【コミュ障でも楽しい!】レンタカーの回送ドライバー



つもりBBS お茶の時間

よくぞ気付いてくださりました。
そして、ようこそいらっしゃいました。
まずは、日記を読んでくださりありがとうございます。

こちらはとりあえずの「つもりBBS」です。
そのうちお茶もふるまえるよう準備中です。
ほんちゃんBBSが整うまで、
お茶をしながら話すつもりで、
なんやかやと書き込んでくださると嬉しいです。


ホームページへ戻る


お名前
Mail
Title
お話
HomePage
Password
くっきー

このレスは下記の投稿への返信になります。内容が異なる場合はブラウザのバックにて戻ってください

■ 作詞初め

2007年01月03日 (水) 02時20分


「コットンボール」
作:長房聖子

ケセランパサランみたいなボール
薬玉みたいなボール
8mm大のコットンボール
目の前にあるコットンボール

ボクはボールを見るたび優しいキミを思い出す
キミがいないと何にも出来ないなんて
当たり前の事どうしてキミに伝わらないの
ボクにはキミがただひとり
キミとの時がどれほど大切かキミに伝えたい

8mm大のコットンボール、
キミとボクの幸せの種かな
キミに会いに行った日曜の午後
海の見える丘で小さな男の子がくれた

(想像してみようか)

小さな小さなふくふくの手の指先でつまんだ
落っこちそうに見えた小さなコットンボール
その仕草を見た瞬間どれほど幸せを感じたか
きっとあの子には羽が
そっとボクに渡した後ふわりと行った

8mm大のコットンボール、
手の平にのせて願いを空に
キミと当たり前に暮らす日々
早く普通にボクに訪れますよう

(なのにどうして)

思わせぶりなキミはボクの哀しみの元
いつかのあの日みたいにボクだけを見て欲しいのに
あたりソコイラ中張り付いた笑顔を振りまいて
ボクの気持ちは空の下
いつからキミに届かなくなったんだろう

ケセランパサランみたいなボール
真白で小さなコットンボール
ボクにくれた男の子の元飛んで行く
しだらかな風に気をとられた隙に

1235番 MAIL HOME 管理人 ▼


Number
Pass

Lenovo週末限定クーポンThinkPadを買おう!
無料で掲示板を作ろう
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板