無料で掲示板を作ろう  Amazon-ダブルスタンダードクロージング レディースウェアのタイムセール開催中


つもりBBS お茶の時間

よくぞ気付いてくださりました。
そして、ようこそいらっしゃいました。
まずは、日記を読んでくださりありがとうございます。

こちらはとりあえずの「つもりBBS」です。
そのうちお茶もふるまえるよう準備中です。
ほんちゃんBBSが整うまで、
お茶をしながら話すつもりで、
なんやかやと書き込んでくださると嬉しいです。


ホームページへ戻る


お名前
Mail
Title
お話
HomePage
Password
くっきー


■ ガブリエル・ココ・シャネルはおっしゃいました。

2008年09月22日 (月) 10時24分


「モードは芸術ではなく仕事です」。表現は違ったかもしれないけど、確か、そう記述があった。マドモアゼルはそうした意識で、真摯に制作をなさってらしたと思うけど。女性の生活様式を軽やかに一変してしまえる程の変革をなさった制作が、芸術でなくてなんだろう。制作されているその時点では、あくまでも仕事かもしれない。でも。仕事として成立した後。その後は確かな芸術になりうるんだろう。事務仕事をしてみて思うのは、事務仕事だって結果として芸術になりうる可能性はあるし。マドモアゼルは、表面上厳しくしてらしたみたいだけど。仕事で厳しい事をおっしゃるのは状況によっては仕方なかったりするだろうし。マドモアゼルの一番好きなところはね。人に嫌われる事を恐れてキチンと伝えてあげにくい事を、本人の為にならない事をそうだと言える勇気と、色んな方々に手を差し伸べてらした事がマドモアゼルに関する以外の文献に目を通す際に浮かび上がってくるってトコ。本質以上に、憎まれ役みたいな位置にいらした事が多かったんじゃないかな。好きだぁっ!!(笑)
ウイリアム・モリスのパターンだって。時代的な流れによる印刷の技術だとか、他の要素は数々あれど。色んなモノに姿を変えて、そのパターンは時代を超えて使用するに耐えうるどころか、安らぎを与え、生活に彩りを与えてくれ続ける。仕事に対して、常に真摯で誠実であり続けたという事、私にとってはどんなに敬意を払っても表現しきれない程に偉大な事。「必死になるのではなく、力をぬいてしなやかに」「人は自由に、そして熱狂して働くべきだ」。

でさ。全然別の話なんだけど。どうしてもひっかかるんだけど、例のレシピ。ひょっとして、アレで1レシピ作成代とか支払いがあったとしたら・・・。他の人は、仕事として納得してるんだろうか。高いお金かけて、完成されたレシピや完成された手順での教育システムが確立された学校で製菓を修学して。学校で使用しているのと全く同じ機材を使って。どこぞのお嬢様(ご令嬢ではなく)かなんかで、ある程度の人脈(あくまでも家系の方々の人徳、努力による人脈で個人的資質によるものでも、個人的実力でもなく)があれば、センスも努力もなく、ソコソコ出来栄えのするものはできるんだろう。写真から判断できるように掲載された品の撮影だって、金かかってそうだし。力のあるブレーンにとっては、そうした仕事ってストレスフルなんじゃないのかな。あくまでも情報からの推考で断定じゃないし、この推考を押し付けるモノでもなんでもない。目に映る確実な情報が、超々メジャーサイト(いくらフリーだとはいえ)の、しかも「グルメレシピ」、「グ・ル・メ!レシピ」でアレじゃぁ、こういう意見があってしかるべきでしょ?決して穿ち過ぎなんかじゃないと思う。どうしてもあのレベルの低いレシピを掲載しなきゃいけないなら、「グルメレシピ」の項目にクイッククッキングがあるみたく、グルメレシピごっこ、もしくは、なんちゃってグルメレシピとか、細分化して、他のマトモレシピをちゃんと考えてる項目と別にすればいいのに。楽しみにレシピ見てたけど、アクセスしたレシピがその人のだったりしたらヤだから、もうそのサイトは見なくなっちゃった。だって。自分の表現活動における状況が今ひとつなんで、悔しいんだもん(笑)。金払って掲載してもらってるんだとしたら。なおさら本人の思考、意識に疑問を感じる。その姿勢において、一生涯、私とは全く接点のない人だ。羨ましいな。無駄に金かかってそうで。なんでも出来るんだろうな。金の力で、機材とブレーンになんでも作ってもらって。そんでもって、自分の名前で発表したりして。繰返しますが。あくまでも目に映る確実な情報において推考をした結果に対しての仮定。他に事情があるのなら。目くじら立てて怒らないでね(笑)。「何もわかってない。」で読み飛ばしてくれていいから。

1426番 MAIL HOME 管理人 ▼返信


■ カール・ラガーフェルドとエルメスディスプレイ

2005年09月22日 (木) 22時16分


移動中、化粧室をかりに立ち寄ったホテルのラウンジ。入る時は知らなかったが一歩外へ出るとビル内店舗にシャネルとエルメスが。


実は私、ガブリエル・ココ・シャネル様を敬愛しており一時期、出まくった伝記本も複数冊、単行本で買った。引っ越しなどで売り払ったが、それでも一冊「コレ」と思う物を残し、後に文庫本化された物は買い直したりした。勿論、それでシャネルを買えるかってのは全くの別問題。

プレタポルテどころか、時代性のあるマジジュエリーは勿論、本来的なジャンクアクセすら私の中ではシャネルを着る事で成り立つべき=購入NG。

若い頃の目標は、「有りがち」だと笑わば笑え、「自分の稼いだお金で購入したシャネルが似合うババァになる事、シャネルに着られてない着こなしの出来る大人になる事」だったんだ。ウィンドウショッピングと称する冷やかしに店内へ足を踏み入れる事すら大台を二回迎えたつい最近まで、恐れ多くて出来なかった。

ただ心密かに「シャネル…」と敬意を持ち慕っていただけ(笑)。


30歳手前辺りからテレ東「流行通信」、雑誌「ハイファッション」他でのファッションチェックからも遠のいていた私に、先日「やはりシャネル…」と敬意を改める事があった。


天才アラーキー本、村上春樹本に続き、またもや本屋の陰謀(違うって)。

雑誌「マリ・クレール」をふと手にページを開き、目に入ったのがシャネルの今期コレクションに身を包んだ可愛らしくエレガントなお嬢さん方の街角スナップ。

はぅ…。

な、な、なんざんしょ。このラブリーなワンピース他(感動している割に適当〜)は。

あの…カール・ラガーフェルドさん?シャネルデザイナーに就任して何年経ってます?

バージョンアップってか脱皮ってか何人目のカール・ラガーフェルド?位に才能溢れまくり?

いや、ファッション的に詳しい事は分かんない。だか、素人が見て「カワエェ〜」と一目惚れ、これ大事っすよね?

コレクションコラムを書いている尊敬する某知人に話してみたら、やはり「今シーズンのシャネルレディスは良かった」との感想をお持ちであった。


一年位前、銀座の街角で歩くカール・ラガーフェルドを見かけた時、握手かサインくらいねだっておけば良かった…。


「ぼんじょる。ちゅぅ、ちゅぅ。めるしぼく」
と、エナジーを吸い取ってやったのに。


ちっ。


エルメスについては「後で」。

943番 MAIL HOME 人生諦めが肝心なようだ ▼返信


■ ウイリアム・モリスのパターンだって

2012年06月30日 (土) 22時48分


ウイリアム・モリスのパターンだって。時代的な流れによる印刷の技術だとか、他の要素は数々あれど。色んなモノに姿を変えて、そのパターンは時代を超えて使用するに耐えうるどころか、安らぎを与え、生活に彩りを与えてくれ続ける。仕事に対して、常に真摯で誠実であり続けたという事、私にとってはどんなに敬意を払っても表現しきれない程に偉大な事。「必死になるのではなく、力をぬいてしなやかに」「人は自由に、そして熱狂して働くべきだ」。

1458番 MAIL HOME 幽美 惠子 ▼返信


■ いろんなニャンコ、ワンコ

2011年06月21日 (火) 08時47分


昨日、子猫3兄弟に遇いました。こちらがテトテトあるいてったら、サッサか階段の下にひそんじゃって、気配を伺ってやんの。それにしても、町中で子猫みかけるなんてホント、ひっさしぶり。半野良、半飼い猫っぽい大人猫達はたまに遭遇するけど。白地に黒斑、3種類。「かくれなくても、なにもしないよ」なんて、ひっそり声をかけたりして。話を聴けたら、『3匹の子猫』なんてお話できそうですが(笑)。
午後には、ワーナーのキャラクター「ドゥルーピー」みたいなワンコ登場。二本足でたって、一匹でエレベーターにのってるのを想像してしまいました。あの垂れ目で(笑)。あのワンコ、なんて種類だっけかな。
次は「トゥイーティー」か(その辺歩いてて、モデル鳥に遇える確率滅茶苦茶低そう。なんたって、基本籠の鳥だしな)、はたまた・・・。

1450番 MAIL HOME 管理人 ▼返信


■ 読みたい本

2011年05月21日 (土) 10時21分


しばらく読みたい本がなかった。読みたい本があって、探せなかったのではなく、読みたい気になる本がありませんでした。ですが、少しベクトルが変わり、今まで手にしなかった本を読んでみたところ、好みのものが結構あります。乱読なので、ジャンルを限る訳ではないし、解らない単語などあっても、その記述がチャーミングであれば、とりいそぎ漢字のビジュアルとして認識して強引に読み進めますし。あぁ・・・、最近、読むのに時間はかかるし、第一に、読みたくても、その時間がないと言うのが正直な所で、全く、上手く読書ができなくなったのですが(上手い読書というものに対しても各人オリジナルのイメージがあるのでしょうが)、それは書く方も同様で・・・。とにかく、文章に関して、書くも読むも、脳内イメージが実践できる様、リハビリが必要って事か。はぁ・・・。Step by step, day by day. ってあらゆる事象に言える事ですね。

1447番 MAIL HOME 管理人 ▼返信

■ the written of story, power of the story

2011年05月21日 (土) 10時28分


例え未知な単語があったところで、その記述が誰をも惹きつける魅力の妨げにも、読者にとっての時期尚早には成らない。英単語や漢字、或いは時として、カタカナでさえも、その綴りや画像としてのフォルムとして認識を認め、一先ずサッサカ読み進めてしまう。誰かにとってのチャーミングな記述とは、そういう事ではないだろうか。記述に限らず、音符の編成、時にコミュニケーション…特にパートナーシップ(何だか解らないんだけど惹きつけられてしまうって、ありますよね。恋愛に限らず)の場合が多そうですが、そういう場合は、"Give & Take" の冷徹な見極めが肝心。但し、"Give & Take" を冷眼な合理主義と認識してしまっうと事実と微妙なズレが生じる可能性を否めない。近頃で言うところの "Fair trade" ってのかな。

そしてなんにしても。究極はバランスって事ですよね。目に見えない部分を含めなきゃ、バランスなんて偏るしかなさそうだけど。

1448番 MAIL HOME 管理人 ▲

■ Re: 読みたい本

2011年06月02日 (木) 17時45分


確かに言葉のバランスによって本の面白さも左右されますね。オレも最近じっくり本を読めてないなぁ。のんびりと魅力的な言葉を楽しみたいなぁ。

久しぶりにキキさんの書き込みが読めて良かったです。
それでは、また。

1449番 MAIL HOME コリスケ ▲


■ 胸が痛む

2011年05月11日 (水) 14時58分


大切で、大切でどうしようもないのに、自分は何もできない。この胸の痛みを真摯に受け止める事、そして、そして。どうやって。

どうか、神様。

1446番 MAIL HOME 管理人 ▼返信


■ 遠い約束

2011年04月11日 (月) 11時07分


昔、見た光景からインスピレーション。
そういう所からの創造からやってみようか、と。
Little by littele, step by step.
Don't afreid so, it's all right...
May be.

1443番 MAIL HOME 管理人 ▼返信


2011年04月30日 (土) 19時32分


誰にも気付かれず、DBを受けた子供がどんな精神的負荷を受けて成長していったかなんて、長じてからでないと中々解んないものだと思う。幼児期に受けたセクシャルハラスメントの精神的負荷も同様。無理矢理押さえつけて、なかった事にして、それで全てが健全に進むなんて事がありえるんだろうか。

1444番 MAIL HOME 管理人 ▼返信


■ 恋愛の種(c)ナガフサキヨコ

2007年04月15日 (日) 22時30分


恋愛の種なんてどこにも転がってる
その気になればいつだって誰とだって
It's all right、We can start The love simulation game.
アナタ達は手近な種を手当たり次第、真実と言い張る天才
How useful sentence "Because I love you" is!!
Do you know what is meaning the "love" in English?
可哀想に未だ本物と出会えないアナタ達
恋愛の種を僕と育てたいと言う
そうして手近に見える事だけからしか判断しないなんて
僕の目にはいかに抜け駆けしようとしてるとしか映らない
例え本番前のシュミレーションだって真っ平ゴメン

いつかきっと
真実の種だけが愛の実を育てられる

僕はアナタ達と恋愛の種に水をやる気さえしない
いつだって上辺の条件で本物と言い張る
So, 出逢ってさえ真実が解らない
心の扉を開けば真実は心に映るはずなのに
ほんの少し

僕がアナタ達とシュミレーションさえしたいと思わないのは
僕の言葉を一言も聴こうとしないアナタ達だから
僕はいつだって本当しか口にしてない
本当は真実にしか届かない事が良く解った

真実の種に一番最初に出会ってしまった僕の幸福
真実の種以外興味がないだけ
真実の種に出会っても気付かない人には
それが僕の不幸と映るらしい

あの人が大切なのと同じ程度、それ以上、
アナタ達を大切にしただけ
あの人を置き去りにしてさえ

つくづく君と僕は自信が無かったんだね
自信がつくまで離れて成長する道を選んだ僕ら
なんて自虐的 なんてストイック
思い出してみよう ふたり出会って
どれほど強く逞しくなれたか 僕と君
心の手と手を繋げる事で出来る事は山ほど
そんなに悲しい顔してないでどうか 僕の愛を感じるまま
どうぞ今までどおり僕の側で 僕はいつだって君の側
僕らの愛は生まれた時から僕らだけの物

1364番 MAIL HOME 管理人 ▼返信


■ いやし犬

2005年10月19日 (水) 22時50分


基本的に犬は癒してくれるモノですが。

帰宅時、たまに合う犬と相性が良いみたい。初めて合った時から不思議で。あご下をなでていると、空気の固まりのようなものを身体の内部に感じたかと思うと、それが「ふわぁ」と身体に広がり身体が軽くなるような感覚があった。

今日で会ったのは3回目。

3回目の今日は彼の犬はご機嫌斜めっぽく、愛想は良くなかったけど、それでも私はその犬と見つめ合った目をそらせなかった。直に立ち去ったのだが、ちょっと歩くとまるで締付けられていたかのような身体中の細胞が少しやんわりとゆるんでいく感覚に気付き、まだもう少し彼の犬と対面したいという想いが再び足を現場に戻した。かといって彼の犬は機嫌が戻っている訳でもなく、ただジッとお互いに見つめ合うばかり。飼い主のおじさんに「この子どこ生まれ?すっごく気になる」なんて尋ねてしまうほどの、彼の犬からの私の癒され様ときたら。いや、アタシは生命の縁をやたら感じるタイプですが、現実生活に於いてそういう感覚を盲信した行動をとっていたら、ロクな事にならないと判断できる程度には理性的。そうして実際のところは最近、常に今現在を一番信用している。それでも。彼の犬と会うと、アタシの中にはアタシに語りかける誰かがいたり、もしくは前世や未来世というモノがあるののかもなどと・・・・・・そうして。

アンタ、誰?

================
からまれ癖のあるアタシ。

なんでわざわざ電話してくんですか?本当に謎。マジ、勘弁して下さい。

990番 MAIL HOME 管理人 ▼返信

■ からまれ癖

2005年10月19日 (水) 22時56分


アタシのやる事、なす事、言う事、否定しかしないのにどうして連絡してくんの?アタシから連絡する事って実際ありませんし。あまりに頻繁に電話があって、それに出られなかったからこちらからかけ直した事はありましたが。それ以外に連絡する気にならないですし。まじで2度と連絡しないでね。幸せな気分ってのは自分で作るもんだよ。

991番 MAIL HOME 管理人 ▲

■ はじめまして

2010年02月12日 (金) 19時21分


寒くて外に散歩に連れて行けません。

1440番 MAIL HOME きこり ▲




Number Pass


この掲示板をサポートする   このページを通報する   管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板