無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

Q&Aと体感メモと生活を守る掲示板

地震や遊コンに関する質問と答え。生活を守る情報。
ユーコン作成、ユーコン観察、ユーコン検証、体感メモ、地震の質問、自然災害、
一言宏観、防災、経済危機、インフルエンザ、ナマジー君、磁石落下監視装置の12項目です。
投稿時に必ず分類項目をお選びください。
なお、管理人が不適切に感じた投稿や観覧される方が不快に感じると
思われる投稿は即削除させていただきますのでご注意くださいね。

携帯用の本掲示板アドレス
兄弟掲示板「地震に備えるための掲示板」「空の掲示板」
「環境自然などなんでも掲示板」
「感じよう!地球の鼓動」

管理人

ホームページへ戻る

1746954

投稿フォーム
名前:
メール:
タイトル:
本文:
画像:




URL:
削除キー: 項目の保存:

このレスは下記の投稿への返信になります。内容が異なる場合はブラウザのバックにて戻ってください。
記事
[7326] 東日本大震災の計算例2 アーモンド@岐阜 11/23(月) 06:58
  ■2章−1■
東日本大震災のアスペクト検証

始源(n)、地震発生時(t)、コンバースの地震発生時(−t)と、ここまで計算して来たプログレス・チャートを、ホロスコープ作成ソフトで作成します。次に、各グループ毎の太陽と天王星+アルファ、太陽と冥王星+アルファのハード・アスペクト(0度、90度、180度、オーブ1度)をピック・アップします。

先に進む前に、ここまでの要点、注意点をいくつか整理し直します。
1)太陽―天王星に対するハード・アスペクトに、火星、土星、海王星などが同時にハード・アスペクトすると、つまり、多重アスペクトすると、大マグニチュード地震になる可能性が現れる。
2)このような多重アスペクトが、複数のチャートに同時多発すればするほど、マグニチュードが増大する。
3)とくに、火星か土星の0度、180度がそれらの多重アスペクトに加わると、大震度地震、被害地震になる。
4)太陽―天王星による地震は、主に断層由来の地震であることを表し、太陽―冥王星による地震は、主にプレートかマグマ活動由来の地震であることを表す。
5)また、太陽―冥王星(蠍サイン)による多重アスペクトに火星が加わると、地震のほかに火山活動になる場合があり、
6)太陽―冥王星(渦巻く爆縮力)ラインに、水星(か双子サイン=気象)が加わると、暴風雨(台風)になるケースが多々ある。
7)太陽―天王星か、太陽―冥王星による地震アスペクトに、海王星(魚サイン=海、大水)が複数アスペクトすることで、津波か液状化現象の可能性が生じる。

8)太陽―天王星の代わりに、太陽―水瓶サインの大天体(金星、火星、木星、土星、海王星)によっても、また、
9)太陽―冥王星の代わりに、太陽―蠍サインの大天体(金星、火星、木星、土星、海王星)によっても、同様の発震効果を現す。(アストロロジカルな大天体とは、地球の両隣の惑星+天文学的な大惑星。)

10)注意点1:n、t、−tチャートなどとは異なり、地球pや天王星象意pでは、木星の0度は、イベントのソフト化や災害からの守護を表さず、地震の巨大化を表す。
11)注意点2:日本の太陽nは気象を表す3ハウスに、天王星nはやはり気象を表す双子サインに位置するため、太陽n、天王星nを含むチャートや、それらに基づくフェイズ・プログレスでは、地震のアスペクトが、気象災害による地層変動、土砂災害として現れることがある(とくに6月〜9月)。

----------------------------
■2章−2■
日本始源図には、昭和憲法施行図を中心に、元号施行図、戦後日本の独立図があります。元号図は憲法によって規定されているため、昭和憲法図の天体が同時作用し、見方が煩雑になります。令和始源図は、まだ年齢が浅いため、プログレスが使えません。独立図は、国運をよく表しますが、国民にその存在をほとんど知られておらず、海外の独立記念日とは異なり、国を挙げて祝福される日でもないため、地震には有効でも、世相反映度は低下するようです。建国記念日は、現在の暦法における正確な始源年月日が不明であり使えません。

日本始源図に、昭和憲法発布図、昭和憲法の議会制定図、明治憲法図などを使う占術家が多くいますが、昭和憲法発布図は、生命で言えば受胎図に相当し、出産までの運勢しか表さないため、地震予知のみならず、あらゆる予知法としても使えません。議会制定図は、生命で言えば、受胎予定日に過ぎず、予想には全く使えません。明治憲法図は当然、明治時代の国運しか表しません。

そういうわけで、日本始源図には、昭和憲法施行図を主に使用します。平成時代であれば平成元号図、昭和であれば昭和元号図が副次的に使えますが、その時代の憲法施行図の天体が混入してくるため、解析が煩雑になります。

-----------------------------
■2章−3■
3大基本チャート

日本始源図(昭和憲法施行始源図)(n)
1947年05月03日 00時00分00秒  
太陽n 11.37牡牛
月n 10.79天秤
水星n 26.91牡羊
金星n 8.99牡羊
火星n 15.95牡羊
木星n 24.16蠍
土星n 2.69獅子
天王星n 19.56双子
海王星n 8.59天秤 
冥王星n 10.99獅子
ASCn 26.54山羊
8Hn 26.54獅子
MCn 16.90蠍
11Hn 26.54蠍

(表計算ソフトでの計算には、サイン度数ではなく、360度法値を使います。)

天体位置は幾何値、地心値を、ハウス・システムは、物理軸にはASCイコールを、社会軸にはMCイコールを使います。

日本始源図は元々、
太陽n11.37牡牛 90度 冥王星n10.99獅子
を持っているため、日本は地震、火山、台風大国であることが分かります。冥王星のスクエアの根底にある低次アストラル性―溜めに溜め込んだ後に陰湿に攻撃する(される)憎悪、セルフィッシュな独裁性、過剰で毒気を秘めたプライドの高さ、性の破綻、悪意ある醜聞や根拠のない噂好き、金権崇拝性etcが物理化することで、マグマ活動、地殻変動、地震、核災害、金融破綻の長期化が誘導されています(他に良い面も沢山あります)。
これ以前の日本始源図にも、同様のアスペクトが現れていました。始源図は、国民、国政、国体など、国の基調に同調したアスペクトが反映されるため、たとえ異なる年月日に新たな始源図を作成し直したとしても、国民、国政がその性質を改めない限り、同様のアスペクトの下でしか新始源図を開始することができません。自らの性質を誤魔化したり、逃げることは決してできません。


トランジット(t) 。東日本大震災発生時。
2011年03月11日 14時46分18秒
太陽t 20.31魚
月t 0.11双子
水星t 2.82牡羊
金星t 10.82水瓶
火星t 12.78魚
木星t 10.13牡羊
土星t 15.62天秤
天王星t 29.95魚
海王星t 29.19水瓶 
冥王星t 7.27山羊


マイナス・トランジット(−t)
1883年06月23日 09時13分42秒
太陽−t 1.16蟹
月−t 29.38山羊
水星−t 13.08双子
金星−t 7.10双子
火星−t 17.50牡牛
木星−t 10.35蟹
土星−t 3.71双子
天王星−t 19.52乙女
海王星−t 20.08牡牛
冥王星−t 0.44双子


3大基本チャートであるn、t、−tを見ただけで、大地震が発生すると分かるアストロロジャーはいないと思います。t、−tに重大事象が現われる確率は1割程度に過ぎず、ほとんどの重大イベントはプログレス・チャートに現れます。t、ーt天体は、プログレス天体に比べ移動速度が速く、影響が数か月から数年に及ぶ大事象を現し得ないからです。

月tを重視する人が多くいますが、統計学的に判明しているように、月tは小中規模地震に関与するだけで、大地震発生時の主要因にはなっていません。大地震は、月や太陽のような大重力天体によって引き起こされているわけではなく、大地に対する微弱な電磁電子作用(天王星)と、それに対応し還流している素粒子(電子)によって引き起こされていると考えられるからです。

もし、重力が大地震の主原因であるなら、新月満月のたび、満潮干潮のたび、あるいは日食月食のたびに、大きな地震が発生しなければならないことになります。しかし、それらの時間帯に大地震が発生する確率は、統計学の分析では偶然の域を超えていません。

クレーンの巨大なパワーが、モーターに同調する操作スイッチの微弱な電子信号によって引き起こされているように、また、人間の腕力が、非常に微弱な神経電流と筋肉細胞との同調反応によって引き起こされているように、あるいは、巨大ディスプレイの中でダイナミックに動く巨人の動作が、画素子のわずかな受信信号との同調によって生じているように、大地震は、大地や地殻が構成する素粒子と宇宙力との間に働く、微弱な電磁気的同調によって引き起こされています。あるいは、マグマの動きや、マグマの中に発生する水蒸気やガス(冥王星)の圧力によって引き起こされています。


東日本大震災時のn、t、−t基本チャートでは、
天王星n19.56双子に対して、
天王星−tが19.52乙女に位置していて、完璧にスクエア回帰しています。
その差わずか0.04度というタイトさです。

これら両天王星に対して、太陽tが20.31魚でTスクエアすることによって、主因ではないものの、地震に具現力が与えられています。

太陽t20.31魚、天王星n19.56双子、天王星−p19.52乙女

この太陽、天王星、天王星によるTスクエアは、地震の基本アスペクトの一つですが、具現の太陽が日本独自の太陽n、−t、pではなく、全世界が共有する太陽tであるため強さに欠けます。なお、この太陽tは、その日の日運を表すデイ・チャート(0時チャート)では、19.69魚に位置し、よりタイトなTスクエアを作っていました。

ほかに、
太陽n11.37牡牛、金星t10.82水瓶、冥王星n10.99獅子
というTスクエアが現れていました。水瓶=天王星であることから、地震のアスペクトになり得ていますが、どちらかと言えば、油断個所を狙い撃ちにされることや(金星の90度、180度)、経済損失(金星―冥王星の180度)を主に表しているアスペクトです。(地球pであれば、金星の意味が「地殻に対する不均衡」に変化するため、これだけで地震発生のトリガーになります。)

また、ごく弱いトリガー・アスペクトとして、
月t0.11双子 0度 冥王星−p0.44双子
が現れていました。これは2時間程度の短時間現れただけの、ごく弱いトリガー・アスペクトに過ぎません。

東日本大震災では、このようにt、−tにもいくつか地震相が現れていましたが、被害地震であったとしても、t、−tに何も地震相が現れない場合の方がむしろ多く、東日本大震災は珍しいケースの部類に入ります。
 
Pass
コメント
[7327] 東日本大震災の計算例2 アーモンド@岐阜 11/23(月) 06:59
  ■2章−4■
プログレス・チャートのアスペクト照合
3大基本チャートの太陽のうち、太陽nと太陽−pは、他のあらゆるプログレス・チャート内の天王星p、冥王星p、水瓶サインの大天体、蠍サインの大天体とも、アスペクトを照合します。


■地球pチャートのアスペクト。
1章−8で計算した、
DD地球+p、DD地球−p、DDS地球+p、DDS地球−p、
DY地球+p、DY地球−p、DYS地球+p、DYS地球−p、
YY地球+p、YY地球−p、YYS地球+p、YYS地球−p、
の3グループ、12チャートを作成し、太陽―天王星(水瓶サイン)、太陽―冥王星(蠍サイン)を持つ多重アスペクトをピックアップします。


■DD地球+pチャート
1958年10月29日 11時04分52秒
太陽+p 5.15蠍
月+p 20.68牡牛
水星+p 19.75蠍
金星+p 1.76蠍
火星+p 29.97牡牛
木星+p 10.59蠍
土星+p 22.39射手
天王星+p 16.09獅子
海王星+p 4.54蠍 
冥王星+p 3.85乙女

DD地球−pチャート
1935年11月04日 12時55分07秒
太陽−p 10.81蠍
月−p 13.33水瓶
水星−p 22.26天秤
金星−p 25.02乙女
火星−p 4.77山羊
木星−p 28.92蠍
土星−p 3.51魚
天王星−p 3.19牡牛
海王星−p 16.19乙女 
冥王星−p 27.40蟹

DDS地球+pチャート
1999年09月13日 03時41分25秒
S太陽+p 19.56乙女
S月+p 23.54天秤
S水星+p 23.27乙女
S金星+p 18.85獅子
S火星+p 6.37射手
S木星+p 4.41牡牛
S土星+p 17.01牡牛
S天王星+p 13.50水瓶
S海王星+p 1.84水瓶  
S冥王星+p 7.90射手

DDS地球−pチャート
1894年12月19日 20時18分34秒
S太陽−p 27.60射手
S月−p 27.62乙女
S水星−p 15.56射手
S金星−p 2.15山羊
S火星−p 25.91牡羊
S木星−p 1.75蟹
S土星+p 4.54蠍
S天王星−p 18.10蠍
S海王星−p 14.03双子 
S冥王星−p 10.46双子

これら4つのチャートは全て相互補完関係にあるので、4つをワンセットにしてアスペクトを照合します。目視でアスペクトを判断する場合、不変のnは頭の中に記憶しておくとして、最低でも6画面同時にチャートを見る必要があります。
nのほかに、t、−t、+p、−p、S+p、S−pの6チャートのタイトなアスペクトを、太陽中心に、天王星、冥王星、水瓶サイン天体、蠍サイン天体について判断します。

顕著なアスペクト1。
太陽+p 5.15蠍
海王星+p 4.54蠍
木星S+p 4.41牡牛
土星S−p 4.54蠍
蠍(=冥王星)は地殻、プレート、核エネルギーの変動を、木星はその巨大化を、海王星は津波を、土星は災害を表します。4天体による巨大なアスペクトです。

顕著なアスペクト2。
太陽S+p 19.56乙女
天王星n 19.56双子
天王星−t 19.52乙女
太陽t 20.31魚
強大な地震(天王星)をダイレクトに表示しています。

顕著なアスペクト3。
太陽n 11.37牡牛
木星+p 10.59蠍
太陽−p 10.81蠍
冥王星n 10.99獅子
地殻変動エネルギーと核エネルギー(蠍、冥王星)の巨大さ(木星)を表すアスペクトです。

---------------------------------
■DY地球+pチャート
1958年08月30日 05時12分34秒
太陽+p 5.97乙女
月+p 12.69魚
水星+p 25.49獅子
金星+p 16.85獅子
火星+p 21.95牡牛
木星+p 28.51天秤
土星+p 19.12射手YOD
天王星+p 13.49獅子
海王星+p 2.57蠍 
冥王星+p 2.16乙女

DT地球−pチャート
1936年01月03日 18時47分25秒
太陽−p 11.86山羊
月−p 5.52牡牛
水星−p 25.69山羊
金星−p 29.78蠍
火星−p 21.25水瓶
木星−p 12.15射手
土星−p 6.14魚
天王星−p 1.56牡牛
海王星−p 16.71乙女 
冥王星−p 26.59蟹

DYS地球+pチャート
1999年11月12日 09時33分43秒
S太陽+p 19.17蠍YOD
S月+p 1.25山羊
S水星+p 27.99蠍
S金星+p 3.13天秤
S火星+p 19.17山羊YOD
S木星+p 27.44牡羊
S土星+p 13.26牡牛
S天王星+p 13.03水瓶
S海王星+p 1.82水瓶  
S冥王星+p 9.54射手

DYS地球−pチャート
1894年10月20日 14時26分16秒
S太陽−p 26.82天秤
S月−p 6.25蟹
S水星−p 21.16蠍
S金星−p 16.46天秤
S火星−p 27.75牡羊
S木星−p 6.30蟹
S土星+p 27.89天秤
S天王星−p 14.50蠍
S海王星−p 15.54双子 
S冥王星−p 11.51双子


顕著なアスペクト1。
S太陽−p 26.82天秤
S火星−p 27.75牡羊
S土星−p 27.89天秤
S木星+p 27.44牡羊
冥王星−p 26.59蟹
ASCn 26.54山羊(震源地値 28.18山羊)
大マレフィックである火星と土星、地殻変動の冥王星、大地のASCを含む6天体(1つは感受点)による巨大Tスクエアです。火星と土星が同時に関与すると、大災害、大破壊力を現すことになります。

顕著なアスペクト2。
S太陽+p 19.17蠍
S火星+p 19.17山羊
土星+p 19.12射手
天王星n 19.56双子
による変則ヨド+アルファ(150度、150度、60度、180度)。
被害地震の組み合わせ(太陽、火星、天王星、蠍)と同時に、
天王星−t 19.52乙女、
太陽t 20.31魚による、
大地震のグランド・クロスをも形成しています。

(ヨドは、150度、150度、60度、または、30度、30度、30度によるアスペクト。+150(土星象意)と−150度(天王星象意)が、60度(金星象意)によって結合されるか、+−の30度(水星象意、象意同士の交流)と60度によって、天体象意がミキシングされるアスペクトです。)

顕著なアスペクト3。
太陽+p5.97乙女、
土星−p6.14魚(海、大水)で、
大津波による災害を表示。

顕著なアスペクト4。
月+p12.69魚(海、大水)、
火星t12.78魚、
木星−p12.15射手、
津波被害を強調しています。

---------------------------
■YY地球+pチャート
1958年07月01日 20時05分22秒
太陽+p 9.10蟹
月+p 11.75山羊
水星+p 23.51蟹
金星+p 5.30双子
火星+p 16.93牡羊
木星+p 21.98天秤
土星+p 21.15射手
天王星+p 9.93獅子
海王星+p 2.04蠍 
冥王星+p 0.38乙女

YY地球−pチャート
1936年03月03日 03時54分37秒
太陽−p 12.04魚
月−p 10.95蟹
水星−p 15.80水瓶
金星−p 11.79水瓶
火星−p 7.37牡羊
木星−p 22.16射手
土星−p 12.72魚
天王星−p 2.67牡牛
海王星−p 15.48乙女 
冥王星−p 25.41蟹

YYS地球+pチャート
2000年01月10日 18時40分55秒
S太陽+p 19.45山羊
S月+p 29.83水瓶
S水星+p 15.99山羊
S金星+p 12.37射手
S火星+p 4.88魚
S木星+p 25.75牡羊
S土星+p 10.29牡牛
S天王星+p 15.28水瓶
S海王星+p 3.52水瓶  
S冥王星+p 11.76射手

YYS地球−pチャート
1894年08月22日 05時19分04秒
S太陽−p 28.71獅子
S月−p 29.20牡羊
S水星−p 16.46獅子
S金星−p 3.10獅子
S火星−p 0.80牡牛
S木星−p 0.41蟹
S土星+p 21.35天秤
S天王星−p 11.72蠍
S海王星−p 15.60双子 
S冥王星−p 11.70双子


顕著なアスペクト1。
太陽−p 12.04魚
火星t 12.78魚
土星−p 12.72魚
金星S+p 12.37射手
冥王星S+p 11.76射手
冥王星S−p 11.70双子
アスペクトの中で0度は最強です。魚(=海王星、津波)サインでの大マレフィック2星(火星、土星)による3重合は、この地震が巨大津波地震であることを明示しています。

顕著なアスペクト2。
太陽S−p 28.71獅子
海王星t 29.19水瓶
バーテックスn 29.17獅子
これも地震(水瓶)による津波を強調しています。卯酉線(ぼうゆうせん、地平座標)と黄道の交点、バーテックスが、海王星の物理的具現を一層強調しています。

顕著なアスペクト3。
太陽n 11.37牡牛
金星−p 11.79水瓶
金星t 10.82水瓶
天王星S−p 11.72蠍
冥王星n 10.99獅子
動きの遅い天王星だけでは発震力が分散しがちなアスペクトに、水瓶の金星がトリガーを与えています。

顕著なアスペクト4。
太陽+p 9.10蟹
金星n 8.99牡羊
海王星n8.59天秤
津波(海王星)による経済損失(金星)が表示されています。
 
Pass
コメント
[7328] 東日本大震災の計算例2 アーモンド@岐阜 11/23(月) 07:00
  ■2章−5■
1章−10で計算した1/4pチャートを作成し、これまでと同様の方法でアスペクトを照合します。

■1/4+チャート
1963年04月19日 21時41分34秒
太陽+p 28.74牡羊
月+p 28.71水瓶
水星+p 17.22牡牛
金星+p 24.46魚
火星+p 11.21獅子
木星+p 3.62牡羊
土星+p 21.52水瓶
天王星+p 1.32乙女
海王星+p 14.72蠍 
冥王星+p 9.79乙女

1/4−pチャート
1931年05月16日 02時18分25秒
太陽−p 23.90牡牛
月−p 1.73牡牛
水星−p 3.75牡牛
金星−p 23.52牡羊
火星−p 17.00獅子
木星−p 17.21蟹
土星−p 23.15山羊
天王星−p 17.48牡羊
海王星−p 2.99乙女 
冥王星−p 19.06蟹

S1/4+pチャート
1995年03月24日 17時04分43秒
S太陽+p 3.22牡羊
S月+p 9.68山羊
S水星+p 14.44魚
S金星+p 25.36水瓶
S火星+p 13.16獅子
S木星+p 15.27射手
S土星+p 17.24魚
S天王星+p 29.75山羊
S海王星+p 25.22山羊  
S冥王星+p 0.48射手

S1/4−pチャート
1899年06月10日 06時55分16秒
S太陽−p 18.79双子
S月−p 7.45蟹
S水星−p 12.77双子
S金星−p 22.57牡牛
S火星−p 26.55獅子
S木星−p 0.77蠍
S土星+p 20.51射手
S天王星−p 5.47射手
S海王星−p 24.26双子 
S冥王星−p 15.27双子
以上4チャートでワンセットになります。

1/4pに作用するエネルギーは、t、−t、地球pなどに比べると4分の1程度に過ぎませんが、天王星象意に限定しているため、地球pほどではないものの、地震の有無を鮮明に表示します。

顕著なアスペクト1。
太陽n 11.37牡牛
金星t 10.82水瓶
火星+p 11.21獅子
冥王星n 10.99獅子
地殻変動(冥王星)、地震(水瓶)のほかに、火山か原子力エネルギーの暴発(火星―冥王星)が現れています。日本始源図の場合、もともと太陽nと冥王星n(地殻変動)がスクエアしているため、この例のように、太陽nの上に火星tか、−tか、pが乗ると、高確率で大マグニチュード地震が発生します。

S太陽−p 18.79双子
天王星−t 19.52乙女
天王星n 19.56双子
天王星2つで典型的な大地震のアスペクトに。太陽0度天王星は最強であり、中でも天王星nとの0度は最も高確率でマグニチュードの大きな地震を現します。

太陽t 20.31魚
S土星−p 20.51射手
天王星−t 19.52乙女
天王星n 19.56双子
これは地震と津波(魚)のアスペクト。具現の太陽が世界共通の太陽tであるため、やや弱い。

---------------------------
■2章−6■
フェイズ・プログレスの計算例とアスペクト分析。

前書きの[7309]後半と、[7310]の一部で紹介したフェイズ・プログレスから、まず、太陽nフェイズ・プログレス(太陽np)、の計算法と、アスペクト分析結果を示します。最初は簡易的な計算法も併せて記入し、それ以降は計算結果と解析値のみ書いていくことにします。

フェイズpは、天体や感受点の360度、または、1太陽年に対するハーモニクス波動が、天体(感受点)由来の象意限定で現す影響力を見るためのチャートです。
なお、フェイズpで使うハーモニクス値は、時間軸時間ハーモニクスに対しても、一般的な空間軸空間ハーモニクスに対しても用いることができます。


計算手順は地球pと変わりません。
1年を360度とする場合の太陽npのハーモニクス数(分割数)は、
D360÷太陽n度数
=360÷41.3710=8.70174760(分割数)
総経過日数÷8.70174760=2680.3369341(分割日数)

S分割日数は、総経過日数-分割日数
=23323.61548611-2680.3369341
=20643.278552(S分割日数)

分割日数をnに足すとD太陽n+pに。nから引くとD太陽n−pになります。
S分割日数をnに足すとSD太陽n+pに。nから引くとSD太陽n−pになります。

D太陽n+P
=n+2680.3369341=
1954/09/03 08:05:11

D太陽n−P
=n−2680.3369341=
1939/12/30 15:54:48

DS太陽n+P
=n+20643.278552=
2003/11/08 06:41:06

DS太陽n−P
=n−20643.278552=
1890/10/24 17:18:53


続いて、1年を1太陽年とする場合の太陽npのハーモニクス数(分割数)は、
Y1太陽年÷太陽n度数
=365.2421901747÷41.3710=8.82845931(分割数)
総経過日数÷8.82845931=2641.8670193(分割日数)

S分割日数は、総経過日数-分割日数
=23323.61548611-2641.8670193
=20681.748467(S分割日数)

分割日数をnに足すとD太陽n+pに。nから引くとD太陽n−pになります。
S分割日数をnに足すとSD太陽n+pに。nから引くとSD太陽n−pになります。

n+2641.8670193=
1954/07/26 20:48:30
=Y太陽n+P

n−2641.8670193=
1940/02/07 03:11:29
=Y太陽n−P

n+20681.748467=
2003/12/16 17:57:47
=YS太陽n+P

n−20681.748467=
1890/09/16 06:02:12
=YS太陽n−P


計算された年月日時に基づいてチャートを作成します。

D太陽n+P
1954年09月03日 08時05分11秒
太陽+p 9.93乙女 
月+p 12.00蠍 
水星+p 20.91乙女 
金星+p 26.08天秤 
火星+p 3.42山羊 
木星+p 22.04蟹 
土星+p 5.26蠍 
天王星+p 26.10蟹 
海王星+p 24.19天秤  
冥王星+p 25.18獅子 

D太陽n−P
1939年12月39日 15時54分48秒
太陽−p 7.68山羊
月−p 29.04獅子
水星−p 19.72射手
金星−p 6.18水瓶
火星−p 26.80魚
木星−p 0.95牡羊
土星−p 24.41牡羊
天王星−p 18.29牡牛
海王星−p 25.51乙女 
冥王星−p 2.28獅子

SD太陽n+p
2003年11月06日 06時41分06秒
S太陽+p 15.06蠍
S月+p 2.57牡牛
S水星+p 23.22蠍
S金星+p 6.22射手
S火星+p 10.09魚
S木星+p 14.18乙女
S土星+p 13.08蟹
S天王星+p 28.89水瓶
S海王星+p 10.47水瓶  
S冥王星+p 18.51射手

SY地球n−p
1890年10月24日 17時18分53秒
S太陽−p 0.89蠍
S月−p 12.35魚
S水星−p 16.09天秤
S金星−p 12.71射手
S火星−p 20.62山羊
S木星−p 3.41水瓶
S土星+p 13.70乙女
S天王星−p 27.32天秤
S海王星−p 6.29双子 
S冥王星−p 7.52双子
以上4チャートでワンセットになります。

顕著なアスペクト1。
太陽+p 9.93乙女(in 8ハウスn)
S火星−p 10.09魚
津波(魚)による被害(火星)と死者(8ハウス)が示されています。

顕著なアスペクト2。
太陽−p 7.68山羊
冥王星t 7.27山羊
金星−t 7.10双子
S冥王星−p 7.52双子
地殻変動のアスペクト。0度(コンジャンクション)は、180度2つ分、90度4つ分のエネルギーを持っています。
金星、冥王星が太陽に対してWインコンジャクト(150度、土星象意、天王星象意)していますが、それほど強くありません。 

顕著なアスペクト3。
S太陽−p 0.89蠍
月t 0.11双子
木星−p 0.95牡羊
天王星t 29.95魚
冥王星−t 0.44双子
による多重ヨド。地震を現す天体構成ですが、それほど強くありません。

顕著なアスペクト4。
太陽n11.37牡牛
金星t 10.82水瓶
S海王星+p 10.47水瓶
冥王星n 10.99獅子
地殻変動(冥王星)、原子力事故(冥王星)、津波(海王星)を表示。ほとんど動ない太陽n、海王星、冥王星だけでは潜在力に終わるTスクエアに、動きの速い金星がトリガーを与えています。

他に、4チャート全てで、月pが津波などの災害性を現しています。
 
Pass
コメント
[7329] 東日本大震災の計算例2 アーモンド@岐阜 11/23(月) 07:01
  ■2章−7■
天王星nフェイズ・プログレスの計算結果とアスペクト分析値。

ここからは計算結果とアスペクト解析値のみを記します。なお、フェイズ・プログレス法は、任意の天体や感受点が持つ象意に限定された影響力を効果的に表しますが、大地震に関しては、地球p(と1/4p)でほぼ十分に補足可能なので、東日本大震災以外は概ね説明を省略します。小中規模の被害地震で、地球pでは十分説明しきれない例が出てきた場合に限り、フェイズ・プログレスを加えて説明します。

天王星nフェイズ・プログレス(天王星np)内の天体は、全て天王星象意を帯びることになります。

天王星n度数=19.5619双子。
1年を360度とする場合の天王星npのハーモニクス数(分割数)=4.5247782。
分割日数=5154.64211929日。
S分割日数=18168.973367日。

分割日数をnに足すとD天王星n+pに。nから引くとD天王星n−pになります。
S分割日数をnに足すとSD天王星n+pに。nから引くとSD天王星n−pになります。

1年を1太陽年とする場合の天王星npのハーモニクス数(分割数)=4.59066702。
分割日数=5080.65938949日。
S分割日数=18242.956097日。

分割日数をnに足すとY天王星n+pに。nから引くとY天王星n−pになります。
S分割日数をnに足すとSY天王星n+pに。nから引くとSY天王星n−pになります。

D天王星n+P
1961/06/12 15:24:39
D天王星n−p
1933/03/22 08:35:20
DS天王星n+P
1997/01/28 23:21:38
DS天王星n−P
1897/08/03 00:38:21

顕著なアスペクト1。
S太陽−p 10.54獅子
太陽n 11.37牡牛
金星t 10.82水瓶
冥王星n 10.99獅子
地殻変動と原子力施設の破損。

顕著なアスペクト2。
太陽+p 21.04双子
火星+p 20.30獅子
S海王星−p 21.79双子
海王星−t 20.08牡牛
冥王星−p 21.27蟹
太陽、海王星のコンジャンクション(津波)に
2重の変則ヨド(津波と地殻変動)。

顕著なアスペクト3。
太陽−p 0.91牡羊
太陽−t 1.16蟹
天王星t 29.95魚
地震と津波(魚)。オーブ0.96度ながら、この後タイトになっていくコンジャンクションとWスクエア。


Y天王星n+P
1961/03/30 15:49:31
Y天王星n−p
1933/06/04 08:10:28
YS天王星n+P
1997/04/12 22:56:46
YS天王星n−P
1897/05/21 01:03:13

顕著なアスペクト1。
太陽−p 12.88双子
水星+p 13.43魚
火星t 12.78魚
S冥王星−p 12.90双子
地殻変動(冥王星)による津波(魚)被害(火星)の強いアスペクト。

顕著なアスペクト2。
太陽n 11.37牡牛
金星t 10.82水瓶
海王星+p 10.75蠍
冥王星n 11.99獅子
不動の海王星n(津波)、冥王星n(地殻変動)だけではアクティブにならない地震津波のアスペクトに、金星tがトリガー。

顕著なアスペクト4。
太陽+p 9.34牡羊
金星n 8.99牡羊
木星t 10.13牡羊
木星−t 10.35蟹
海王星n8.59天秤
巨大(木星)な津波(海王星)。天王星象意チャートであるため、木星は事態の巨大化として作用。

--------------------------
海王星nフェイズ・プログレス

東日本大震災は揺れによる被害より、津波による被害の方がはるかに多い津波地震でした。ということは、海王星npに、相当強い津波のアスペクトが出ていなければならないことになります。それを確認します。

海王星n度数=8.5996天秤。
1年を360度とする場合の天王星npのハーモニクス数(分割数)=1.90880575。
分割日数=12218.95708676日。
S分割日数=11104.658399日。
(海王星度数の360度法値で180度を超えているため(188.5996度)、S分割日数の方が小さくなっています。)

分割日数をnに足すとD海王星n+pに。nから引くとD海王星n−pになります。
S分割日数をnに足すとSD海王星n+pに。nから引くとSD海王星n−pになります。

1年を1太陽年とする場合の海王星npのハーモニクス数(分割数)=1.93660109。
分割日数=12043.58277761日。
S分割日数=11280.032709日。

分割日数をnに足すとY海王星n+pに。nから引くとY海王星n−pになります。
S分割日数をnに足すとSY海王星n+pに。nから引くとSY海王星n−pになります。
海王星npチャート内の天体は、全て海王星の象意を帯びます。

D海王星n+P
1980/10/14 22:58:12
D海王星n−p
1913/11/18 01:01:47
DS海王星n+P
1977/09/26 15:48:05
DS海王星n−P
1916/12/06 08:11:54

顕著なアスペクト1。
S太陽+p 3.07天秤
水星t 2.82牡羊
S火星−p 3.23山羊
土星+p 2.85天秤
S冥王星−p 3.75蟹
マレフィック2星ともを含むグランド・クロスで、海王星象意(津波)による大被害性が顕著に現れています。

顕著なアスペクト2。
太陽−p 24.72蠍
木星n 24.16蠍
天王星+p 23.81蠍
地震(天王星)やプレート(蠍)の突発的な跳ね返り(天王星)によって、津波が巨大化(木星)することを表示。3重合は強烈です。

顕著なアスペクト3。
S太陽−p 13.52射手
水星−t 13.08双子
火星t 12.78魚
S海王星+p 13.64射手
津波(魚)が海外(射手)に運ばれる(水星)ほど巨大(射手)であること、その破壊力(火星)が強大であることを表示。

他に、
太陽+p 21.38天秤
冥王星+p 21.69天秤 
地殻変動(冥王星)によって、海のバランスが崩れる(天秤)ことを表示。


Y天王星n+P
1980/04/22 13:59:11
Y天王星n−p
1914/05/12 10:00:48
YS天王星n+P
1978/03/21 00:47:06
YS天王星n−P
1916/06/13 23:12:53

顕著なアスペクト1。
太陽−p 20.46牡牛
木星−p 20.86水瓶
S天王星−p 19.54水瓶
海王星−t 20.08牡牛
地震(天王星、水瓶)による津波(海王星)が巨大(木星)になることを表示。

顕著なアスペクト2。
太陽n 11.37牡牛
金星t 10.82水瓶
天王星−p 11.60水瓶
冥王星n 10.99獅子
太陽が不動のため、それだけでは可動力を持たない津波地震(天王星、冥王星、水瓶)のアスペクトに、金星がトリガーを与えています。

他に、
S太陽−p 22.20双子
海王星+p 22.45射手
津波チャートにおける津波の強調。

S太陽+p 29.68魚
天王星t 295.95魚
地震が津波(魚)を伴うことを表示。

このように海王星npには、非常に明確で強大な地震、津波のアスペクトが集中していたと分かります。
 
Pass
コメント
[7330] 東日本大震災の計算例2 アーモンド@岐阜 11/23(月) 07:02
  ■2章−8

太陽、天王星、海王星以外に、
冥王星npは、地殻変動、原子力、暴風雨などによる死者を、
月npは、国民、建物、家屋が受動的に被る被害を、
火星npは、破壊力を、
土星npは、被害性を、
それぞれよく現します。

東日本大震災では、これらのフェイズ・プログレス・チャート全てに、強烈な多重アスペクトが現れました。しかし、小規模被害地震の場合は、フェイズ・プログレスには何も現れない事があります。

太陽tや天王星tフェイズなどは、数時間〜数日単位のトリガーをよく現します。tフェイズや−tフェイズをハウスを含めて正確に見るには、できれば小数点以下5桁までの精緻な天体位置データが必要になります。

8ハウスnpや11ハウスnpは、始源地でもある程度被害が出るなら、有意な多重アスペクトを現します。
ASCnp、MCnpには、始源地東京が大きく揺れる地震であれば、地震などのアスペクトが現れます。
12ハウスnpには、やはり始源地に津波被害が及ぶような地震であれば、津波のアスペクトが現れます。

面白いところでは、経度フェイズ・プログレス(東経・西経経度p)があり、意外な整合性を見せることがよくあります。デイ・チャート同様、人間社会の決め事が準法則化して作用しているものと思われます。


■2章−9■
サイン・カスプ・フェイズp

蠍サイン・カスプや水瓶サイン・カスプは、冥王星象意(地殻変動)、天王星象意(地震)を表す感受点ではあります
が、日本始源図特有の感受点ではなく全世界共通の感受点です。そのため、蠍サイン・カスプを使ったフェイズp、水瓶サイン・カイプを使ったフェイズpには、全世界に影響を及ぼすほどの巨大地震でもない限り、はっきりとした地震アスペクトは現れません。

東日本大震災は、津波、原発とも、海外にも影響を及ぼすほどの超巨大地震だったことから、蠍p、水瓶pにもある程度明確な地震アスペクトが現れました。次に一部紹介します。小規模な被害地震の場合、これらサイン・フェイズpには、何も現れない事があります。

蠍pチャート内の天体や、蠍pチャート内の太陽pとアスペクトを照合する際には、全ての天体が蠍象意(冥王星象意)を帯びることに注意する必要があります。

D蠍+P
1984/08/01 10:37:00
D蠍−p
1910/01/31
DS蠍+P
1973/12/10 04:09:17
DS蠍−P
1920/09/22 19:50:42

顕著なアスペクト1。
太陽−p 10.43水瓶
太陽n 11.37牡牛
太陽−p 8.99獅子
金星t 10.82水瓶
S木星+p 9.87水瓶
土星+p 9.99蠍
冥王星n 10.99獅子
巨大(木星)な地震(水瓶)と地殻変動(冥王星)。ウラニウム(水瓶)やプルトニウム(冥王星、蠍)の災害。

顕著なアスペクト2。
S太陽−p 29.12乙女
月+p 28.50乙女
天王星t 29.95魚
海王星+p 29.05射手
海外(射手)に影響が及ぶほど大規模な津波(地震)地震(天王星)。


Y蠍+P
1984/01/19 04:02:23
Y蠍−p
1910/08/14 19:57:36
YS蠍+P
1974/06/23 10:43:54
YS蠍−P
1920/03/11 13:16:05

顕著なアスペクト1。
S太陽−p 20.31魚
太陽−p 20.31魚
天王星n 19.56双子
天王星−t 19.52乙女
津波を引き起こすタイプの地震(天王星)。

顕著なアスペクト2。
太陽−p 20.76獅子
S金星−p 20.83水瓶
海王星−t 20.06牡牛
断層(水瓶)の不均衡(金星)がトリガーになって引き起こされる津波(海王星)。
 
Pass


Number
Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板