無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

セイワ薬局掲示板

何か記念に書いてください!

ホームページへ戻る

名前
MAIL
URL
件名
内容
アイコン /アイコンURL
削除キー COOKIE


[ No.216 ] 第4回Tokyo BABY Meeting 投稿者: セイワ薬局 2012年03月09日 (金) 15時53分
第4回Tokyo BABY Meetingに参加させていただきました。
本会は臨床医が日常思う治療の疑問点、問題点を本音で話し合う場で、興味深いお話の伺える会です。
今回の本講演は、小児喘息GL改訂後の状況という演題で、同愛記念病院の山口公一先生にご講演いただきました。

再確認しておきたい点をメモしておきたいと思います。
*トウモロコシデンプンが使用されているため、極々まれにアレルギーを起こすことがある。他のLTRAには含有されていない。
*GEのツロブテロールテープの中には、急激に血中濃度の上昇するものがあるようだ。
*乳児の喘息治療はその診断が難しいが、やはりover treatment から初めてstep down していく方がいい。千葉先生が、呼吸を覚えることと歩くことを覚えることは違うとおっしゃっていたのが印象的でした。
*ネブライザーを使った吸入の基本はマスクよりもマウスピースで実施。マスクを使用した場合には清拭を行って皮膚のかぶれ等の副作用を予防。
*BISでコントロールできない時、BISも継続してアドエアを追加して治療するそうです。保険が通るのかなあ?
*ステップダウンの目安はおおむね1年問題がない場合。効いていると思われる薬は最後まで残すのが基本だが、どれを中止してもさほど大差はないというデータもあるようです。
*症状もなく1年以上も寛解状態であってもスパイロメータでの成績がイマイチということが多く。ステップダウンの判断が難しいことも多いようです。
*例えば、メプチン吸入液。薬剤師からみて年齢、体重に比して投与量が多いなあと思う時、実際に吸入できている量が、小さい児ほど少ないのであまり厳密に考える必要はなさそうというお話し。β刺激剤を多く使用しなければならないときには、呼吸数、心拍数に留意。

アストラゼネカ鞄結梹x社のある丸の内トラストタワーはセキュリティーの厳しいビルでした。

[ No.214 ] 謹賀新年2012 投稿者: セイワ薬局 2012年01月02日 (月) 09時01分
2012年、平成24年の幕開けです。
昨年は世の中がとてもたいへんな年でした。
東日本大震災、福島原発事故、台風災害など。
それでも、昨年末に選ばれた昨年の漢字は‘絆(きずな)’でした。
多くの災いの中、人と人との絆の大切さ、有難さなどを改めて感じた方が多かったのではないでしょうか?
また、普段の何気ない平凡な暮らしがこの日本においてはどれだけ幸せなことなのか、そう感じた方も多かったのではないでしょうか?
家の灯りを一つ点ける普通のことが有難いことと感謝しながら、今現在あらゆる‘復興’に向けて頑張っておられる方々に敬意を表したいと思います。
セイワ薬局は笑顔で患者様を迎えられるよう、よい薬局づくりにスタッフ一同頑張ってまいります。
今年もよろしくお願いします。

平和で穏やかな一年になりますように

笑顔があふれる一年でありますように

[ No.213 ] 五苓散坐剤 投稿者: セイワ薬局 2011年12月23日 (金) 18時30分
感染性胃腸炎による嘔吐、下痢の症状緩和に五苓散坐剤を調剤し始めました。
ある先生のご発表では、坐薬挿入後20〜30分で症状の改善がみられるということです。
まだ投薬をした患者さんの経過を伺いきれていないので現時点で効果のほどはわかりませんが、情報を収集していきたいと考えています。
丸石製薬の坐薬コンテナーを2種類用意してみました。
1.35tのコンテナーにはツムラ五苓散エキス顆粒(医療用)が1.0g、2.25tのコンテナーには1.7g含有していますが、小さいお子さんには坐薬が大きすぎてちょっと抵抗感があるようです。
小児漢方をご専門にされている先生方の学会?は製薬メーカーに新薬としての製造販売を依頼しているようですが、どうなりますか?
いづれにしても、このお薬の有効性については追っていきたいと思います。

[ No.254 ] 投稿者: ママ薬剤師 2015年10月22日 (木) 15時29分
初めまして。
以前の書き込みなのですが、お返事いただければ幸いです。
近くの病院より、五苓散坐剤を調製してほしいといわれました。
調べてみると、調製方法は出てきました。
温浴でホスコを融解するとあるのですが、湯せんで行うのでしょうか?
それともガスコンロ等で火にかけてあたためた方がよいのでしょうか?
他にも疑問があり、困っています。。
お詳しそうだったので、もし可能であれば教えていただけないでしょうか。。。
よろしくお願い致します。。

[ No.212 ] 城東地区インフルエンザ感染症研修会 投稿者: セイワ薬局 2011年12月23日 (金) 18時17分
平成23年12月20日(火)、城東地区インフルエンザ感染症研修会に参加してきました。

みやのこどもクリニック、宮野孝一先生のラピアクタ注投与症例のご発表、博慈会記念総合病院、田島剛先生の気道感染症の治療と選択という演題でのご講演でした。
ラピアクタ注は昨シーズンから登場した抗インフルエンザ薬で、治療の選択肢が増えたことは患者さんにとっても医療側にとってもうれしいことです。
インフルエンザの治療に対しては、医師の裁量によってその治療法が選択される訳ですが、程度によっては抗インフルエンザ薬を使用せずに経過観察していくということもありうるということをもう一度再認識したいと思います。
検査キットが普及してから、検査陽性即抗インフルエンザ薬の投薬が当然のようになってきた風潮がありましたが、抗インフルエンザ薬の登場から10年が過ぎた今、今一度抗インフルエンザ薬の使い方を考え直す時期ではないかと思います。

田島先生のご講演は、いま話題のマクロライド耐性のマイコプラズマ感染症についてでした。やはりMLsの耐性はかなり広がっているようです。
ミノマイシンは特効薬になりうるようですが、やはり小さいお子さんには使いにくいようです。
ビブラマイシンやリカマイシンもひっぱり出してきて治療薬に加えておられるようですが、その効果のほどはもう少し様子を見たい感じがしました。
今回の研修会は、城東地区の先生方が多く参加されていましたが、薬剤師の私としては、ざっくばらんな意見交換を聞かせていただけたことが一番の収穫でした。

[ No.211 ] よこあみ小児科懇話会に参加 投稿者: セイワ薬局 2011年12月02日 (金) 18時46分
平成23年12月1日(木)
第5回よこあみ小児懇話会に参加してきました。

小児気管支喘息治療の管理ガイドライン2012〜改訂のポイントと題して同愛記念病院小児科部長山口公一先生のクリニカルカンファランス。
発達障害の最近の話題と題して東京臨海病院小児科医長勝盛宏先生の特別講演。
2題拝聴してきました。

ここのところ、喘息治療のGLは本当によく変わるように思います。
ステロイドの吸入やロイコトリエン受容体拮抗剤の登場で喘息治療はガラリと変わりましたが、さらに発作時のステロイド内服治療などこれまでの既成概念では考えも及ばない治療法も採用されています。
DSCGの予防はとうとうGLからはずれてしまうようです。
確かに、そうでしょうね。

勝盛先生のお話は、今年3月、薬剤師会の研修会で伺ってはいました。
先生曰く、これまでの講演は学校の教諭や薬剤師や福祉に係わる方々の前で行うことがほとんどだったとか。
同じ職業の医師にはほとんど講演を行っていらっしゃらなかったというお言葉から講演は始まりました。
私が感じたのは、講演に参加された先生方のほとんどが小児科医であったため、(医師でないのは私だけだったかも?)医師として本音でお話しされていたような印象を受けました。
3月に伺った感覚とはまたちょっと違った形で講演を拝聴することができました。
発達障害という分野を診察するには、本当に手間も時間もかかり、一般診療をしながらの開業小児科の先生方にはなかなか難しいようです。
それでも、発達障害を早期に見つけ治療を開始するのは医療の分野だけでなく、教育、福祉など、様々な分野の方々との連携が必要であることを再認識させていただきました。
「あなたのおこさんは発達障害があります。」と診断して宣告するのは本当に大変なこと。
それでも誰かがそれを知らせて治療していかないことには、その子が将来困ることになるということのようです。
この分野も、病気そのものを親御さんがきちんと理解することから始まるようです。
本当に辛抱強くとりかからなければならない大変な仕事だと思います。

[ No.210 ] 抗癌薬@薬剤師会 投稿者: セイワ薬局 2011年11月18日 (金) 22時51分
平成23年11月16日、江戸川区薬剤師会研修会。
「院外処方せんの時代に向けての抗癌薬の取り扱いについて」という演題で、がん研有明病院薬剤部部長の濱敏弘先生のご講演を拝聴してきました。

この分野を知っておくためのキーワードのみ列記します。

@ 分子標的治療薬
   低分子化合物
    チロシンキナーゼ阻害剤
    Rafキナーゼ阻害薬
    TNF-α阻害剤
    プロテアソーム阻害剤
   モノクローナル抗体
    マウス抗体(語尾が〜omab)
    キメラ抗体(語尾が〜ximab)
    ヒト化抗体(語尾が〜zumab)
    ヒト抗体(語尾が〜mumab)

A TNM分類
   悪性腫瘍の病期分類である。
   T(tumor):原発腫瘍の進展度
   N(nodes):所属リンパ節の状態、特定の部位では遠位リンパ節
   M(metastasis):遠隔転移の有無
   この3つの因子に付記する数字によって、その広がりを表示するようになっている。

B パフォーマンスステータス
 grade   performance status
  0  無症状で社会活動ができ,制限をうけることなく,発病前と同等にふるまえる.
  1  軽度の症状があり,肉体労働は制限を受けるが,歩行,軽労働や座業はできる,例えば軽い家事,事務など.
  2  歩行や身の回りのことはできるが,時に少し介助がいることもある.軽労働はできないが,日中の50%以上は起居している.
  3  身の回りにある程度のことはできるが,しばしば介助がいり,日中の50%以上は就床している.
  4  身の回りのこともできず,常に介助がいり,終日就床を必要としている.

[ No.209 ] 怖くないがん治療@健康講座 投稿者: セイワ薬局 2011年09月19日 (月) 22時29分
9月17日(土)、江戸川区薬剤師会の健康講座に参加してきました。
東京大学医学部付属病院薬剤部、黒田誠一郎先生にご講演いただきました。
演題は、「がんとの上手な付き合い方 怖くない抗がん剤治療」
安心して抗がん剤治療を受けるための12か条

第1条  病気を理解する
第2条  治療を理解する
第3条  副作用を理解する
第4条  副作用の対処方法を理解する
第5条  健康食品・代替医療におぼれない
第6条  普通の生活を送る
第7条  何でもがんと結び付けて考えない
第8条  先々のことを考えない
第9条  近い時期に楽しいことを計画する
第10条 良い友、良い家族を大事にする
第11条 仕方ないことすんだことにこだわらない
第12条 納得するまで聞いてみよう

上記12か条は薬の仕事をしている私にもきちんと頭に入っていませんでした(反省)。
当然のことと思えてもそのときになってみると実践していくことはたいへんかもしれません。それでもこの12か条は必須です。そう思います。

[ No.208 ] 皮膚科処方@薬剤師地区研修会 投稿者: セイワ薬局 2011年09月19日 (月) 22時13分
9月10日(土)薬剤師会地区研修会に参加してきました。
東京臨海病院皮膚科部長、阿部澄乃先生のご講演がありました。
いつものようにポイントを箇条書きにします。
知っていたようで知らなかったこともちらほらと。

@strongestに分類されるデルモベートは最強のステロイドに位置し、strongestの中でもダントツに強く、使用には十分に注意する薬剤。

Aステロイド外用剤による色素沈着は起こらないというのが皮膚科学会での常識。治癒の過程で赤い→黒い→正常色となる治癒過程の一端と考えられるという説。ただし、処方される機会の多いリンデロンVGは、時に色素沈着が見られるようだが、その原因は含有するゲンタシンによるものではという説。

B薬疹は2週間くらい前までさかのぼって考えること。また、過去に使用歴があってそのときに問題がなくても起きることがあるということ。

Cディフェリンゲルは乾燥肌を起こしやすいので化粧水などで保湿のケアを。

Dにきび治療に使用される抗生剤は、ミノマイシン、ビブラマイシン、ルリッド。長期処方されるケースは多いが、基本的には症状が良くなるまでの内服でよいとのこと。再発憎悪時には早めに再内服。

Eカンジダにはニゾラール、糸状菌にはラミシール。

F乾癬、赤くなったり白く分厚い皮膚に。残念ながら、治癒の難しい疾患のため病気と上手にお付き合いをすることが大事。コントロールは可能。治療の一例として、ステロイドとVD3の塗布薬を用いるが、軽快まで約一ヶ月を要するのでその期間、患者さんが我慢できるかがポイント。信頼関係が形成されていない場合にはステロイドとVD3を混和して処方。その他、レチノイド、サイクロスポリン、メソトレキセート、レミケード療法。

G黄色ブドウ球菌によるとびひ治療に処方されるソルベース+ヒビテンは患部を乾かすために処方。

Hモーラステープは絶対に露光部に貼らない。4週間以上前に貼付した例でも光線過敏症が発症する。発症するとその治療にはステロイド塗布だけでは済まず、内服、し
かも短期間での治癒が見込まれないため注意が必要とのこと。

阿部先生は上記AとHだけは覚えて帰ってほしいとおしゃっていました。投薬時、使わせていただきます。

[ No.207 ] 第38回日本小児東洋医学会 投稿者: セイワ薬局 2011年08月15日 (月) 10時13分
8月13日(土)、ザ・プリンスさくらタワーで行われた第38回日本小児東洋医学会に参加。

実際に漢方を使用されている先生方からのご報告を伺ってきました。
@ 投与方法(飲ませかた、坐薬、他) 森こどもクリニック 森蘭子先生
   漢方薬を服用する際に混ぜるもの、五苓散坐薬の作り方
   桂枝含有薬にはリンゴ味が相性が良いようです。
A 風邪、上気道炎 外房こどもクリニック 黒木春郎先生
   秋葉哲生先生の感冒検索チャートを利用
B 耳鼻科疾患 木村耳鼻咽喉科小児科医院 木村康子先生
   鼻症状 
    桔梗石膏
    葛根湯加川芎辛夷 (みみをとおす、はなをとおす)
    辛夷清肺湯 (はなづまり)
   副鼻腔炎
    葛根湯加川芎辛夷 (さらさら)
    辛夷清肺湯 (ねばり)
    排膿散及湯 (膿性鼻汁の多い時)
   他に
    柴胡清肝湯
    荊芥連翹湯 苦い!
    
C アトピー性皮膚炎治療における黄耆建中湯の可能性 なおやこどもクリニック 坂口直哉先生
   浸出液を伴う乳児の湿疹に著効例が多く見られるとのこと。

[ No.206 ] 第114回日本小児科学会学術集会 投稿者: セイワ薬局 2011年08月15日 (月) 09時18分
8月13日(土)、グランドプリンス新高輪を中心に行われた、第114回日本小児科学会学術集会に参加してきました。

いつものように印象記。

@ 経管栄養施行中の重症心身障害児における二次性カルニチン欠乏症の検討
  エンシュアリキッド、ラコール、エレンタールPにはカルニチンが含まれておらず、2〜3週間の経腸栄養で、30〜60%の症例でカルニチンの低下がみられるため、それによって起こる低血糖や心不全に注意が必要。治療には、L-カルニチンを100mg/kg/dayの投与。

A バルプロ酸ナトリウムによる急性膵炎の一例
  腹痛を訴えた時に注意。

B 病型分類による夜尿症の治療成績
  病型分類
         多尿型  混合型  膀胱型
   夜間尿量     ≧200ml   >200ml
膀胱尿量 ≧200ml >200ml
  治療  デスモプレシン 抗コリン剤 アラーム療法
   治療法は諸説あるようですが、アラーム療法がかなり有効であること。

C 緊急セミナー
  「原発事故と小児放射線健康被害」という演題で広島大学原爆放射線医学研究所の田代聡先生のご講演
  チェルノブイリと東電の事故の状況説明と比較、現時点でのこどもたちへの放射線の影響はそれほど心配されるレベルではないこと、必要以上に心配することのほうがかえって弊害があること。

他にもたくさんの興味深い発表がありました。





Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板