地形(主に、滝・巨石・山地地形)の掲示板

滝おやじが管理者の、地形についてなら何でもの掲示板です。ご気軽にご投稿下さい。

また、滝おやじのやっている

千葉県の滝・川廻しのHP http://chibataki.poo.gs/

千葉県外の滝・巨石・県内外の山と峡谷の地形めぐりHP http://chibataki.moo.jp/

の掲示板でもあります。関連のことはどうぞ。

投稿に当たって、削除キー欄に "taki" と記入して下さい。

内容は自由ですが、この掲示板にふさわしくないものは管理人の権利で削除いたします。

管理人個人宛のメールは、doutakioyazi@infoseek.jp へお願いします。 管理ページ

名前
e-mail
タイトル
本文
画像

URL
文字色
削除キー 項目の保存
RSS

このレスは下記の投稿への返信になります。戻る

No.310 参加募集:等々力渓谷の地形観察会を行います。‏ 投稿者:滝おやじ     投稿日:2016年03月16日 (水) 23時28分 [返信]

私事ですが、来る3月26日(土)、東京都世田谷区の等々力渓谷で、地形現地観察講座を行います。
 朝日カルチャーセンター千葉の、歴史・文学・教養・自然科学講座です。(^_^;) 有料4,104円 ('_')。

 等々力渓谷は、都内唯一の自然の渓谷ということで、地学系の学生は、一度はいったか、行かされた所だと思います。 この渓谷は河川争奪でできたという話はあったと思いますが、現地観察対象は、渓谷部分の崖に少し出ている地層のみだったはず。
 今回やる講座は、有料で4000円もする・・・カルチャー講座って高い物らしいです・・・のですが、それだけに、損はさせないよう、地質だけじゃなく、というか、地質の話は必要な部分だけに絞って、等々力渓谷の河川争奪により、どのように地形が変化したのか、峡谷の形成史を紹介します。そのため、時間も延べ4時間、観察範囲は、峡谷部だけでなく、その上流の滝のあった所までの2倍。観察対象は、地下水と河川と地層が作る、峽谷の微地形とそれから地形形成史をどう作るか・・・・など、マニアックに迫って、参加しても、元が取れたと思えるようにしたいと思います。
 ちなみに、この内容は、先日、千葉地理学会で発表したのですが、この3月21・22日の日本地理学会でもポスター発表する予定で、パリパリ新事実です。
 懇切丁寧、質問随時、費用対効果抜群、なるほどの目から鱗、を目指して開催しますので、ご気楽にご参加下さい。先着順15人ぐらいまでかも。
 画像は、等々力渓谷を念頭に作った、台地河川の河川争奪概念図
 
講座の名称や申込先は下記の通り
==========記==============
・講座タイトル
峡谷の形、その見方と目のつけ所(現地)・・・都区内唯一の峡谷・等々力渓谷を例に・・・講師
千葉県立中央博物館館友 吉村光敏
・講座紹介
この講座「地表の形、その味方と目のつけ所」は、山の形、滝の形、巨石の形等・・・地球表面の形を解釈して、できかたを考えます。今回は、川の峡谷地形をどう見るかを紹介。実は、今年、目黒区の等々力渓谷を調査したので、それを例に、地形的な見方を紹介します。河川争奪で峡谷が出来て、更に、その後どう変化してきたかという話です。個別の、それも、小さな峡谷の調査例ですが、河川地形の見方として応用が利き、観光旅行、登山が楽しくなるツールになるはず、気楽にどうぞ。
・時期時間
2016年3月26日(土) 10:30〜15:30 注)カルチャーの伝統で、大地震か台風が来ない限り雨天決行だそうです。
・費用
カルチャー会員3,544円 一般 4,164円
・装備
歩き用の靴、汚れることはない、寒さは自衛、昼食は持参・・・大都会の真ん中なのでコンビニあり。
・ご予約・問い合わせ先
朝日カルチャーセンター千葉 043-227-0131 担当石井 前日まで受け付け。



Number Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板