無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする



fessfessfest

fess!fess!fest!の掲示板ですよ

fess!fess!fest!に戻りますよ

名前
Eメール
題名
内容
URL
削除キー 項目の保存

[5325] 題名:Whole Lotta Loving、あたしもすき〜♪ 名前:ぐらぐら管理人 MAIL URL 投稿日:2017年07月15日 (土) 14時12分

>クロウフィッシュ・フィエスタ
餃子さん、ご指摘有り難う御座います!

そうです、『Crawfish Fiesta』のドラマーはジョニー・ヴィダコビッチが正解です〜
スモーキー・ジョンソンは、「Big Chief」のpart1&part2でお馴染みのウォッチ録音で叩いてます。

このような「つい、うっかり!」なミスをしてしまいがちなさるさんに朗報!
このアホみたいなサイト「fess!fess!fest!」は、こういう調べものにとっても重宝しますよ!\(^O^)/
このRefernceのコーナーなどは、各作品のページに飛べば、分かる範囲での演奏者名や録音年度などの情報が記載されている、ファン以外の人ならちょっと気味が悪いくらいの便利なページで、あたしも「あ。このドラム誰だったっけ?」とかって時に、ちょくちょく利用しています。
是非、ご活用下さいませ!
http://fessfess.sokushinbutsu.com/reference.html

(間違った情報があれば、是非ご指摘下さいませね!\(^O^)/)


クロウフィッシュ・フィエスタは本当に名盤で、どの曲も素晴らしいのですが、数年前に知った、この未発表リハーサル音源「River's Invitation」もフェスくんらしさが満載で、大好きです〜♪


また、更にこういう音源が発掘されることを切に願っております!


[5324] 題名:すみません 名前:フェスじいさんの孫のさる MAIL URL 投稿日:2017年07月15日 (土) 11時13分

また嘘を言ってしまいました。
これからはちゃんと調べてから書きます。


[5323] 題名:クロウフィッシュフェスタ 名前:餃子 MAIL URL 投稿日:2017年07月15日 (土) 08時48分

ドラムスはヴィたこさんのクレジットしかないです。
叩き方もヴィたこさんだと思います。


[5322] 題名:楽しかったです 名前:フェスじいさんの孫のさる MAIL URL 投稿日:2017年07月14日 (金) 15時34分

甲子園も良かったのですが、三宮良いところでした。
ディギンザバーというソウルファンク専門に音楽をかけているバーがあって、お客が私一人でマスターを独り占め。誰も知らないだろうな、風のいい曲をたくさん聞かせてもらえました。

ノリの話ですが、クローフィッシュフェスタに入ってるWhole Lotta Lovingが大好きです。
どうして私がこの曲にビビッと来たのか、私なりに分析すると、
他の楽器に対し、ハイハットを閉じるタイミングが絶妙で、相変わらずのフェスの無茶な指示にスモーキージョンソンさん(でしたっけ)は大変だったと思います。大好きです。


[5321] 題名:あああああああああ!! 名前:ぐらぐら管理人 MAIL URL 投稿日:2017年07月11日 (火) 10時42分

>ばっ!
わかりますーーー!!!
この「ばっ!」の瞬間から、バンド全体がおっきな塊になってグイグイ動き出すんですよね。
ここ、ほんとテンション上がります!

>フェスって、素晴らしいバンマスですよね
あたしも、ほんとにそう思います。
リハーサル風景とかレコーディング風景、一度観てみたいですね。
そんな映像、残ってないんだろうなあ。

>恋は桃色


この0"14のところですね!

>縁あって何度も入ったウルトラソニック・スタジオ
うふふ。
例のときですね。

>ロス・ガトスでバホ・セクスト弾き
サンタさん(?)でしたっけ?
いまだ、行方不明のままなんですね。
どうなったんだろう・・・

>西部講堂
その時って、西部講堂の中で演ってました?お外でした?
あたしがボガンボスを西部講堂で観たのは、その時1回だけだと思うので、野外ライブなら同じ時だったかもしれないですね。


[5320] 題名:In the night! 名前:フェスじいさんの孫のさる MAIL URL 投稿日:2017年07月10日 (月) 16時36分

この曲の、ドラムが入る1拍目が、爆発的に好きです。

デデドドデでど、デデどでん、

ばっ! 

...てけてん... てな感じです。(単なる口真似やん!)

フェスって、素晴らしいバンマスですよね。ああいう方なのでプロデュースのみとかアレンジのみの仕事なんて絶対!しなかったと思いますが、想像してみたいです。


坂本プロフェッサーがが細野さんの恋は桃色のバンド(ドラムは林立夫さん)が4拍目から入ってくるのが好き、と似たようなことを言ってましたね。私には甲乙つけがたいですが。


[5319] 題名:ボ・ガンボスといえば 名前:餃子 MAIL URL 投稿日:2017年07月10日 (月) 16時28分

89年に私が初めてジャズフェスで(日本から)ニュー・オーリンズに行った時、縁あって何度も入ったウルトラソニック・スタジオには彼らの遺品がいろいろ置いてありました。
確かインスタントラーメンとかやったような気がしますが、詳しくは覚えてません。
で、ジャズフェスの会場に初めて行った日、入り口でボ・ガンボスと一緒にやって来ていた人とばったり会ったのですが、その彼がそれから何年か経って、コンフントJの前身ロス・ガトスでバホ・セクスト弾きとしてサン・アントニオにやって来ました。
その彼、突然行方不明になって、今はどうしてらっしゃるのか。

初ニュー・オーリンズの後、一度西部講堂に行ったことがあるのですが、その時にどんとさん見たような記憶があります。
ボ・ガンボスだったのか、別のバンドだったのかも覚えてないので、グラちゃんたちと同じ時かどうかは分かりません。

>クラベス
下手〜(笑)。


[5318] 題名:Longhair's Blues Rhumba 名前:ぐらぐら管理人 MAIL URL 投稿日:2017年07月10日 (月) 13時14分

今日は朝から、車の中で連続7回フェスくんの「Hey Little Girl」が流れ続けて、大変ご機嫌でございます。
鬱陶しい季節ですが、皆さんもフェスを聴いてご陽気にまいりましょう!

先日、阿呆ほど聴き続けているアルバム『New Orleans Piano』をまた阿呆ほど聴いていましたところ、車の運転に支障が出るほど陽気になってしまいました。



いつものように、1曲目(インザナイト)から、そのぶっといグルーヴにくらくらし、ティピティーナのゴージャスなサウンドにうっとりし、Who's Been Fooling Youのアール・パーマーのドラムに腰が動き、サックスソロに入ったところでアクセルを踏む足がシンコペーションを刻むほどウキウキしてしまいました。
もちろん、その後はShe Walks Right Inのピアノの左手の頑強さに、全身の痙攣が止まらなくなります。
このへんまでは、聴く度に毎回経験する症状です。

でね、これだけずっと聴き続ける割に今回初めて気付いたんですけど、このLonghair's Blues Rhumbaのクラベス、最初2-3なのに途中から3-2にシレッと変わってるじゃないですか!


これ、誰が演奏してるのか分からないんだけど、たぶん途中で分かんなくなっちゃったんだろうな(笑)
で、それをOKテイクにしちゃうっていうのもなかなかですけど、これまでずっとこのアルバムを聴き続けてきたのに、今更気付いたってことは、別にどっちでもよかったってことなんでしょうね!


[5317] 題名:おお! 名前:ぐらぐら管理人 MAIL URL 投稿日:2017年07月10日 (月) 10時27分

このドラムも林さんなんですね!
それにしても、器用な人だなあ〜

>「おっちゃんのリズム」
めちゃめちゃタイプです!\(^O^)/


[5316] 題名:林立夫さん 名前:フェスじいさんの孫のさる MAIL URL 投稿日:2017年07月09日 (日) 23時08分

泰安洋行のドラマーは林立夫さん。すごいですねー。細野さんと探究した「おっちゃんのリズム」全面展開ですよ。




Number Pass




レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板