無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする



愛知山車祭り研究会談話室

研究会員の情報交換の場として利用下さい

研究会ページに戻る

名前
タイトル
本文
e-mail
URL
文字色
削除キー 項目の保存
No.87 徳川美術館 投稿者:横井    投稿日:2007年06月14日 (木) 22時59分 [返信]

7月22日まで 第5展示室に尾張名所図屏風 森高雅筆 六曲一双
名古屋東照宮祭礼図巻 森高雅筆 今回は伝馬町
名古屋東照宮祭礼図巻 鬼頭道恭筆 九両揃い
名古屋天王祭礼図巻
熱田大山図とだんじり二台
7月16日まで「水 七変化」では《川》のところに 津島社祭礼図屏風 岡谷家寄贈 六曲一双
上記が展示してあります。入館料は1,200円です。月曜休館 


No.85 本の紹介 投稿者:横井    投稿日:2007年05月22日 (火) 17時06分 [返信]

EXPO Cafe`の本 Vol.2
がやっと発売されました。1,500円
エキスポカフェ発行


No.84 みんなでつくろう!本丸御殿 湯取山車囃子出演 私も出演予定 投稿者:村田 芳章    投稿日:2007年05月19日 (土) 23時48分 [返信]

 来る5月26、27日(土日)に「名古屋栄 オアシス21」にて「みんなでつくろう! 本丸御殿」というイベントが開催されます。本丸御殿や初代当主徳川義直と春姫を紹介する催しですが、急きょ、東区筒井町 湯取車保存会へ出演依頼があり、5月27日午後三時より 市民アトラクション5 にて湯取車保存会による湯取山車囃子の演奏があります。

 湯取神子車は 宮流神楽笛を使い、名古屋まつりに出て来る山車の中でも異色のお囃子です。どのような曲目が公開されるのか未定ですが、「東照宮祭」七間町由来の「雨降囃子」などが予想されます。この機会に、能楽とも違い、熱田神楽と類似性を持ちながら独自の発展をとげた珍しいお囃子をご堪能ください。(西枇杷島まつりの行事と重なり恐縮に思います)

 これはフェスティバルでありますが、(名古屋まつりも?)山車祭を広く知っていただく為の手段と考えています。


No.83 西枇杷島まつり 投稿者:問屋町 林    投稿日:2007年05月15日 (火) 19時45分 [返信]

横井氏より西枇まつりについての書き込みがありましたので詳細を。
今年は本来5年ごとの五輌揃えの年ですが行政(清須市)より「合併をしたことだし、一度新川地区、できれば新川橋まで行ってもらえないか」との要請がありました。そこで五町が話し合い五輌揃えを中止して日曜日朝に新川へ向かうこととなりました。ガード東二輌はご存知のとおり屋根を降ろしガードをくぐります。その後9:30ごろ出発し、ひたすら西へ曳行します。2時間後(恐らく新川地区に入っていると思いますが)どこにいようが曲げて帰ります。問屋町に戻るのが2:30頃になると思います。
土曜日に五輌揃えを行って翌朝新川地区に入ると地元の氏神にほとんど参れないことになるので、五輌揃えは取りやめになりなした。来年あるかも。
合併後、三町(西枇・新川・清洲)は全て横並びです。二百年以上の歴史のある山車祭りも他2町のナントカ祭り(フェスティバル?)と同じ扱いです。マア、しょうがないんですけどね。で、わが祭りを他二町の人たちに理解してもらうために新川橋まで行くこと自体には非常に意味のある事と思いますが、こちらはフェスティバルと違い神事です。本楽に氏神をほったらかしにしてまでいくのも一寸困ります。行政もそこを考えて欲しい。合併後だし、ひも付き(修理代?)だし、予算が無いから行政も祭りの日に行けと言う。別のイベントを考えてくれたら新川でも清洲にでも行くんだが・・・。
何か愚痴になっちゃいました。スミマセン。


No.82 若宮祭りにて 投稿者:横井    投稿日:2007年05月11日 (金) 22時45分 [返信]

16日に玉屋庄兵衛が学研の取材を若宮祭で受けるそうです。また学研発行の雑誌のふろくに高さ13センチの茶運び人形がつくそうで発売は6月の中ごろだそうですぐに完売が予想されますので本屋さんに是非予約を。


No.81 新本の紹介 投稿者:横井    投稿日:2007年05月09日 (水) 20時16分 [返信]

神田明神選書 1
「天下祭読本」−幕末の神田明神祭礼を読み解く−
都市と祭礼研究会編  雄山閣  本体2,000円
京都 祇園祭手帳
河原書店  本体1,143円


No.79 筒井天王 投稿者:村田 芳章    投稿日:2007年05月05日 (土) 00時47分 [返信]

 正確な喪明けなら筒井天王時には喪が明けておりますが、喪主を務めた人間ですので、進退伺いを出していましたが、祭礼に出るよう要請を受けましたので、喪明けのお祓いを受けた後、祭礼準備に望みます。昨年より悪化していた胃腸も完治寸前まできました。

 にしびは5輌揃えるそうですが「惜車」は出るのでしょうか?

No.80 西枇杷島 投稿者:横井    投稿日:2007年05月07日 (月) 00時50分

今年は五輌ぞろえの代わりに3日(日)に朝一番で新川橋東まで五輌の山車が運行されます。問屋町・橋詰町は早朝より屋根をはずして国鉄越えを行い11時ぐらいには自町内に戻る予定だそうです。ただただ行って帰ってくるだけのタイムスケジュールになりそうです。惜しみ車のうわさは聞こえてきません。


No.78 削除しました 投稿者:野畑    投稿日:2007年05月02日 (水) 00時28分 [返信]

No.75の投稿は会員ではありませんでしたので削除しました.
関連レスのNo.76と77もシステム上消去されました.

横井さんへ
検索によりこの掲示板がヒットすることがあるようです.
現在ここは無料掲示板ですので対応はムリのようです.
有料の掲示板にアップグレードすれば会員IDとパスワード入力により会員のみ閲覧可能な掲示板に移行出来ます.


No.73 東海市の山車祭り 投稿者:横井    投稿日:2007年04月17日 (火) 23時45分 [返信]

4月17日付けの中日新聞朝刊の最後のページに
「東海市の山車まつり」出典書かず200冊回収と真ん中あたりにひっそりとでておりました。みなさんごぞんじかと思いますが・・・。

No.74  投稿者:野畑    投稿日:2007年04月19日 (木) 00時17分

根拠のない想像や誤りが活字になってしまうとそれが真実かのように一人歩きを始めます.
回収されるとのことで内心ホッとしております.
この本を持っておられたら東海市に連絡してお金を返してもらいましょう.



No.72 乙川からくり放映 投稿者:横井    投稿日:2007年04月05日 (木) 23時31分 [返信]

NHKウイークエンド中部
4月7日(土)朝7時30分より8時15分の番組の中で乙川祭りのからくりが放映されます。


No.71 喪中のお詫び 投稿者:村田芳    投稿日:2007年03月21日 (水) 22時52分 [返信]

 3月16日に我が祖母が永眠しました。95歳でした。喪主は僕が勤めました。
春祭は喪中の為、控える予定です。また掲示板も書き込まない予定です。
 祭礼に顔を出さない、事情を知らない方は不思議がると思いますが、そのような方には喪中であるとご説明願えるでしょうか。なにとぞご容赦を。


No.68 おもいっきりテレビ 投稿者:横井    投稿日:2007年03月08日 (木) 00時19分 [返信]

3月9日(金)
中京テレビ系列の「おもいっきりテレビ」お昼12時からの番組の今日は何の日コーナーで犬山のからくり人形が修復された日として放映があります。
だいたい12時55分ごろだと聞きました。
皆さんビデオ録画の用意を。

No.70 ビデオの件 投稿者:大内    投稿日:2007年03月14日 (水) 21時21分

横井さんこんばんは、大内です。情報有難うございました。残念ながら、出張中で録画出来ませんでした。どなたか録画した方、ダビングしたいので貸して頂けませんでしょうか。お願い致します。


No.64 石取祭調査報告会 投稿者:小川     投稿日:2007年02月19日 (月) 13時52分 [返信]

桑名市のHPに出てましたのでURL貼っておきます。http://www.city.kuwana.lg.jp/shirase.html?id=105
先着200名ってのが微妙ですね。全く来ないか溢れかえるか予測ができません。私も並ばなければ入れてもらえないと行政から言われたので並ぶ予定です。

No.66 お疲れ様でした。 投稿者:小川    投稿日:2007年02月24日 (土) 21時10分

桑名までお越しいただき、ご苦労様でした。来ていただいた方とはゆっくり話も出来ず申し訳ありませんでした。さて、盛況な会だったようですが第三者のご意見が伺いたいものです。

No.67 無事に文化財指定受けました。 投稿者:小川    投稿日:2007年03月07日 (水) 18時49分

「桑名石取祭の祭車行事」が、官報第4537号に掲載の文部科学省告示第34号において、国重要無形民俗文化財に指定されました。明日、認証式です。

No.69  投稿者:野畑    投稿日:2007年03月08日 (木) 00時55分

あらためて、おめでとうございます.


No.62 乙川のからくり 投稿者:横井    投稿日:2007年02月06日 (火) 23時47分 [返信]

からくり人形は役の行者が座っている状態から立ち上がって6本の杭をわたっていきます。
鬼は1匹ですがちょっと可愛い系です。
この鬼が怒り顔の面をかぶります。
お囃子は新曲を練習中だそうです。

No.65 役行者 投稿者:村田芳    投稿日:2007年02月21日 (水) 00時16分

日本でとてつもない神通力を持った人間、鬼神を使役した、修験道の大家「役小角」(役行者)「役行者大峯桜」は浄瑠璃のようですね。また歌舞伎にもあるようです。すいません、役行者大峯桜のあらすじはわかりません。
 神通力を持った人間としては、万能型天才密教の祖「弘法大師 空海」(774年生まれ)や平安時代、陰陽道の大家「安倍晴明」(921年生まれ?)がいます。

 役行者は歩いて富士山に登ったとも?大峯山は吉野にあります。

 江戸時代には、人気があったのでしょう。634年の生まれで、時代背景として壬申の乱(672年)大海人皇子の頃の人です。645年には西遊記のモデル、玄奘三蔵は中国(唐)へ経典を持ってきました。

 あまり関係が無いかもしれませんが、この頃は朝鮮三国時代(新羅、百済、高句麗)でその均衡が破れた時期、663年に白村江で日本、百済の遺臣連合軍が大敗北を喫しています。その戦の大敗北が、神皇車の大将人形のモデルとなる、神功皇后の大遠征(新羅征伐)を作ったのではないか?と思うのです。皇極(斉明)天皇(斉明即位655年)と持統天皇(687年即位)が神功皇后のモデルとの有力説もあります。神功皇后の大遠征は壬申の乱の近畿地区の戦いがモデルと地域を限定する説もあります。

 修験道は「湯立神事」に大変深い関わりがあるようで、昔調べていました。話、脱線しちゃいましたね。


No.63 本の紹介 投稿者:横井    投稿日:2007年02月15日 (木) 22時30分 [返信]

ナゴヤ全書
中日新聞連載「この国のみそ」
中日新聞社発行 1,429円
あそびのための郷土玩具
「郷土玩具」で知る日本人の暮らしと心5
くもん出版 2,500円




Number
Pass




レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板