無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする



fessfessfest

fess!fess!fest!の掲示板ですよ

fess!fess!fest!に戻りますよ

名前
Eメール
題名
内容
URL
削除キー 項目の保存

[5331] 題名:大変反省致しております。。。 名前:ぐらぐら管理人 MAIL URL 投稿日:2017年07月18日 (火) 12時42分

昨日は海の日。
神戸・新開地のライブハウス、一番星食堂でスヌークスヘアーでライブでした。
足をお運び下さった皆様、ありがとうございました!!

「あたし今日全然お写真撮ってないわん」
と、最後のEL GASGASさんの途中で気付きまして、大急ぎで撮った、いつものポンコツPHS写真。

いつもファッショナブルなガスガスさん♪


一聴したところポップに聴こえる曲でもどこか狂気じみてダークな雰囲気をまとっていることが多い、ひとひねりある洒落たバンドさんなのですが、昨日はストレートにポップな印象でした。
新曲もいっぱいやってくれて、終始楽しかったです〜♪

midoliさんがMCで言ってた「いまもまだ、足に刺さったままの木屑」が気になって仕方ありません。


このmidoliさんの白いシャツ、デザインが凝ってて可愛かった!


で、スヌークスヘアーはといいますと・・・

まあ、あたくし事で申し訳ないのですが、最近こんな感じで使用する楽器が多く、やたらと荷物が重くなるので、、、


「電車で行くなら、極力荷物を軽くしなくては」と考えたあたくし。

使わない楽器は家においておこうとしたところ、必要な楽器まで家に置いてきてしまいました。。。


そんなわけで、1曲削ることになってしまいまして、大変申し訳ありませんでした!!
近くのカラオケ喫茶みたいなとこから、モンキータンバリンでも借りてくれば良かったかもな・・・

新開地の町を少しだけぶらぶらしてみましたが、昼間っから楽しげなところだね。
朝6時から立ち飲み屋が開いてるっていうのに、激しいカルチャーショックを受けました!素敵!\(^O^)/


[5330] 題名:明日です 名前:ぐらぐら管理人 MAIL URL 投稿日:2017年07月16日 (日) 12時07分

明日がライブですので、レスは後日あらためてということで、今日はライブ告知をさせていただきますね。



2017.7.17(月・祝)一番星食堂(神戸・新開地)
https://www.facebook.com/pages/%E4%B8%80%E7%95%AA%E6%98%9F%E9%A3%9F%E5%A0%82/155696344456180

スヌークスヘアー/Embrace/EL GASGAS

18:30 open,19:00 start
Charge 1500円(1drink付)

EL GASGASさんにお声掛けいただき、新開地の一番星食堂に出演させていただくことになりました。
初めてのお店なので、とっても楽しみ♪
新開地の駅からすぐなんだそうですよ。
宜しくお願い致します。


[5329] 題名:疑問に思って 名前:餃子 MAIL URL 投稿日:2017年07月16日 (日) 03時36分

The Last Mardi Gras って78年の録音なので、ドラムはヴィたこさんかなーと思い、グラちゃんの reference 見て見たら、クレジットない。
なのでググってみたら、discodog に記載がありました。

Bass – George Davis (2)
Congas – Alfred "Uganda" Roberts*
Drums – David Lee (2)
Executive-Producer – Kevin Eggers
Guitar – "Big Will" Harvey
Mastered By – George Piros
Mixed By – Cosimo V. Matassa
Producer, Liner Notes – Albert Goldman
Soprano Saxophone, Tenor Saxophone – Anthony Dagradi*
Tenor Saxophone – Andrew Kaslow*
Vocals, Piano – Professor Longhair

(5327)のメンバーとは結構違いますね。
87年のマルディ・グラは2月7日だったので、録音はその日かそれ以前だと思います、つまり78年始まってちょっと。
その頃はまだ、下の記事の抜粋の最後の方にあるように、ヴィたこさんと前のドラマーが入れ替わり立ち代わりしていた時期なのかな?

さるさん、私は不確かな事があると、検索します。
ネットの情報も間違ったことがしょっちゅう書いてあるので鵜呑みにはしませんが、参考にはなります。

ジョニー・ヴィダコヴィッチに関してはこの5月にやーっと本人の演奏を見ることができたのですが、その後クロウフィッシュフェスタを聴くとあら不思議、ドラムスがとってもよく聴こえました。
さるさんが書いてらした
>他の楽器に対し、ハイハットを閉じるタイミングが絶妙で
これは本当に、ヴィたこさんだなーと思いましたよ。


[5328] 題名:River's Invitation 名前:宇宙猿(フェスじいさんの...という長い名前改め) MAIL URL 投稿日:2017年07月16日 (日) 00時26分

River's Invitation、このボーナストラック聞きたかったのですが、出会えて幸いです。新境地ですかね?

なぜボーナストラック目当てに買わなかったかというと、このレコード、アナログ2種3枚持ってるので躊躇したのです。その1枚目、芯がずれてて内周側のピアノが気持ち悪い、2枚目、1枚目だけ運が悪かったと思い聞いてみたら同じ。3枚目は重量版でカットもやり直したのかなーと思い購入、未確認、です。

しかし皆さん、いろんなプレイヤーの癖とかわかっててすごいですね。
私なんか得意のYMO関連でも、教授のソロシングル「フロントライン」のドラムは教授自身だ!と思い込んでいて(正解は、高橋幸宏)。幸宏さんがわざと下手なふりして叩いたから間違えちゃった〜、なんて自分に言い訳をする始末です。

ここの板は、こういう中途半端者がゆるゆるしててもいいのかなー、」なんて甘えちゃってますけど。よく無知な小学生と博士のコンビで「はっはっは、それはじゃな」形式で進行する物知りシリーズあるじゃないですか?その小学生役が私、ということでどうでしょうか?


[5327] 題名:ヴィたこさんによるフェス君最後期のメンバー 名前:餃子 MAIL URL 投稿日:2017年07月15日 (土) 15時34分

以前んリンク貼った、ティピティーナの成り立ちの記事からの抜粋です。
だいたいクロウフィッシュフェスタと同じメンバーですね。
ギターにレベナックさんが入ってるのでレギュラーのギターは入ってないですが。
By the time '77 came around, I had taken a job with Fess steady, and pretty much the last two years of his life I was his drummer. We traveled all over, up to Canada, New England, New York, all over. We had three sax players, guitar, bass, drums and Fess. On sax we had Tony Dagradi, Andy Kaslow (he married Allison Miner, who managed Fess), and Jim Moore played baritone saxophone. Ronald Johnston played guitar. I played drums. Julius Farmer and then David Watson were on bass (both are dead now), and Alfred 'Uganda" Roberts played congas. In the beginning, there was turmoil with the other drummers. When the drummer he had split, I did the sub work, and then I said, 'I'll do it, I'll make this a priority." If anything it was fun and relaxed. I was the new kid on the block, so to me every gig I'd pick up on something else. " Johnny Vidacovich
ヴィたこさんは、彼がフェスの死ぬ前の2年間、レギュラーのドラマーだったと言ってますね。


[5326] 題名: 名前:改め宇宙猿 MAIL URL 投稿日:2017年07月15日 (土) 14時21分

さる@電車です。(運転士ではありません)

私もさっきアンソロジーのブックレットで正解にたどり着きました。
勉強不足です。なんて思ったの予備校時代以来です。

ははあ、あれがうわさのヴィだこさんなんだ、すごい人ですねえ。


[5325] 題名:Whole Lotta Loving、あたしもすき〜♪ 名前:ぐらぐら管理人 MAIL URL 投稿日:2017年07月15日 (土) 14時12分

>クロウフィッシュ・フィエスタ
餃子さん、ご指摘有り難う御座います!

そうです、『Crawfish Fiesta』のドラマーはジョニー・ヴィダコビッチが正解です〜
スモーキー・ジョンソンは、「Big Chief」のpart1&part2でお馴染みのウォッチ録音で叩いてます。

このような「つい、うっかり!」なミスをしてしまいがちなさるさんに朗報!
このアホみたいなサイト「fess!fess!fest!」は、こういう調べものにとっても重宝しますよ!\(^O^)/
このRefernceのコーナーなどは、各作品のページに飛べば、分かる範囲での演奏者名や録音年度などの情報が記載されている、ファン以外の人ならちょっと気味が悪いくらいの便利なページで、あたしも「あ。このドラム誰だったっけ?」とかって時に、ちょくちょく利用しています。
是非、ご活用下さいませ!
http://fessfess.sokushinbutsu.com/reference.html

(間違った情報があれば、是非ご指摘下さいませね!\(^O^)/)


クロウフィッシュ・フィエスタは本当に名盤で、どの曲も素晴らしいのですが、数年前に知った、この未発表リハーサル音源「River's Invitation」もフェスくんらしさが満載で、大好きです〜♪


また、更にこういう音源が発掘されることを切に願っております!


[5324] 題名:すみません 名前:フェスじいさんの孫のさる MAIL URL 投稿日:2017年07月15日 (土) 11時13分

また嘘を言ってしまいました。
これからはちゃんと調べてから書きます。


[5323] 題名:クロウフィッシュフェスタ 名前:餃子 MAIL URL 投稿日:2017年07月15日 (土) 08時48分

ドラムスはヴィたこさんのクレジットしかないです。
叩き方もヴィたこさんだと思います。


[5322] 題名:楽しかったです 名前:フェスじいさんの孫のさる MAIL URL 投稿日:2017年07月14日 (金) 15時34分

甲子園も良かったのですが、三宮良いところでした。
ディギンザバーというソウルファンク専門に音楽をかけているバーがあって、お客が私一人でマスターを独り占め。誰も知らないだろうな、風のいい曲をたくさん聞かせてもらえました。

ノリの話ですが、クローフィッシュフェスタに入ってるWhole Lotta Lovingが大好きです。
どうして私がこの曲にビビッと来たのか、私なりに分析すると、
他の楽器に対し、ハイハットを閉じるタイミングが絶妙で、相変わらずのフェスの無茶な指示にスモーキージョンソンさん(でしたっけ)は大変だったと思います。大好きです。




Number Pass




レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板