無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする



愛知山車祭り研究会談話室

研究会員の情報交換の場として利用下さい

研究会ページに戻る

名前
タイトル
本文
e-mail
URL
文字色
削除キー 項目の保存

このレスは下記の投稿への返信になります。戻る

No.189 4日に亀崎へ行ってきました 投稿者:舟橋武志     投稿日:2017年05月07日 (日) 21時51分 [返信]

まさか山登りさせられるとは

 半田・亀崎の潮干祭りを見に行ってきた。ユネスコの無形文化遺産に登録後、初めての祭りになる。すごい人出で、地元の一人は「これまでにない出来事」と半ばあきれるほどだった。

 亀崎の山車に限らず、半田はどこも彫刻がすごい。立川流の二代目立川冨昌やその娘婿の立川昌敬が活躍しているが、さすがにこの日ばかりは作十郎の名を持ち出すのは気が引けた。地域の求心力となる祭りはやっぱりいいものである。

 午後から最大の見せ場「海浜曳き下ろし」が始まった。男衆たちが5両の山車を波打ち際に並べると、海岸を埋め尽くした観客から大きな拍手が沸き上がった。砂浜を6トン以上もある山車を引くのは大変なことで、見ているこちらも手に汗を握るほどだった。

 それにしても、すごい人出だ。電車で来たときも、駅から長蛇の列が続いていた。祭りの経済効果はかなりのものだったと思える。

 この日、3万歩近く歩いた。人並みを避けて脇道に入ると、急な坂道を上り下りすることになり、亀崎が海と山との間にある漁村だったことを思い知らされた。かつて訪れたときは町中の道を自由に歩けたのに、今回は人並みでスムーズに歩けないほどの人出だった。




Number
Pass




レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板