地形(主に、滝・巨石・山地地形)の掲示板

滝おやじが管理者の、地形についてなら何でもの掲示板です。ご気軽にご投稿下さい。

また、滝おやじのやっている

千葉県の滝・川廻しのHP http://chibataki.poo.gs/

千葉県外の滝・巨石・県内外の山と峡谷の地形めぐりHP http://chibataki.moo.jp/

の掲示板でもあります。関連のことはどうぞ。

投稿に当たって、削除キー欄に "taki" と記入して下さい。

内容は自由ですが、この掲示板にふさわしくないものは管理人の権利で削除いたします。

管理人個人宛のメールは、doutakioyazi@infoseek.jp へお願いします。 管理ページ

名前
e-mail
タイトル
本文
画像

URL
文字色
削除キー 項目の保存
RSS

このレスは下記の投稿への返信になります。戻る

No.336 巨石記録 花巻市高松 鞍掛石 投稿者:滝おやじ     投稿日:2017年03月07日 (火) 20時03分 [返信]

鞍掛岩  
花巻市高松 鞍掛区入口交差点
 N29°23′36.02″
 E141°11′00.37″
20130924調査
 釜石街道を走っていたら石があるのが見えた。
 集落名は鞍掛。集落名の元になった火砕岩の岩塊。
 民俗的ないわれもあるものと思う。
 しかし、名称看板しかないので、いわれ不明。八幡太郎が関係かも。
東和町史にも記載が無かった。
・周辺の地質は、花崗岩を不整合で覆う稲瀬火山岩類:下部中新統と、それを不整合に覆う金沢層:鮮新統との境界付近。
・火砕岩の岩塊、岩種:火山礫凝灰岩。略直方体。・長辺約2.0m 短辺 0.8m 高さ1.0m 位。岩相から見ると、稲瀬火山岩に当たるのかも。
・盛り土の上にあり、移動されている。
・道路新設の際に動かされたのかも。移動時期は、看板の設置年度平成3年かもしれない。

結論
 自然・歴史両面ともデータ不足。よく分からなかった。



Number Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板