無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする



fessfessfest

fess!fess!fest!の掲示板ですよ

fess!fess!fest!に戻りますよ

名前
Eメール
題名
内容
URL
削除キー 項目の保存

[5335] 題名:幸宏さんのドラム 名前:宇宙猿 MAIL URL 投稿日:2017年07月19日 (水) 22時39分

幸宏さんにドラムを叩かせないなんて、贅沢な催しですよね!
教授なんて、アホアホマンの格好までして、ピアニカ吹いてたのに。(関係ないですかね...)

あ、私はラブボード持たされて、確か戦前カントリーブルースを演奏しましたです。ザディコのイメージしかなかったので、ジャグバンド用のラブボードは使いこなせませんでしたが、新郎は満足していたようです。
この新郎、私の音楽のグルでして、バックウィートザディコもドクタージョンも彼の紹介です。ボガンボスはダメ出しされましたけど。

ちなみに新婦は、習ったことのないピアノを、これも新郎の無茶振りで弾いてました。楽しかったです。


[5334] 題名:行ってきたよん♪ 名前:ぐらぐら管理人 MAIL URL 投稿日:2017年07月19日 (水) 14時07分

というわけでして、昨日はビルボードにこんなの観に行ってきました〜


あたくし、300ポイント貯まっていたので入場料タダでしたの!うふふ!

こんなメンバーでした〜


ビルボードに到着したのが開場時間を過ぎていて、正面のお席がすべて埋まってしまっていたので、沼澤側のドラムがガッツリ見えるサイドのソファー席で鑑賞することに。

これがね、思いのほか良い場所だったんですよ〜
これ、終演後にそのお席から撮ったお写真ね。


完全にステージ真横なんですけど、音のバランスも悪くなかったし、沼澤さんのドラムセットのすべての打面が見えるという、ドラムス好きからするとある意味特等席♪
沼澤さんのドラミングをしっかり堪能させていただきました。

あたし今回は林立夫さんを楽しみにしてたんですけど、このお席からは林さんの譜面立てが邪魔で叩いてるとこがほとんど見えなかったんですよね〜残念!!

選曲は、すべて60年代の英米ロック・ミュージックのカバー。
あたくし、そのへんな大変疎いのでよく分かりませんでしたが、棟梁はドンピシャな感じだったみたいです。
なにより、タダっていいよね!タダって!\(^O^)/


[5333] 題名:では! 名前:ぐらぐら管理人 MAIL URL 投稿日:2017年07月19日 (水) 13時48分

たまっているレスを順番に!

>『The Last Mardi Gras』クレジット
あ!ほんとだ!
fessfessのところには書いてないですね〜失礼しました!!
この参加メンバーは、『The Last Mardi Gras』の裏ジャケットのところに記載されています。
(CDのジャケットなので、すんごいちっちゃい字になってて読めない・・・)
また、時間ある時に情報を追加しておきますね。

>87年のマルディ・グラは2月7日だったので、録音はその日かそれ以前だと思います
録音日は1978年の2月3日と4日です。
これも、アルバムの裏ジャケに書いてます。

>ここの板は、こういう中途半端者がゆるゆるしててもいいのかなー、」なんて
はい!もー全然だいじょーぶです!
あたしもいつもテキトーですし、変なこと書いてもきっと誰かが訂正してくれますんで(笑)

>新郎から弾いたこともないラブボードとかが2週間前に送られて来て
いったい、どんな状況なんですか(笑)!
結婚式でザディコでも演奏したんですか?
そういうあたしも、お友達のザディコ・バンドに初めてトラで入った時は本番の30分前に「はい、よろしく」とラブボードを手渡されたんですけどね。

>ラブボード、奥が深いですよね
はい、本当に。

>ディッギンズバー
気になるお店ですね〜神戸に行った時、チェックしてみよう!!

あ。そうそう!(改名)宇宙猿さん!
昨日、林立夫さん観てきました〜
そのうえ、高橋幸宏さんもゲストで参加してらっしゃいましたよ〜


[5332] 題名:演奏 名前:宇宙猿 MAIL URL 投稿日:2017年07月18日 (火) 23時03分

お疲れ様でした!

私の最後の演奏は2004年友人の結婚パーティでした。新郎から弾いたこともないラブボードとかが2週間前に送られて来て、突貫工事で仕立てました。まあ、なんとかなったのかな。
対バンは、全国大会でトップ取るような南米音楽サークル。いやあ、立場なさすぎて、かえって開き直って演奏を満喫しました。
ラブボード、奥が深いですよね。

甲子園逆転勝ちで盛り上がった後の三宮の夜は、ディッギンズバーというお店。客一人でマスター独り占め。野球とファンクの話で盛り上がりました。

以上、例によってフェスに関係ない話題でごめんなさい。

BGM:ラジオスネークマンショーvol.01でした。


[5331] 題名:大変反省致しております。。。 名前:ぐらぐら管理人 MAIL URL 投稿日:2017年07月18日 (火) 12時42分

昨日は海の日。
神戸・新開地のライブハウス、一番星食堂でスヌークスヘアーでライブでした。
足をお運び下さった皆様、ありがとうございました!!

「あたし今日全然お写真撮ってないわん」
と、最後のEL GASGASさんの途中で気付きまして、大急ぎで撮った、いつものポンコツPHS写真。

いつもファッショナブルなガスガスさん♪


一聴したところポップに聴こえる曲でもどこか狂気じみてダークな雰囲気をまとっていることが多い、ひとひねりある洒落たバンドさんなのですが、昨日はストレートにポップな印象でした。
新曲もいっぱいやってくれて、終始楽しかったです〜♪

midoliさんがMCで言ってた「いまもまだ、足に刺さったままの木屑」が気になって仕方ありません。


このmidoliさんの白いシャツ、デザインが凝ってて可愛かった!


で、スヌークスヘアーはといいますと・・・

まあ、あたくし事で申し訳ないのですが、最近こんな感じで使用する楽器が多く、やたらと荷物が重くなるので、、、


「電車で行くなら、極力荷物を軽くしなくては」と考えたあたくし。

使わない楽器は家においておこうとしたところ、必要な楽器まで家に置いてきてしまいました。。。


そんなわけで、1曲削ることになってしまいまして、大変申し訳ありませんでした!!
近くのカラオケ喫茶みたいなとこから、モンキータンバリンでも借りてくれば良かったかもな・・・

新開地の町を少しだけぶらぶらしてみましたが、昼間っから楽しげなところだね。
朝6時から立ち飲み屋が開いてるっていうのに、激しいカルチャーショックを受けました!素敵!\(^O^)/


[5330] 題名:明日です 名前:ぐらぐら管理人 MAIL URL 投稿日:2017年07月16日 (日) 12時07分

明日がライブですので、レスは後日あらためてということで、今日はライブ告知をさせていただきますね。



2017.7.17(月・祝)一番星食堂(神戸・新開地)
https://www.facebook.com/pages/%E4%B8%80%E7%95%AA%E6%98%9F%E9%A3%9F%E5%A0%82/155696344456180

スヌークスヘアー/Embrace/EL GASGAS

18:30 open,19:00 start
Charge 1500円(1drink付)

EL GASGASさんにお声掛けいただき、新開地の一番星食堂に出演させていただくことになりました。
初めてのお店なので、とっても楽しみ♪
新開地の駅からすぐなんだそうですよ。
宜しくお願い致します。


[5329] 題名:疑問に思って 名前:餃子 MAIL URL 投稿日:2017年07月16日 (日) 03時36分

The Last Mardi Gras って78年の録音なので、ドラムはヴィたこさんかなーと思い、グラちゃんの reference 見て見たら、クレジットない。
なのでググってみたら、discodog に記載がありました。

Bass – George Davis (2)
Congas – Alfred "Uganda" Roberts*
Drums – David Lee (2)
Executive-Producer – Kevin Eggers
Guitar – "Big Will" Harvey
Mastered By – George Piros
Mixed By – Cosimo V. Matassa
Producer, Liner Notes – Albert Goldman
Soprano Saxophone, Tenor Saxophone – Anthony Dagradi*
Tenor Saxophone – Andrew Kaslow*
Vocals, Piano – Professor Longhair

(5327)のメンバーとは結構違いますね。
87年のマルディ・グラは2月7日だったので、録音はその日かそれ以前だと思います、つまり78年始まってちょっと。
その頃はまだ、下の記事の抜粋の最後の方にあるように、ヴィたこさんと前のドラマーが入れ替わり立ち代わりしていた時期なのかな?

さるさん、私は不確かな事があると、検索します。
ネットの情報も間違ったことがしょっちゅう書いてあるので鵜呑みにはしませんが、参考にはなります。

ジョニー・ヴィダコヴィッチに関してはこの5月にやーっと本人の演奏を見ることができたのですが、その後クロウフィッシュフェスタを聴くとあら不思議、ドラムスがとってもよく聴こえました。
さるさんが書いてらした
>他の楽器に対し、ハイハットを閉じるタイミングが絶妙で
これは本当に、ヴィたこさんだなーと思いましたよ。


[5328] 題名:River's Invitation 名前:宇宙猿(フェスじいさんの...という長い名前改め) MAIL URL 投稿日:2017年07月16日 (日) 00時26分

River's Invitation、このボーナストラック聞きたかったのですが、出会えて幸いです。新境地ですかね?

なぜボーナストラック目当てに買わなかったかというと、このレコード、アナログ2種3枚持ってるので躊躇したのです。その1枚目、芯がずれてて内周側のピアノが気持ち悪い、2枚目、1枚目だけ運が悪かったと思い聞いてみたら同じ。3枚目は重量版でカットもやり直したのかなーと思い購入、未確認、です。

しかし皆さん、いろんなプレイヤーの癖とかわかっててすごいですね。
私なんか得意のYMO関連でも、教授のソロシングル「フロントライン」のドラムは教授自身だ!と思い込んでいて(正解は、高橋幸宏)。幸宏さんがわざと下手なふりして叩いたから間違えちゃった〜、なんて自分に言い訳をする始末です。

ここの板は、こういう中途半端者がゆるゆるしててもいいのかなー、」なんて甘えちゃってますけど。よく無知な小学生と博士のコンビで「はっはっは、それはじゃな」形式で進行する物知りシリーズあるじゃないですか?その小学生役が私、ということでどうでしょうか?


[5327] 題名:ヴィたこさんによるフェス君最後期のメンバー 名前:餃子 MAIL URL 投稿日:2017年07月15日 (土) 15時34分

以前んリンク貼った、ティピティーナの成り立ちの記事からの抜粋です。
だいたいクロウフィッシュフェスタと同じメンバーですね。
ギターにレベナックさんが入ってるのでレギュラーのギターは入ってないですが。
By the time '77 came around, I had taken a job with Fess steady, and pretty much the last two years of his life I was his drummer. We traveled all over, up to Canada, New England, New York, all over. We had three sax players, guitar, bass, drums and Fess. On sax we had Tony Dagradi, Andy Kaslow (he married Allison Miner, who managed Fess), and Jim Moore played baritone saxophone. Ronald Johnston played guitar. I played drums. Julius Farmer and then David Watson were on bass (both are dead now), and Alfred 'Uganda" Roberts played congas. In the beginning, there was turmoil with the other drummers. When the drummer he had split, I did the sub work, and then I said, 'I'll do it, I'll make this a priority." If anything it was fun and relaxed. I was the new kid on the block, so to me every gig I'd pick up on something else. " Johnny Vidacovich
ヴィたこさんは、彼がフェスの死ぬ前の2年間、レギュラーのドラマーだったと言ってますね。


[5326] 題名: 名前:改め宇宙猿 MAIL URL 投稿日:2017年07月15日 (土) 14時21分

さる@電車です。(運転士ではありません)

私もさっきアンソロジーのブックレットで正解にたどり着きました。
勉強不足です。なんて思ったの予備校時代以来です。

ははあ、あれがうわさのヴィだこさんなんだ、すごい人ですねえ。




Number Pass




レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板