KiNOA 掲示板

ガイドウォークやルートガイド、季節のインタープリテーションやフルムーンミーティングなどに参加された方、あるいはヒュッテみさやまにご宿泊された方など、または参加やご宿泊はしていなくてもいつもホームページを見にきていただいている方、いろいろな方々により開かれた会社でありたいと思い掲示板を開設することにしました。
皆様の情報交換の場であったり 霧ヶ峰を訪れた感想など、どうぞお気軽に書き込んでください。

2017年12月13日(水) KiNOA役員一同


* 一般に公開された掲示板です
* お名前とメッセージ以外は任意です
* 内容の記述にはHTMLタグも使えます
* 画像ファイルの種類はGIF画像、JPEG画像、PNG画像です
* 編集Pass(任意の英数字)を入力すると投稿したご自分の記事の編集や削除ができます
* 編集Passを入力していない投稿の内容を変更したい場合は管理人までご連絡ください
* 各行事へのお申し込みやお問い合わせはKiNOAメールフォームまたは、霧ヶ峰自然教室までお願いします
* お気に入りに追加していただくとアイコンが になります →

- 前のページに戻る -

- KiNOAのトップページに戻る -

お名前 必須
タイトル ご記入いただければ内容が分かりやすくなります
メッセージ 必須
写 真 あると楽しくなります
あれば理解が深まります
E-Mail あなたの思うままに
URL あなたの思うままに
文字色 | | | | | | | | | | |
編集Pass 任意の英数字を入力すると投稿後の記事を編集できます 投稿の保存
投稿キー

No.26 暑いけど涼しい  投稿者 : 山野たぬき   投稿日:2008年07月19日 (土) 18時02分 [返信]

そろそろ梅雨明けでしょうか?
霧ヶ峰高原も日差しが強く暑い日が続いています。暑くてやだなぁーと思いますが里よりもずっと過ごしやすいのでした。

そうそうそういえばハクサンフウロのようなそうでないような変なお花に出会いました。
何でしょうね?

- 画像がある場合はクリックすると拡大します -

No.24 イヌエンジュ  投稿者 : 森野クマ三   投稿日:2008年06月08日 (日) 22時34分 [返信]

車山の肩あたりから見下ろすイモリ沢のあたりはズミの花が満開で、霧ヶ峰にこんなにズミがあったのかと今更ながら驚いてしまいました。八島のズミはまだ蕾が多いようですが、その代わりエゾノコリンゴが満開で旧御射山の辺りは霞がかかったようでのどかな風情。
しかし、この時期惹かれてしまうのがイヌエンジュの芽吹き。毛深くて、遠目には銀色に光る花のようです。鬼ヶ泉水辺りに数本。木道脇にあるので、是非訪ねてみてください。

- 画像がある場合はクリックすると拡大します -

No.22   投稿者 : コマ   投稿日:2008年05月27日 (火) 19時55分 [返信]

5月24,25日の定例会に夫婦で参加したコマです。
八島湿原・鷲ヶ峰ひゅってには一昨年8月に行きましたが、そのときの湿原は豊かな緑と美しい花々でいっぱいでした。しかし今回は春まだ浅く、全体が銀色がかった褐色のようで驚きました。あいにくの雨で定例会のWalkも躊躇してしまいましたが、雨の湿原は霧雨で白く煙り木道が底に黒く光って、ずうっとどこまでも続くように見えました。そこをシュレーゲル蛙の声を聞きながらゆっくり歩けたのはとってもよかったです。うぐいすや雉の声も聞こえましたね。雨足が強くなかったので、雨の中を歩くのも気持ちよく、イギリスやスコットランドでは現地人を気取って傘も差さずに歩いていたことを思い出しました。(東京ですっかり軟弱になっていたらしい・・・)
24日午前、まだ晴れている間に「池のくるみ」を歩いたとき聞いた蛙もシュレーゲル蛙ではないかと思うのですが、もしできたら録音して確かめてみてください。「カララララ」の合唱は比較的静かで必死に命を紡ぐ営みのように聞こえました。
四季折々で自然の表情は違うんですね、その季節ならではのお話も聞けますし、また違う季節に訪ねたいと思います。少々の雨でも気持ちがいいことが分かりましたし、
KiNOAの皆さん、お世話になり、ありがとうございました。どうぞお元気で!

- 画像がある場合はクリックすると拡大します -

No.23 コマさま  投稿者 : やまかわ@KiNOA   投稿日:2008年05月27日 (火) 21時49分

春の定例会にご参加いただきありがとうございました。
あいにくの天候のなか春の霧ケ峰とシュレーゲルアオガエルの声を楽しんでいただけたでしょうか。私たちもご夫妻の素敵なお人柄と海外のお話に楽しいひと時を過ごすことが出来ました。また、機会がありましたら是非霧ケ峰へお出かけ下さい。お会いできる日を楽しみにしております。
ご夫妻の健康をお祈り申し上げます。ありがとうございました。

(池のくるみ蛙鳴も時間を見つけて聞いてみます。)

- 画像がある場合はクリックすると拡大します -

No.25 池のくるみの蛙鳴  投稿者 : やまかわ@KiNOA   投稿日:2008年06月13日 (金) 00時19分

八島湿原はズミの花が咲きレンゲツツジの花もほころびはじめました。確認に随分時間がたってしまいましたが今日 池のくるみに立ち寄ってみました。車を降りて少し歩くとカエルの声が風に乗って聞こえその声はコマさんのおっしゃ通りシュレーゲルアオガエルの声でした。いつもは八島湿原で聞いている声ですが、違った景色の中で聞くのもまたいいものですね。ほんの短い時間でしたが楽しいひと時でした。最後に確認が遅くなってしまったことお許し下さい。そしてまた、お会いできる日を楽しみにしております。

- 画像がある場合はクリックすると拡大します -

No.21 春、春、春  投稿者 : 山野こテン   投稿日:2008年05月16日 (金) 23時54分 [返信]

5月。山では花が咲き始め新緑のやわらかな緑に包まれるこの季節をまだ「春」と呼びます。この頃の最低気温は0度近く。最高気温15度くらい。体に心地よい暖かさの中、元気な黄色の花びらが春のスタートを告げているような気がします。標高1600メートルでも春型のキアゲハやコマルハナバチを見かけるようになりました。
小さな生き物たちの動きが活発になってくれば大きな生き物も忙しくなります。それを楽しみにしているKiNOAスタッフもじっとはしていられません。一週間後には春の定例会です。さてさて今年はどんな場面に出会えるのでしょう。ワクワクしますね。

- 画像がある場合はクリックすると拡大します -

No.20 満月夜会  投稿者 : やまかわ@KiNOA   投稿日:2008年04月22日 (火) 01時33分 [返信]

昨夜(もう日付が変わっているので正確には一昨夜ですが)は、6名の参加者をお迎えしてのFull Moon Meetingでした。霧ケ峰の雪も日陰を残してすっかり融け つい最近まで雪と氷の世界だったのがウソのよう。湿原を渡ってくる夜風には、干草のような香りや氷から開放されたばかりの土の匂いを感じ取る事ができました。肝心の満月は、車山山頂付近から八島湿原方面に帯状の雲がかかり約1時間半ほど外にいたのですがほんの一瞬顔をのぞかせただけでした。それでも充分な月明かりの中 湿原や草原を渡ってくる夜風に耳や鼻の感覚を普段の何倍にも膨らませてのひと時でした。次回の5月20日は、また違った空気を感じることが出来るでしょう。今から楽しみです。

- 画像がある場合はクリックすると拡大します -

No.19 鎌が池から  投稿者 : 林やねず美   投稿日:2008年03月30日 (日) 13時32分 [返信]

昨日、八島ヶ原湿原を長靴で散策してきました。広場から真ん中の階段を下り鎌ヶ池まで、木道の雪はほとんどなく、つぼ足でOK。鎌ヶ池からはドームがこんもりと高く見え、雪のないシーズンよりも盛り上がりがはっきりと分かるようです。広場から御射山方面はまだまだ雪がたくさんで注意が必要です。

土曜日、それも春休み期間中だというのに、誰にも出会いませんでした。“広い湿原二人じめ”状態でした。

- 画像がある場合はクリックすると拡大します -

No.18 お久しぶり  投稿者 : 林やねず美   投稿日:2008年03月19日 (水) 15時55分 [返信]

八島ヶ池、お久しぶりです。
冬の霧ヶ峰を楽しむことができない内に、もう春がそこまで来ていしまいました。冬が行ってしまうのはちょっと寂しい気もします。でもやっぱり、春の気配を感じるとうきうきしてきます。

スキーやスノーシューの人たちが来なくなり、春の観光客やハイカーがやってくるまでの間、最も静かな時間でしょうか?穴場かも。

Full Moon の下、明るい雪原を眺めることができるのは今月が今シーズン最後のチャンスですね。

- 画像がある場合はクリックすると拡大します -

No.17 春ですか  投稿者 : 山野たぬき   投稿日:2008年03月17日 (月) 20時58分 [返信]

八島ヶ池が見えはじめました。
昨年は積雪が少なかったせいか八島ヶ池が見える前に湿原自体が見え出していましたが今年は例年並の積雪があり楽しい冬を過ごすことができました。

雪が融けると春です。
春の定例会は5月24日(土)〜25日(日)です。
でもその前にFull Moon Meetingが3回ありますね!!

- 画像がある場合はクリックすると拡大します -

No.16 ハプニング  投稿者 : 原野いのしし   投稿日:2008年03月13日 (木) 19時10分 [返信]

昨日午前中に出かけて帰宅後車から荷物を降ろして部屋に入って仕事を始めてしまい 車のドアを閉め忘れていました。1時間くらい後に気付いてドアを閉めたのですが 夕方車に乗ろうとしたら助手席のあたりで動くものが! よく見ると小鳥がバタバタ なんとマヒワを半日車に監禁していたのでした。あわててドアを全て開けて森に帰っていただいたのですが、生きていて良かった。ほッ。写真の1枚も撮っておけばよかったのかも知れませんが、開放するのに気をとられて残念ながら写真はありません。あとに残ったのは、あちらこちらに散らかった羽根と白い落し物の数々。今日は、落し物の掃除をしました。

- 画像がある場合はクリックすると拡大します -

No.15 山の春  投稿者 : 山野こテン   投稿日:2008年03月11日 (火) 21時13分 [返信]

雪たっぷりの定例会冬Bが終わって一週間。気になっていた「雪まくり」の写真を撮りに行きました。直径は20p〜40p。きれいに巻き取られた湿雪はパン屋さんに並んでいるシナモンロールのようでした。英語では「スノーローラー」というのだそうです。楽しくなるような形ですが、このような雪の状態は湿雪表層雪崩が起きやすい条件でもあります。気をつけなくちゃ。


- 画像がある場合はクリックすると拡大します -



Number Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板