無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

fessfessfest

fess!fess!fest!の掲示板ですよ

fess!fess!fest!に戻りますよ

名前
Eメール
題名
内容
URL
削除キー 項目の保存

[5674] 題名:理系本 名前:宇宙猿 MAIL URL 投稿日:2018年03月15日 (木) 23時08分

「偶然と必然」ジャック・モノー

今はGxxgle社員になっている元後輩に勧められて、借りて読んだのにわざわざ自分で買い直した、という思い出深き本です。
自己複製するという点で、結晶と生物には境界はない、という衝撃の書き出し。デオキシリボ核酸から様々なタンパク質が組み立てられていく、という精緻。

是非ご一読を。

続けて、私のドクタージョン愛がこの場で炸裂していなかったことの反省を込めて。

フェス、ドクター、ミーターズ、が私のニューオーリンズ趣味の3本柱です。特にフェスの弟子として、アラントゥーサン、ヒューイスミスを抑えてのトップです。ピアノに転向してからも転がり心地が素晴らしいのですが、初期のフードゥー3部作も最近やっとわかるようになり、こちらも捨てがたい。そういえばこの人白人だっけ?なんてよく思ったものですが。

一旦ここまでにします。
フェス掲示板で弟子を褒めても、大丈夫ですよね?

もいっこだけ。フェス以前の、いわゆるニューオーリンズスタイルのピアニストでは、チャンピオン・ジャック・デュプリーとか、ジェリー・ロール・モートンとかどうでしょうか?


[5673] 題名:既にそういうミュージシャンがいるかもしれませんが? 名前:とさかっちゃん MAIL URL 投稿日:2018年03月15日 (木) 00時44分

>こう見えて(てか、どう見えてるんだろ?笑)、若い頃はリケジョだったので、物理学は大好きです〜\(^O^)/

うちの近所の県立図書館にはあったのでぜひぜひ!
生物も無生物も情報も、万物全てのデザインがなぜそうなってしまうのか納得できる本です。

図書館にはなさそうですが「この世界の片隅に」が、映画も原作漫画もここ最近みた中で一番衝撃的な作品でした。
キャラもストーリーも良くて、時代考証が超マニアック!



>すみません、否定したのはあたしなんですが、そう思わない人もいるだろうし、まさかそんなことでニューオリンズ音楽に対する興味を妨げることになろうとは思いもよりませんでした〜(涙)!

もし違っていたらすみませんが、スペンスさんの件以外でも、ドクター・ジョンの扱いが世間一般での評価よりも低いイメージがここにあります(^^;



>フェスを聴かないと、話しになりません!

ジョセフ・スペンスのギターがピアノっぽいと良く言われていて私もそう思うのですが、ギターで真似して弾いてみたら合いそうなニューオリンズピアノの曲を教えて下さい!
あまり詳しくないジャンルですが、ラグタイムではピアノをそのままギターに置き換えて出来上がったようなスタイルのミュージシャンが色々いたはずです。


[5672] 題名:個人的なことですが 名前:宇宙猿 MAIL URL 投稿日:2018年03月14日 (水) 22時52分

今夜は勤務先の先輩のお通夜でした。

待ち時間、故人と私の共通の話題の人、大瀧詠一をずっと聴いてました。
強引ですが、彼もニューオーリンズ音楽にハマった一人。なんたって、あの細野晴臣にニューオーリンズ音楽を植えつけたのが彼。
ていうわけで、彼もアニーKドーとか、せっせとカバーしています。

涙腺決壊寸前で意を決して、最後の最後にお顔を拝見したら、「あっ寝てる」と思ってしまい、なんだかホッとして帰って来ました。

セカンドライン、後でこっそり、一人でやろうと思います。一人じゃラインじゃなくてドットですね。

ジョセフスペンスの件、不用意な引用で誤解を招いてしまい、すみませんでした。でも...ドクターも聞いてみてくださいね!是非!


[5671] 題名:ニューオリンズ音楽は絶対聴くべき! 名前:ぐらぐら管理人 MAIL URL 投稿日:2018年03月14日 (水) 15時51分

>「流れとかたち ― 万物のデザインを決める新たな物理法則」
お。面白そう!

>タイトルに物理法則とありますが、決して理系向けの難しい本ではありません。
こう見えて(てか、どう見えてるんだろ?笑)、若い頃はリケジョだったので、物理学は大好きです〜\(^O^)/
図書館で探してみます!

関係ないけど、ホーキングさん亡くなられたんですね・・・
まだまだ、研究を続けてほしかったです。
心よりご冥福をお祈りいたします。

>シンコペーション含めてニューオリンズとバハマのリズムに共通点はどれぐらいあるのでしょうか?
正直なところ、あたしはニューオリンズ音楽はそこそこ聴いてきた方だと思いますが、バハマ音楽に関してはジョセフ・スペンスとその周辺くらいしか聴いてないんです。
なので、共通点がどのくらいあるのか?という質問には答えられません。
ごめんなさい!

ただ、ジョセフ・スペンスはめちゃめちゃシンコペしてますよね。
さすがに、そこだけを切り取って「プロフェッサー・ロングヘアとジョセフ・スペンスのリズムが似ている」っていうのは強引過ぎるし、いくらドクタージョンでもそういう意味で言ってるわけじゃないと思うんですよね〜
てか、そもそも、ドクタージョンは正確には何て書いてたんだっけな・・・
また、本を出してきてチェックしてみますね!

>前にちょっと興味を持ちかけたドクター・ジョンですが、この掲示板で「プロフェッサー・ロングヘアとジョセフ・スペンスのリズムが似ている説」が否定されたこともあって、今だにきちんと聞かずじまいです。。。
すみません、否定したのはあたしなんですが、そう思わない人もいるだろうし、まさかそんなことでニューオリンズ音楽に対する興味を妨げることになろうとは思いもよりませんでした〜(涙)!
ジョセフ・スペンスと似ているかどうかという点だけで聴くとなると、どのように思われるかは分かりませんが、ニューオリンズ音楽は本当に楽しくてファンキーで素晴らしい音楽なので是非聴いていただきたいです!
このHPは、そのためにやっています。

でも、その時は是非ドクタージョンではなく、フェスくんを聴いて下さいね!\(^O^)/
フェスを聴かないと、話しになりません!
フェスは、ニューオリンズ音楽にカリビアンやラテンのリズムを取り入れた人です。
きっと、とさかっちゃんも楽しめると思いますよ〜♪

>ぶっちゃけ、ドラえもんを切っ掛けにアジアを中心とした世界進出を目論んでいるはずですし、曲のタイトルからして映画が終わった後も毎週テレビでオンエアされ続ける流れを本気で狙っている気がします。
あ、そうか!
これって、映画のテーマ曲なんですね。

>他の色んな仕事でお世話になっている山下達郎と細野晴臣のファンはシングルCD買ってくれる率が高そうなので、まずはそっち方面を持ち上げてプッシュするというプロモーションの目の付け所がさすがです。
「持ち上げて」って(笑)
そんな、レコード会社の営業目線で(笑)!

>J-POPに興味ない純粋なニューオリンズ音楽ファンや中村八大ファンにアピールしてもあまり売上に結びつかなさそうですしwww
まあ、そうですよね〜(笑)
でも売り上げには結びつかなくても、興味を持って聴いてくれる可能性はありますよね。
あたしも、とさかっちゃんに教えていただかなかったら聴いてないと思うし、仮に聴いたとしてもまさかこれがセカンドラインにインスパイアされたとは気付くこともなかったと思います!


[5670] 題名:一流のマーケティング 名前:とさかっちゃん MAIL URL 投稿日:2018年03月13日 (火) 21時39分

>いやーん、なんで下巻まで読まなかったんですかあ〜

上巻がやたら安く古本で売ってたので買いましたが、なんだかんだで途中で読む機会を失い。。。って感じです。
近い内に読み直します!

もし図書館にあれば「流れとかたち ― 万物のデザインを決める新たな物理法則」がオススメです。
タイトルに物理法則とありますが、決して理系向けの難しい本ではありません。目から鱗の一冊!


>日本でも、あらゆる時代に色んな人がニューオリンズのリズムを取り入れてるわけですけれども、そこで重要なポイントはやはりシンコペーションだと思うんです。
>そこをクリアしないと、あのノリは出せないし、ニューオリンズのリズムのようにも聴こえないんですよね〜

シンコペーション含めてニューオリンズとバハマのリズムに共通点はどれぐらいあるのでしょうか?

前にちょっと興味を持ちかけたドクター・ジョンですが、この掲示板で「プロフェッサー・ロングヘアとジョセフ・スペンスのリズムが似ている説」が否定されたこともあって、今だにきちんと聞かずじまいです。。。


>日本のアニメや漫画の世界的な人気を考えれば、日本人ミュージシャンよりもドラえもんの方が浸透力が高そうな気がします!

ぶっちゃけ、ドラえもんを切っ掛けにアジアを中心とした世界進出を目論んでいるはずですし、曲のタイトルからして映画が終わった後も毎週テレビでオンエアされ続ける流れを本気で狙っている気がします。

中村八大に関しては故人ということもあって急いで名前を出して気をつかう必要もないですし、他の色んな仕事でお世話になっている山下達郎と細野晴臣のファンはシングルCD買ってくれる率が高そうなので、まずはそっち方面を持ち上げてプッシュするというプロモーションの目の付け所がさすがです。

J-POPに興味ない純粋なニューオリンズ音楽ファンや中村八大ファンにアピールしてもあまり売上に結びつかなさそうですしwww


[5669] 題名:上巻だけ・・・(笑) 名前:ぐらぐら管理人 MAIL URL 投稿日:2018年03月13日 (火) 13時33分

>「銃・病原菌・鉄」は上巻だけ持ってます
いやーん、なんで下巻まで読まなかったんですかあ〜
あたし、まだ上巻の途中で興味深く読んでますが、とさかっちゃんが上巻しか読んでないってことは、「もしかして、後半つまらない?」なんて、想像しちゃうじゃないですか(笑)!
まあ、あたしは図書館で上下合わせて借りてきて読んでるので、「つまらんな」って思えば返しに行けばいいだけなんですけどね。

>いつか「笑点のテーマ」が里帰り?して、ニューオーリンズの誰かのセカンドラインで演奏されませんかね。
「Theme of SHOTEN」!\(^O^)/

日本でも、あらゆる時代に色んな人がニューオリンズのリズムを取り入れてるわけですけれども、そこで重要なポイントはやはりシンコペーションだと思うんです。
そこをクリアしないと、あのノリは出せないし、ニューオリンズのリズムのようにも聴こえないんですよね〜

>ドラえもんってアジア圏だと凄い知名度で、デザインが怪しい微妙なぬいぐるみ等が売られまくっているイメージですが、ニューオーリンズでの知名度が気になります。
それ、気になりますね!
日本のアニメや漫画の世界的な人気を考えれば、日本人ミュージシャンよりもドラえもんの方が浸透力が高そうな気がします!
その点、星野さんは目の付け所が良い!


[5668] 題名:ニューオーリンズの誰か 名前:とさかっちゃん MAIL URL 投稿日:2018年03月12日 (月) 00時17分

ニューオーリンズに住んでいる落語マニアの人とかいたら、いつか笑点が演奏されるかもしれませんね!

ドラえもんってアジア圏だと凄い知名度で、デザインが怪しい微妙なぬいぐるみ等が売られまくっているイメージですが、ニューオーリンズでの知名度が気になります。


星野源『ドラえもん』の歌詞で、100人に1人ぐらいの率で分かる人にしか分からない感じで「台風のフー子」エピソードを引用して、更にそこにカトリーナ被害への思いを重ねる解釈ができるように作詞してあるのが脱帽です。
https://www.youtube.com/watch?v=W_LyrVji4UQ
一聴した感じでは、キャッチーでバカっぽくも聴こえるサビに、笑点だかセカンドラインだか分からない安易なイントロを取って付けた曲ですが、すぐに耳から離れなくなり実は色々深読みできる作りになっているのがさすがです。


[5667] 題名:見てみたい 名前:宇宙猿 MAIL URL 投稿日:2018年03月11日 (日) 22時07分

いつか「笑点のテーマ」が里帰り?して、ニューオーリンズの誰かのセカンドラインで演奏されませんかね。


[5666] 題名:「銃・病原菌・鉄」は上巻だけ持ってます 名前:とさかっちゃん MAIL URL 投稿日:2018年03月11日 (日) 21時06分

>その指南役として、星野さんのような方がいらっしゃるって感じですね。

細野さんがやってきたことを、自分なりにそのまま次世代に受け継いでいこうという強い意志が感じられますね!


>あたしも完全にミスリードされてます(笑)!\(^O^)/

マニアック解説ブログの人も完全にミスリードされてますよね!
私もつい最近そこに気づいて、星野源に完全に一本とられた!って思いました。笑
中村八大という、細野晴臣や山下達郎よりも大御所のビッグネームは敢えて出さずに「笑点のテーマ」とだけ言って、すっとぼけていた方が色々解釈の幅が拡がって盛り上がるのは間違いないですし、そのうち中村八大の凄さについて語りだす準備ができてるのは間違いなさそうです。


私はどちらかというとゴンチチチルドレンというかチチチルドレンの流れからバハマ音楽にハマったので、セカンドラインのリズムもゴンチチの「アンダーソンの庭」という曲の奏法解説のVHSビデオで20年以上前に知りましたが、星野源のおかげで今やっと「笑点のテーマ」の本当の凄さに気づけました。ぶっちゃけ、細野晴臣と山下達郎がセカンドラインを取り入れた曲って知らない人の方が多いですが、「笑点のテーマ」は日本人なら誰でも一度は聴いたことがあって、空気のように浸透しきっています。


[5665] 題名:マッティくん! 名前:ぐらぐら管理人 MAIL URL 投稿日:2018年03月11日 (日) 15時24分

か、かわいいー!

>実は今、酔っ払いなんです
あたしもよくあります、酔っぱらってコメントして、翌日「ぎょっ」とすること(笑)

>昔好きだったボガンボスは今聞くとその辺ちょっと生煮えだったような。むしろローザの玉木さんにそのエッセンスを感じる皮肉。若かったんですよね。
あら、懐かしい、ローザ!
あたしはボ・ガンボスはよく聴いてましたが、ローザはそれほど聴いてないんです。
そうなのか〜玉城さんにね〜

>前衛現代詩のような文章ですみませんでした。
いえいえ(笑)!面白いです!
炭酸水、生煮え、魚の缶詰、オクラ・・・
案外、音楽の例えとして食べ物や料理を出した方が、ニュアンスとして伝わりやすいような気がしますね〜

>今読んでるのは日本人の起源を骨人類学から検証する新書
あら、それも面白そう!
あたしも、全然フェス本が進まず、今読んでるのは「銃・病原菌・鉄」っていう、進化生物学や文化人類学等で世界各国発展の地域差を生んだ正体に迫る・・・って感じの本です。
やってることが、ちょっと猿さんと近くてwwwびっくり

>大切なことは敢えて言わずに伝える。
ほんと、教えていただいたブログでの考察を読んでみると、最近のリスナーさんは謎解き感覚で音楽を掘り下げていってるんだなあ〜って驚きです。
その指南役として、星野さんのような方がいらっしゃるって感じですね。

>皆ミスリードされてますが「笑点のテーマ」そのものに既にニューオーリンズがハイブリッド済み
あたしも完全にミスリードされてます(笑)!\(^O^)/

>耳が聴こえない人でも楽しめるライブが理想と思っています。
えーーー!!
いや、これはちょっと、難し過ぎやしませんか?
もはや、音楽ライブじゃなくなってるような・・・
せめて、「目が見えない人でも楽しめる」ライブの方で許して下さい(笑)!




Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板