無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

せっかく掲示板

ホームページへ戻る

名前
メールアドレス
タイトル
本文
URL
削除キー 項目の保存


こちらの関連記事へ返信する場合は上のフォームに書いてください。

[22] 沖縄の現実
郡司真弓 - 2010年01月24日 (日) 17時41分

20〜23日、沖縄に行ってきました。
サロンの欠席、すみません・・。。

沖縄では、戦争の歴史と米軍基地をたどりました。
ご存知のように、沖縄の殆どの戦死者は米軍の攻撃で命をなくしたのではなく、国に見放されて命を亡くしました。

その歴史の延長線上に、米軍基地が存在しています。
今、普天間基地の「移設」が争点となっていますが、
現地に行って、これが混乱させる要因となっていると感じました。

つまり、まず、基地が必要か、不要かの議論が必要で、
移設は別問題であるということです。

それから・・・見える基地問題と、見えない問題が
あることも感じました。

見える基地問題は、学校・住宅の中にある基地の危険性などですが、見えない問題が今の沖縄の社会の根底になっています。

戦争中に肉親を自らの手で殺した人はたくさんいます。
母親を自らの手で首を絞めた小学生など、
地獄絵図を体験した幼い子どももいます。

そのような人たちは、今でも、精神的に不安定の中で生きており、家庭を持っても自分らしく生きることが出来ません。

そのような荒れた背景のもとに、米軍基地があり、米軍の差別の中で生活をせざるを得ない事実は、想像はできないものです。

事実、全国平均よりも、若年母子家庭、離婚率、生活保護、失業率は高く、高校・大学進学率、就学率、収入などは全国標準よりかなり低く、子どもの貧困も深刻な状況になっています。

このような社会構造の根底には、沖縄の人たちが体験した戦争(心の傷)があり、今でも沖縄は戦争状態です。そして、沖縄を歩き、体験者の話を聞き、基地(軍事力)は平和な社会をつくるのではなく、心と地域を崩壊させるものだと痛感しました。

那覇市では、返還された地域に住宅、商業地域をつくり、経済効果(雇用)、福祉サービスなどを創出しています。このまま基地が存在すれば、土地がないばかりに永遠に経済回復は不可能です。

本日、名護市の市長選挙ですが、この機会に多くの人たちが、
米軍基地が必要なのか?考えるように、私も米軍基地のある神奈川から声を出していきたいと思います。

<追伸>
現地で平和活動をしている人たちに香織師匠の講談「哀しみの母子像」をアピールしてきました。
香織師匠の次の創作は・・・沖縄をテーマにいかがでしょうか?


[23] 郡司さんへ
神田香織 - 2010年02月26日 (金) 14時57分

書き込みありがとうございます。
しばらく掲示板を開いていませんで、遅くなってごめんなさい。
沖縄から日本が見えるというように、私も沖縄へ行くたびにいろんな事を考えさせられます。
基地に関しては郡司さんのいうように、「ほんとに基地が必要か不必要か」の議論がまず必要ですね。
はじめに基地ありきという前政権が「撤退」を「移転」にすり替えたわけで、そこから見直さなければ。
「哀しみの母子像」をアピールしてくださってありがとうございます。ぜひ沖縄でも語りたいです。
沖縄をテーマにした講談、私も考えてみますが、まずは司織さんからぜひ取りかかってください。せっかく講談を習っているのですから(笑)
お忙しいでしょうが、講談サロンでお待ちしてます。



Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板