無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする



fessfessfest

fess!fess!fest!の掲示板ですよ

fess!fess!fest!に戻りますよ

名前
Eメール
題名
内容
URL
削除キー 項目の保存

[5971] 題名:FESS UPについての記事ですが 名前:ぐらぐら管理人 MAIL URL 投稿日:2018年10月31日 (水) 13時34分

ちょっと流し読みしただけでも、フェスくんファンなら嬉しくなるようなことが色々書いてある。
フェスの凄さを再認識できるよね。
生誕100年を機に、こうやってどんどんフェスくんの音楽に注目が集まればいいなあ。

https://64parishes.org/henry-roeland-byrd-fesses-up?fbclid=IwAR2dZ4C1OTj31w-hs0zctKTdgx1yL5n1PO5-PN3p1eBr3-bRYjX0PCv-tVs


[5970] 題名:toussaint 名前:ぐらぐら管理人 MAIL URL 投稿日:2018年10月30日 (火) 11時03分

調べてみました!
(今度は自分で、\(^O^)/)

「トゥーサン(Toussaint)は、フランス語圏の姓。「 万聖節」(tous saints:全ての聖人)を意味する。」

だそうです!
なるほど!
素敵な名字ですね〜


[5969] 題名:おお! 名前:ぐらぐら管理人 MAIL URL 投稿日:2018年10月30日 (火) 11時02分

ものぐさなあたくしのために、代わりにググっていただきありがとうございます!!

そうか、やっぱ関係あるんだ!

>11月の頭、カソリックの祭日に All Saints Day っちゅうのがあって、これは全世界で広く祝われているようなんですが、これが南部メキシコではあの派手な祭壇やお墓の飾り付けで有名な Dia De Los Muertos(死者の日)ですね。
これが日本でいう「お盆」(obon)ってことですよね。
死者が帰ってくる日ってことでいいのかな?
メキシコでも、南部での慣習なんですね。

>La Combe のLa Toussaints の様子
おお!これは、幻想的ですね〜
メキシコの死者の日と違って、おごそかな感じ。
でも、墓地だからかちょっと恐い気もしますね。
日本でいうと、精霊流しみたいな感じだな〜

>ハロウィンはなんで子供が仮装してお菓子を集めて回るようになったのか
トリックおあトリート。
なんなんでしょう、これ?
「ほーら、死者がお化けになって帰ってきたぞ〜お菓子くれないと恐い目に遭うぞ〜」っていう、冗談から始まったのかな?

日本では、ハロィン=仮装大会になってますもんね。
アレンジがひどいぞ、日本人(笑)!

ぜんぜん関係ないけれど、南ルイジアナの「La Toussaints」って、アラン・トゥーサンの「Toussaint」と同じスペルですね。
語源が同じだったりするのかな〜


[5968] 題名:北部って 名前:餃子 MAIL URL 投稿日:2018年10月30日 (火) 01時07分

>うちの義家族の先祖は北部出身が殆どなので、その習慣なしです。
北部って米国ではなくて「メキシコ北部」の事です。


[5967] 題名:ちょこっとググった 名前:餃子 MAIL URL 投稿日:2018年10月30日 (火) 00時59分

>ハロウィーンとメキシコの死者の日
関係あるようです。
と言うより、ハロウィンがちょっと異端児な感じです、めちゃくちゃ大雑把に言うと。

11月の頭、カソリックの祭日に All Saints Day っちゅうのがあって、これは全世界で広く祝われているようなんですが、これが南部メキシコではあの派手な祭壇やお墓の飾り付けで有名な Dia De Los Muertos(死者の日)ですね。

南ルイジアナでも La Toussaints として、家族のお墓を綺麗にして、灯をともすそうです。
https://youtu.be/dXgvuD8XNWc
これはポンチャートテレイン湖の北側、La Combe のLa Toussaints の様子。

死者の日はこの10年ほどで米国のメキシコ系の間でも盛り上がって来てますが、うちの義家族の先祖は北部出身が殆どなので、その習慣なしです。

ハロウィンはなんで子供が仮装してお菓子を集めて回るようになったのか、前に聞いたけど忘れた(笑)。
うちの子も小学校の頃はやってました、母ちゃん衣装作ったぞ!
けど中学の頃になると、皆もうやりたがりません。


[5966] 題名:スパニッシュの人 名前:宇宙猿 MAIL URL 投稿日:2018年10月29日 (月) 23時02分

ニューオーリンズっ子の英語の先生は、アフリカ系でもありますがスパニッシュ系でもあるそうで。ハロウィンの時期はスパニッシュの「obon」だそうです。同じ起源かどうかは定かではありませんが。(其処まで踏み込んだ英会話能力がないので)


[5965] 題名:ハロウィンって・・・ 名前:ぐらぐら管理人 MAIL URL 投稿日:2018年10月28日 (日) 16時17分

ハロウィーンとメキシコの死者の日って、時期が重なってるけど、全く無関係なのかしら?
ググって調べれば分かるんでしょうけど、めんどくさいからいーや\(^O^)/

エル・ハル・クロイの死者の日ジャパン・ツアー、近づいてきました〜
http://www.m-camp.net/ehk2018.html


大阪は今度の日曜日!

2018.11.4(日)大阪 do with cafe http://www.dowithcafe.sakura.ne.jp/index.html

Open:18:30/Start:19:00
予約\3,500 / 当日\4,000(+1ドリンク別途)

Live: EL HARU KUROI、Conjunto J、カオリーニョ藤原
DJs: TZ(EL TOPO)、Shin Miyata
Tacos: Cantina Rima
Shop: PAD、Barrio Gold Records

予約はこちらからできるようです〜
http://haremame.com/howto/

高知はもう予約終了らしいですので、他会場をご希望の方もお早めに!
お寺さんでやるのかな?面白そうだな、高知公演。

大阪の会場は前回と同じdo with cafe。
ドラァグクィーンのおねえさま方がいらっしゃる、怪しげなムードの面白いお店でした!
コンフントJとカオリーニョ藤原さんの演奏も楽しみ♪
DJのTZさんは、先月の仲村哲也さんのメキシカンパーティーで回してらっしゃった背の高いお兄さんですよね。
あの時のセレクトもすごく良かったです!
Shin Miyataさんは、あの映画の方ですよね?
どちらも楽しみです!
タコスも食べられるみたいだし、PADも出店するんだ!わーい!

顔、白塗りして行った方がいいのかな?


死者の日だから、フェスくんのお写真持っていったほうがいいのかしらん?

ちなみに、東京では今日こんなのやってるよ!
2018.10.28(日)【CREOLE ハロウィン STAND】
CREOLE COFFEE STAND(豊島区・東長崎) http://creole.sblo.jp/

18:00 - 24:00
CHARGE:700円(ハロウィンおつまみ付き)
DRINK:Cash on

18時からか、、、そろそろ準備してるのかしら。
え!24時までやってんの!?
長崎十字会商店街、すごいな。

「美味しいコーヒーをお安く気軽に」というコンセプト・・・
確かにすごく美味しいし、すごくお安いです。
店内には、ルイジアナ〜テキサス周辺のアナログレコードを特価販売しております・・・
確かに特価です。
ニューオリンズものも多数ございます〜

暇だから、近所ならあたしも行きたいところですが、遠いから無理です!
お近くのかたは、今からでも間に合いますので、ぶらっとどーぞ。


[5964] 題名:おもしろいでしょ! 名前:ぐらぐら管理人 MAIL URL 投稿日:2018年10月26日 (金) 16時32分

そうなんですよ、1ヶ月間も怪奇現象に襲われてるわりに、平太郎が飄々としてて笑えるんですよね〜
個人的には15日目だったかな?家中がねばねばするのは、ちょっとヤですね(笑)。

こんな本もあるので、また機会があれば読んでみようと思います。



>27日目にはクラーベス、ちゃう、すりこぎ棒も出てきますね。
拍子木ですね。
妖怪さんのリズム感が問われます!


[5963] 題名:面白い! 名前:餃子 MAIL URL 投稿日:2018年10月24日 (水) 13時22分

平太郎さんと妖怪の愉快な30日!
いや、この説明と突っ込み書いてる人が面白いんだ。
27日目にはクラーベス、ちゃう、すりこぎ棒も出てきますね。
下手なすりこぎ棒だと怖くはないけど、とっても



と思います。


[5962] 題名:スキヤッキーモ? 名前:ぐらぐら管理人 MAIL URL 投稿日:2018年10月24日 (水) 11時35分

ひぃっっ!マッドメン、冒頭からなかなかの衝撃的な展開ですね!
お父さんを始末しちゃうんですか!



これは、、、なんか気になる!
買うか?それとも漫喫か?

マッドメンの諸星大二郎さんも「妖怪ハンター」という、ちょっと恐そうな人気作品があるそうですが、図書館を愛するあたくしは先日、こんな本を借りてきました。

ゆる妖怪カタログ  妖怪文化研究会 (著)


ハーンの「怪談」にも、妖怪出てきましたしね。
日本って、いろんな妖怪がいるんですねえ。
その中でも、はっきりいって全然恐くない「ゆるい」妖怪ばかり紹介するこの本、なぜだかほっこり癒されますの。

さかさま幽霊・・・


後頭部にも口がある・・・ちょっと恐い


どうも、女性モチーフの妖怪がインパクト強い気がします。


めちゃめちゃ笑てるし。


化け猫にいたっては、どう見ても可愛い・・・


と思ったら、左の人がのけぞるほどデカかった!


個人的に気に入ったのはこの山地乳(やまちち)
猿がチューしているようにしか見えませんが、人の寝息を吸って命を奪うのだそうです。


似たタイプの妖怪、黒坊主は夜中に女・子供の口を舐めに来るらしいんですが、こっちは特に被害はないけど異常に生臭いらしい・・・いやだ・・・

中でも一番興味深かったのが、この広島の実録怪談「稲生物怪録」
「いのうもののけろく」と読みます。


30日間、怪奇現象に見舞われ続けた広島の藩士、稲生平太郎さんのお話・・・っていうか、実録なのだそうですけれども、、、

毎日、結構な目に遭い続けます。


そんな目に遭いながらも、平太郎は常に冷静。


てか、この本の内容、こんなに勝手に紹介しちゃって怒られないかな・・・


29日目に至っては、「今日の怪異の趣向はなんだろう」って、ユルいこと言ってます。


調べてみたら、このページに30日間の記録がありました〜
http://youkaiwikizukan.hatenablog.com/entry/2013/07/29/145436

妖怪も色々だね!




Number
Pass




レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板