無料で掲示板を作ろう  Amazon-カニ・うなぎ・いくらなど厳選食材のタイムセール


あさにが句会

人あつまれば、句会はじまる

RESは使わず、新規発言でお願いします

ホームページへ戻る148868

名前
Eメール
題名
内容
URL
削除キー 項目の保存

[3292]選句・選評します 投稿者:泥亀 [RES] メール HOME
  まことさん、皆さん、今晩は。
  あさにが句会・選句 選評します。よろしくお願いします。

 3〇 廃校となりし校舎や山眠る
    ふっくらとうずくまった山の麓に廃校となった
    校舎が見える。草木の葉の茂っていない分、他の
    季節より明るい印象を見える。

 5〇 冬田打つ音さびさびと峡の山
    稲刈りの済んだ後、種蒔きをするため鋤を起こす。
    冬田を打つ音も侘び・寂びと響く山に囲まれた寒村。

12〇 維盛の塚や冬田を夕日染め
    平維盛伝説が伝わる維盛歴史の里の小高い丘に鎮座
    してます。その眼下に続く冬田が夕日に染められた
    美しい風景を優しく描写してます。

15〇 故郷の山茶花時雨道紅く
    故郷では街路樹として山茶花が植えられている。
    風雨によって花弁が地面に散り敷いている風情を描写
    している。久し振りに帰った故郷は懐かしんでいる。

18〇 島国のことば潜める漱石忌
    漱石は学生時代に正岡子規と出合い。子規を中心とする
    新しい俳人の一人としてデビューした。
    後に「坊ちゃん」「三四郎」「こころ」「行人」なので
    近代日本を代表する文豪となった。十二月九日は忌日。
漱石は東京帝大で教鞭に立ち、英国の知識を紹介する
    でなく自分で考えた知識を披露した。そんなことなどを
    踏まえた上の作品である。

        妄評をお許しください。
    

投稿日:2018年12月16日 (日) 23時18分


[3291]今月の出句一覧2018.12月 投稿者:まこと [RES] メール HOME
皆さん、こんにちは(^o^)

12月も後半に突入、あれよあれよと言う間に来年になりそうですね。
では今月の出句一覧を。



1. 万象の騒ぎをよそに冬田かな
2. 何見ても俳人喜々と冬田道
3. 廃校となりし校舎や山眠る
4. 石蕗咲くや猫の減りゆく猫屋敷
5. 冬田打つ音さびさびと峡の村
6. 往年のだれかれテレビに年暮るる
7. 冬田道日暮れもはやく急ぎ足
8. 眠らずに座禅組むよな冬田なり
9. 部活らの風圧過ぎる冬田道
10. 息白し忘れ物よとペダル踏み
11. 大いなる眠りやすらか冬田かな
12. 維盛の塚や冬田を夕日染め
13. 牡丹鍋心もとなき顔の消ゆ
14. 冬空のかなた筑波嶺超高層
15. 白壁に日の眩しけれ冬田村
16. 雀らと風の遊び場冬田かな
17. 故郷の山茶花時雨れ道紅く
18. 島国のことば潜める漱石忌
19. 目印の基地局見つく冬田道
20. 風の他怖いものなき冬田かな
21. バッグ買ふ約束忘れ実南天

以上。

以降
・披講      16日〜月末(各自選評投稿という形で)
・作者発表    23日午前中ごろ
         同時に次回の兼題担当者確認

の予定で進めます。
皆さま、よろしくお願いいたします。

投稿日:2018年12月16日 (日) 11時42分


[3290]投句締切が近づきました 投稿者:まこと [RES] メール HOME
皆さん、こんにちは(^o^)

今年もどんどん残り少なくなって来ました。
皆さま、それぞれお忙しいことと思います。
我が家の3本の柿に木は、葉をすべて落として空が明るくなりました。
しかしその分、庭に柿落葉がごっぞり溜まってしまっています。植木屋さんが来るまでに、これを何とかせねばなりません。腰痛になりそうです。

さてさて、そろそろ・・・。

●出句締切  15日24時です。  詳細はHP「句会広報室」にて。

ただ今、泥亀さん、遊凪さん、甘さん、春生さん、から句を頂いています。

投稿日:2018年12月13日 (木) 16時43分


[3289]お帰りなさい 投稿者:まこと [RES] メール HOME
うづらさん、退院おめでとうございます。

手術お疲れ様でした。
悪いものではなくて、本当に良かったですね。
何かと慌ただしい12月ですが、開き直ってゆっくりご静養くださいね。
来月からまた句会をご一緒できるのを楽しみにしています。



ついでに今月の句会をご案内・・・。

12月の句会
★兼題     冬田(題詠は0〜3句まで、ご自由に)
★句数     当季詠 3句
★投句締切   12月15日24時


以降
・出句一覧発表  16日午前中ごろ
・披講      16日〜月末(各自選評投稿という形で)
・作者発表    23日午前中ごろ
         同時に次回の兼題担当者確認

の予定で進めます。
皆さま、よろしくお願いいたします。

投稿日:2018年12月03日 (月) 13時04分


[3288]退院しました。うづら 投稿者: うづら [RES] メール HOME
まことさん、皆さん

お陰さまで先週退院いたしました。
手術前は医師にこわい話も聞かされどうなることかと不安の塊になっていましたが、お陰様で悪性ではなく腸が少し短くなっただけで済みました。
まだ痛む傷跡を抱えてそろそろと過ごしております。年相応の回復力でしょうから暖かくなるまで猫たちと冬籠りとなりそうです。
もうひと月お休みをいただいて、新年から復帰させてくださいませ。うづら

投稿日:2018年12月03日 (月) 11時28分


[3287]冬田 投稿者:まこと [RES] メール HOME
皆さん、こんにちは(^o^)

11月の終りは、きれいな青空となりました。
今年も残すところあと1カ月。年頭に予想していたとおり、早い一年でした。

掃半さん、12月のお題をありがとうございました。
このごろ冬田を見ない生活を送っている私ですが、記憶の中には、さまざまな冬田のシーンが残されています。
いい句が出来ると良いですが。

人間はこれから年末で何かと忙しくなりますね。
皆さま、風邪の神などに憑りつかれぬようお気をつけください

投稿日:2018年11月30日 (金) 13時04分


[3286]兼題 冬田 投稿者:掃半 [RES] メール HOME
まことさんみなさんこんにちは うづらさん順調に快復されることを皆様とお祈りいたしましょう。それでは12月兼題ですが「冬田」でいかがでしょうか。1年間作物を作ってくれた感謝も込めて出させてもらいます。
以上

投稿日:2018年11月26日 (月) 19時51分


[3285]今月の選評 投稿者:まこと [RES] メール HOME
皆さん、こんにちは(^o^)

ネコちゃんは(兄妹の二匹ですが)おりこうさんにお留守番をしていました。
選評、今月もたいへん遅くなりすみません。


13.残る虫終の栖の軒深し
〇軒が深いということは、、古いタイプの日本家屋でしょうか?作者はもう永年ここに住まわれていて、もう離れるおつもりもないのでしょう。宿を貸していた虫たちも、共に老いてゆき、秋も終わりました。軒深しに心の安らぎが感じられます。

14.一日は一世の縮図秋没日
〇スフィンクスの出した謎々ではないけれど、確かにそういう感じがありますね。お日様にしても、朝は若々しく、昼は働き盛り、夕日は色深く、最後の華やぎを放つ。入日を眺めながら、一日を振り返り、更には来し方のあれこれへと、思いは尽きることがありません。明日になれば、また新しい太陽に会えますけれどね。

19.人の道獣の道の時雨けり
〇俳句によくある表現とは思いますが、季語が効いているので惹かれました。人も獣もそれぞれの道を踏んで行く。行き泥むこともあるでしょう。時おり交差もするかもしれません。お互いを少しずつ気にしながら生きてゆくのですね。そこへ全てを隔てなく、時雨が通ってゆきます。寂しくもどこか明るさのある時雨の情感が、一句を優しく包んでいるように思いました。


以上、恐々謹言・・・・・でした(^^ゞ

投稿日:2018年11月25日 (日) 15時54分


[3284]作者発表 投稿者:まこと [RES] メール HOME
皆さん、こんにちは(^o^)

今日は祝日、抜けるような青空になりました。
関西へ旅行中の娘からも、いいお天気との情報が入りました。
各地の紅葉も、こういう青空をバックにすると、一層見栄えがするでしょうね。
今日はこれから、お留守番中の猫のお世話をしに、娘夫婦の家へ行かねばなりませぬ(^^;)


1.稲荷社の小さき鳥居や残る虫/うづら
2.残る虫耳傾けて眠りけり/春生
3.こころもち長き間のあり残る虫/甘
4.嶋々を湖に散らして残る虫/泥亀
5.草の花人に会ふまで歩きけり/春生
6.やすらぎのなかにさびしさ残る虫/ゆう
7.残る虫湖上の河童水浴びて/掃半
8.冬ざれや鴉三こゑを降らし去る/まこと
9.残る虫はなし途切るる夕べかな/うづら
10.人形の放置砂場に残る虫/泥亀
11.家族みなそれぞれの部屋に残る虫/ゆう
12.朝霧や静かに伏せる由布の里/遊凪
13.残る虫終の栖の軒深し/うづら
14.一日は一世の縮図秋没日/ゆう
15.秋空や煙は真直ぐ登りゆき/遊凪
16.駅前の時計の中に残る虫/泥亀
17.三つ目の乳歯の透き間七五三/甘
18.残る虫隣家へたどる道遠し/掃半
19.人の道獣の道の時雨けり/春生
20.こがらしに背をあづくる歩みかな/甘
21.残る虫別れのうたの短くて/まこと
22.残る虫免許返上ペダル漕ぐ/掃半
23.残る虫消えゆく日々の朝かな/遊凪
24.綿虫に誘はれ人を遠くせり/まこと

以上。

次回の兼題のお当番は掃半さんです。
お当番が回って来るのも、何だか早く思えますよね。
掃半さん、暮の慌ただしい時期ですが、よろしくお願いいたします。

うづらさんの手術は終わった頃でしょうか?
早くお戻りになれるといいですね。

投稿日:2018年11月23日 (金) 11時00分


[3283]選句・感想 投稿者:甘 [RES] メール HOME
まことさん、みなさん こんにちは。
孫娘や猫に移してはいけないので、今年は2年ぶりにインフルエンザ予防接種を受けてきました。

<選句・感想>

◯2.残る虫耳傾けて眠りけり
 冬の虫のか細い鳴き音を中七下五でうまく捉えられています。

◯12.朝霧や静かに伏せる由布の里
 ”伏せる”と表されたことで、由布岳の麓の里を訪れたころへフラッシュバックできました。。

◯13.残る虫終の栖の軒深し
 お家や庭やその周辺までも景が見えてきます。

◯22.残る虫免許返上ペダル漕ぐ
 冬の虫は夕方早くから鳴きますね。運転免許を返上されて自転車で夕食のお買い物のようです。
                   以上

投稿日:2018年11月21日 (水) 11時01分




Number
Pass




この掲示板をサポートする このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板