前、上野の美術館で原作をこの目で確認した青いドレスの婦人像だけ(ダンスの連作も多分、色味がすんごい違うと思うけど、何分、印刷物でしか確認してないから。原作みてないから。いや、連作の一部は見てるはずだけど、肌色ピンクの色味がどこまで違うか自信がない、笑)。えっと。ここまで、色味違いで堂々と芸術本と出せるというのは、何なんでしょうか。なんちゃって本かなぁ。絵画本って、どこまで色味を原画に忠実に合わせられるかが勝負ってところだと思うんだけど。いや、原画っていうか、サンプルでくばられてるポジの色味にどこまで近付けられるか・・・だったりもするけど(笑)。オンデマンド印刷みたいだったけど、印刷する時のデータで、ドレスの部分だけ、GRBの情報が欠けてしまった・・・って事かにゃ。想像してみよう。知らない人が最初にこの本でアンリ・マティスの青いドレスの夫人像を見る。「ほほぉ、青いドレスといいながら、灰色のドレスなのか。この表現に隠されている意図はいったい・・・ムニャムニャムニャ」。かようにして芸術は本来の作品意図からどんどんかけ離れて流通していくのだな。

『ええええええーーーーーーーーーーっ!なんで、よりにもよって、この作品で!!』『・・・どうするよ、コレ』『阿呆、本人が気付いてないねんから黙っとけ。私らは何も知りません。原画は知らないし、今回色落ちしてるのも気付いてません。てか、私らソレを確認する役と違うから。違う役割の事にでしゃばらんでええねんて!ついでにわざわざ、天国のマティス様に この色味違うんですけど・・・ なんてご報告さしあげる事のも控えておけって。何事も当たらずさわらず。知りませんでした が万能の答。えっへん』

真実なんて一切の意味を持たなくなってしまいますね。色校正の時、忙しかったのかもね。てへ。

1408番 MAIL HOME 管理人 ▼返信


■ あまりにも有名

2008年08月05日 (火) 21時26分


「アイリス」の色味も非常に好きですが、「ピンパーネル」と「フルーツ」が特別好き。NIKKOさんのWebサイトで見た陶磁器のウィリアム・モリスコレクション。
陶磁器に限らず、ウィリアム・モリスのデザイン柄を確認すると、非常に落ち着いた気分になります。それは私がそのスタイルがウィリアム・モリスだと知っているからではなく、非常に洗練されたデザインとして完成したモノであるが故だと感じ入ります。実際のトコロ、非常に落ち着いた気分になる事があって、気付いてみれば陶磁器がウィリアム・モリスのデザイン柄であったり、壁紙や椅子にそれらが確認できたりする・・・という事なんですが、そういう感情の流れで確認する以上、私にとって、ウィリアム・モリスはアタリ前に浸透してる。偉大なる芸術家に敬意を。

1407番 MAIL HOME 管理人 ▼返信


■ この2・3日

2008年08月03日 (日) 14時37分


成鳥の姿に成り立てホヤホヤっぽい首チョッピリ短め黒鳥(だって、スワンシューの姿してたし)・ミミズク・ウェルシュコーギー。

1406番 MAIL HOME 管理人 ▼返信


■ 食べたい。

2008年08月02日 (土) 19時36分


久しぶりに更新を再開をした本編で、フランベがどうたらこうたら書いたら、クレープシュゼットが喰いたくてたまらん。誰か私に美味いシュゼット作ってぇ〜。オレンジ(この場合はマンダリンの方が正しいのか、イヤ、オランジェ・・・かなぁ。)ピールの細切りも入ったソースで。ついでにバニラアイスも添えてもらえれば。ちょっと苦みが効いてたりしたら、一生ついて行きます(笑)。

1405番 MAIL HOME 管理人 ▼返信


■ 激しいモノ

2008年07月30日 (水) 00時41分


夜中、小腹が空いた時。何かを口にするかどうかの葛藤。

散々、食べたい欲求を嗜める自分良心(やっぱこの場合は何も食べない様すすめる方が良心なんじゃないだろうかと)と激しく葛藤したあげく・・・ハイカロリーなものを口にしてしまいそうで。

1404番 MAIL HOME 管理人 ▼返信


■ 鱗とり

2007年11月25日 (日) 20時59分


しばらく前突如、鯛アラ煮が食べたくなり、鯛アラ探して三千里。近辺のスーパーさがし回ったけれど、時間的タイミングがずれてた模様でありつけませんでした。本日、某スーパーにて「そういや前、魚のアラがでるのは、今位の時間だって聞いたな」と思い出し、魚コーナーへ一目散。無事、鯛アラを発見。帰宅して早速、シッカリと煮させて頂きましたがアナタ、鱗取りがターイヘン。丸ごと1匹なら、鱗取り器を使いますが、アラですから。分断されてますから。パーツパーツに。鱗取り器を使うのも中途半端な面積で。食事用ナイフなんかも使ってみたが、手で剥がす方が勝手良く。たかが切り身の数片だし、手での鱗剥がしに精を出してみました。作業中は実際、それを済まさんと調理に入れん事も解っているし、以前、鱗をとらないまま煮込んですこぶる食すに都合が悪かった、ニッガ〜イ想い出があるものだから、コツコツと鱗を剥がさせて頂きました。ついでに春雨ぶち込んで、鯛のほお肉だとか、顎肉だとか、エラ辺り肉だとか(専門用語でこんな呼び方してないと思う、笑)と一緒にウマウマいただき、一息つけば。右人さし指爪、ほんのり痛いです。鱗剥がしで大活躍しましたから、右人さし指爪。シクシクシク。

美味いものが人の口に入るには。
栗の外皮剥きしかり、コツコツ、地道な作業を黙々こなす、食材に感謝すべき行程が含まれておるのですなぁ。

1402番 MAIL HOME 管理人 ▼返信




Number
Pass

Lenovo週末限定クーポンThinkPadを買おう!
無料で掲示板を作ろう
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板