無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

セイワ薬局掲示板

何か記念に書いてください!

ホームページへ戻る

名前
MAIL
URL
件名
内容
アイコン /アイコンURL
削除キー COOKIE


[ No.204 ] 小児呼吸器感染症診療ガイドライン2011@アボットジャパン・ラインカンファ 投稿者: セイワ薬局 2011年07月23日 (土) 13時50分
7月22日(木)、みやのこどもクリニックで行われたアボットジャパン・ラインカンファレンスに参加。
小児呼吸器感染症診療ガイドライン2011、改訂のポイントとマクロライドの位置づけと題して、川崎医科大学小児科学主任教授尾内一信先生のご講演でした。

昨年はマイコプラズマ感染症にクラリスロマイシンが効かない患者さんがたくさんいらっしゃいました。
やはり、マクロライドの耐性化が進んでいるようです。
最近でもやはりクラリスロマイシン無効例のマイコプラズマ感染症の方がいらっしゃいました。
それほど流行はしていないのが幸いですが、今後のマイコプラズマ感染症には注意しなければと思います。
マクロライド無効例でも、ミノサイクリンやトスフロキサシンが有効だそうです。
現に、ミノサイクリンを処方された症例では著効例も見受けられます。
それでも、小さいお子さんへのミノサイクリン処方は、副作用である歯牙の着色が処方医の選択を迷わせているんでしょう。

ミノマイシンの添付文書に次のような一文が。

小児等への投与
他の薬剤が使用できないか、無効の場合にのみ適用を考慮すること。
[小児(特に歯牙形成期にある8歳未満の小児)に投与した場合、歯牙の着色・エナメル質形成不全、また、一過性の骨発育不全を起こすことがある。]

それでも、病状の長期化や入院の考慮を念頭に置いたとき、どっちがいいのかが難しい判断だと思います。

抗生物質と病原菌はいつまでたってもイタチゴッコ。
新しく登場する抗生剤は大事に処方して欲しいものです。

[ No.205 ] ミノサイクリンの投与期間 投稿者: セイワ薬局 2011年08月10日 (水) 15時29分
8月6日、慶応義塾大学薬学部の講演会に参加してきました。

「抗菌薬投与法のバックグラウンドと留意点」

という演題で東京慈恵医科大学感染制御部教授の堀誠治先生、

「小児感染症における抗菌薬の選択について」

という演題で慶応義塾大学医学部感染制御センター教授の岩田敏先生のご講演でした。

外来診療におけるミノサイクリン内服の期間を岩田先生にご質問させていただきました。
やはり副作用がご心配ということで5〜7日間というご回答をいただきました。
岩田先生のご講演では、12歳女児もマクロライド耐性のマイコプラズマ肺炎にミノサイクリンの注射を4日間、ミノサイクリンの内服を4日間で著効例をご紹介いただきました。

[ No.203 ] RA治療・MTX@薬剤師会 投稿者: セイワ薬局 2011年07月14日 (木) 12時34分
7月13日(水)、江戸川区薬剤師会研修会に参加。
東京臨海病院副院長総合診療科の松本孝夫先生のご講演でした。
演題は、RA薬物治療におけるDMARDsの位置付け〜MTXを中心として。
研修会には若い先生方も多くいらっしゃったので、昔のことはわからないと思いますが、私は薬剤師の仕事を始めたころにRAの患者さんが多くいらっしゃる病院で勤務を始めたため、昔の治療を思い出し、うなずきながら、先生のご講演を聴かせていただきました。
昔は本当に薬が効いていませんでした。
RAの患者さんもその多くが入院をされたままほぼそこで生活をされておられるような感じで治療を受けられていました。
その頃のMTXは、なんとなく恐る恐る調剤していた記憶があります。
MTX以外にも、潰瘍性大腸炎治療薬のサラザピリンや免疫抑制剤のエンドキサン等が適応外としてRAの治療に使われていました。
金製剤のシオゾールやリドーラ、金属解毒剤のメタルカプターゼ、他、カルフェニールなどなど、使われなくなってしまったお薬もそれなりに多くの患者さんに使われていました。
医学の進歩はRA治療だけではありませんが、RA治療は本当に進歩したと感じます。
早期発見、早期治療。
RAに限らず、大事なことだと思います。
印象に残ったスライドは、初期症状で手指の腫れた患者さんの写真でした。
‘柔らかい腫れ’と表現されていらっしゃいました。
私の小指は最近、‘固い腫れ’老化によるもののようです。

[ No.202 ] うつ病・サインバルタ@薬剤師会 投稿者: セイワ薬局 2011年06月25日 (土) 09時13分
平成23年6月24日、江戸川区薬剤師会研修会に参加。
塩野義製薬株式会社、中枢神経領域ご担当者のご講演でした。
サインバルタも発売から1年が過ぎ、だいぶ処方される機会も多くなってきました。
昨年の発売前にも研修はありましたが、うつ病の病態・治療も含めておさらいできました。
印象に残った点だけ列記します。

☆うつ病の治癒過程と関与するモノアミン (白川治先生による)

           うつ病の水準

セロトニン    イライラ感      
           不安感
           憂うつ感
ノルアドレナリン 手がつかない   時間
           根気がない
           興味がない
           喜びがない
ドパミン      生きがいがない

理解しやすい図だと思いました。
この場ではお示しできませんが・・・。

☆それぞれの抗うつ剤の特徴、モノアミン取り込み阻害作用とそれにかかわる病状をもう一度再認識して処方の妥当性を検証する必要があると感じました。
メンタルの服薬指導は、この症状にこの薬、と、杓子定規にいかないことは多いのですが、やはり、基礎的なことは指導する側がきちんと知識として持っていないと良い指導ができないと思います。
勉強します。

[ No.201 ] 脳卒中再発例の検討@薬剤師会 投稿者: セイワ薬局 2011年04月14日 (木) 12時11分
江戸川区薬剤師会研修会に出席。
松江病院副院長、脳神経外科の林伸吉先生のご講演でした。
演題は、「脳卒中再発例の検討」でした。

脳梗塞再発に対する治療指針として、
アテローム性脳梗塞には抗血栓剤、
心原性脳梗塞には抗凝固剤、
ラクナ脳梗塞には要らない?EPAがいいような。
大雑把に記憶してきました。
私の頭になかったのは、これらのお薬を服用中の患者さんがもし転倒などして頭部を打撲された時に、重篤な症状になるということでした。
血液サラサラの薬を飲んでいるなどと、お気楽にはいられないし、お薬をお渡しする時も気をつけようと再認識したご講演でした。
結構簡単に処方されるケースも見られますが、気をつけないといけないと思いました。

エパデールは魚油の成分、EPA。1990年6月の発売。発売当初は300mgのカプセルが1カプセル確か120円位しました。今は、48円10銭。1日6カプセル服用すると結構なお値段になったものです。
鰯1匹に含まれるEPAが300mg、また、当時の鰯の値段も120円位だったので、鰯を食べるか、エパデールを飲むか、なんて考えたこともありました。
今は鰯も高級魚になりつつありますので、エパデールは安い!?。
GEなら更に安い!?
良い薬だと思います。この先ずっと保険で認めていただけるのかが心配です。

[ No.200 ] 南葛西店12周年 投稿者: セイワ薬局 2011年04月01日 (金) 11時15分
本日、セイワ薬局はおかげさまで12周年を迎えることができました。
これからも地域の薬局として機能できるよう努力していきます。
今、日本は東日本大震災でとても大変な時です。
命を落とされた方々や被災された方々はもちろん、被災地で我々と同じように薬局で勤務されている方々のことを想いながら。
この現状で学ばせていただくことがたくさんあります。
セイワ薬局はセイワ薬局なりに、今できることを確実に実行していきたいと思います。
地域の薬局として機能できるように。
これからも頑張ります。

[ No.199 ] 東北関東大震災 投稿者: セイワ薬局 2011年03月24日 (木) 13時31分
平成23年3月11日の東北地方太平洋沖大地震ではたいへん多くの方々がお亡くなりになり、また、被災をされました。
犠牲になられました方々へのお悔やみと、被災された方々へのお見舞いを申し上げます。
また、そのご家族の方々に対しましても心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧と皆様の無事を心からお祈りいたします。

[ No.198 ] 発達障害に対する小児科診療@薬剤師会 投稿者: セイワ薬局 2011年03月04日 (金) 09時40分
2月26日(土)、東京臨海病院小児科の勝盛宏先生のご講演を拝聴してきました。
演題は、発達障害に対する小児科診療でした。
小児科でもこの分野のご専門の先生は全国的に非常に少なく、患者さんの診療体制が間に合っていない現状と伺っています。
ご講演全体を通して感じたことは、
@本当に、本当に、患者さんの、その、お子さんのことをわかってあげられないと、なんにもできないんだなあ。
A治療を急がず、じっくり治療方針を打ち出していく、この作業は、治療する側と治療される側両者ともに辛抱しなくてはならない時間が長く、このことを知っている知っていないで治る治らないが左右されるので、本当にむずかしいな。
B秋田大学の渡部先生が「解決志向アプローチ」というのを提唱されていたのを思い出しました。問題点や原因を探ってばかりでなく、‘解決’に焦点をあてるアプローチ。渡部先生もじっくり診療されていました。

スタッフに覚えていただきたいキーワードと私なりに発見したことをメモします。

@発達障害とは?・・・=生来の能力特性の偏り、歪み
 1.注意欠陥多動性障害(ADHD) ・ADHD−NOS(特定不能のADHD)
 2.広汎性発達障害(PDD)≒自閉症スペクトラム障害(ASD)
   ・アスペルガー症候群≒高機能広汎性発達障害
   ・非定型自閉症(PDD−NOS:不特定のPDD)
 3.学習障害(LD)
 4.発達障害圏(グレーゾーン、傾向)
 5.定型発達
*スペクトラムとは発達障害〜定型発達まで境界を分けられない連続帯をさす。
A 困り感≠ニいう言葉・・・今現在、自分が困っていることに自分で気づけない、あるいは困っていると言えない。今は困っていなくても、将来困るということを知らない。
発達凸凹(でこぼこ)≠ニいう言葉・・・発達障害=発達凸凹+適応障害
B小中学生の約6.3%が発達障害であるとか、15〜16人に1人。

[ No.194 ] 骨粗鬆症の病態と治療@薬剤師会 投稿者: セイワ薬局 2011年02月24日 (木) 11時18分
2月23日(水)、江戸川病院人工関節センターの泉田良一先生のご講演を拝聴してきました。2年前にも先生のお話を伺いましたが、ユニークなお話も交え、また、興味深いお話も多く、今回のご講演もたいへんおもしろかったです。
骨粗鬆症についてはこれまでもいろいろな場面で勉強してきましたし、GLも整備されていると思いますので、私なりの発見や新たなポイントをメモしておこうと思います。
@ 病気は次のように分類される。(以前にも聴いたのかな?)
  腫瘍、炎症、循環障害、奇形、外傷、変性
  変性は老化によるもので避けられない・・・残念。
A 骨粗鬆症の診断は難しい?検査によって値(?)にバラツキがみられる。
  レントゲン、DXA法、MD法、超音波(踵)、血液・尿検査(骨代謝マーカー)
  最も信頼度が高いのはDXA法。
B 重症な患者さんにはテリパラチド注で治療?でも高い!!8万円?リリー社、(調べてみよう。)
C やっぱりボノテオは効きそう?データ的には。でもやっぱりWeeklyが欲しいところ。
D BP製剤では長期に使用して不思議な?訳の解んない?骨折は起きている?
E 鰻(エルシトニン)も、鮭(サーモトニン)も海から川を遡る魚。
  Caの調節ができるところに着目した研究者はすごい。
F エディロールは近日発売。0.75㎍の軟カプセル製剤が標準で1日1回。
G D3製剤を飲んでいると転倒のリスクも減る?データがあるみたい。ほんとかなあ?不思議。

[ No.195 ] 投稿者: 薬学部5年生実習生 2011年02月24日 (木) 15時07分
先日薬剤師会の勉強会に初めて参加させていただきました。薬剤師の先生かたは仕事が終わってからの遅い時間から大勢のかたが勉強会に参加されていたので、驚きました。やはり薬剤師は働き出してからも日々勉強なのだなと肌で感じました。
江戸川病院の先生に骨粗鬆症のお話を聞かせていただきましたが、大学の授業ではきけなかったような最新の情報や薬の開発のエピソードなどが聞けてとてもおもしろかったです。
・ビスホスホネート製剤は昔下水道にこびりついたカルシウムを溶かすために使われていた
・ビスホスホネートは蓄積性があり、1回飲むと体内から排出させにくい
・人の全身の骨は5、6年たつと入れ替わる
・骨粗鬆症はやせている人が多い
など・・・
また、勉強会の最後には薬剤師会が応援する候補の政治家のかたがきてお話をしてくれました。今まで薬剤師はあまり政治には関係ない職業かと思っていましたが、薬剤師が国会にいないと薬剤師としてやりたいことが反映されにくくなることもあるそうなので、これからは少し興味をもってみていきたいです。

薬学部が6年制になって初めての学生です。
森下先生のところで調剤薬局のおもしろさややりがいなども教えていただきながら、薬局実習をさせていただいています。2ヶ月半は長い期間ですが、先生のもとでしっかり勉強させていただいて、セイワ薬局の薬剤師の先生かたのような立派な薬剤師になれたらと思います。

[ No.197 ] 投稿者: 薬学部5年生実習生その2 2011年02月24日 (木) 15時16分
昨日、泉田先生の骨粗鬆症の病態と治療についてご講演を聴かせていただきました。講演の始めから終わりまで、スライドやお話の内容がとてもユニークで、楽しいお話をたくさん聴くことができました。内容として、骨粗鬆症の検査で信頼度が高い装置でも誤差が2%程度あること、鮭とウナギから医薬品が創られた経緯、骨粗鬆症の予防について特に印象に残りました。また、V.D3製剤の服用で転倒防止のリスクが減ることに関しては私も不思議に思い、詳しい内容も特に話していなかったのでとても気になりました。
骨粗鬆症は多くの女性がなりやすいいため、若いうちから最大骨量を上げることが大切とされているので、この講演を機に骨粗鬆症だけに限らず、様々な疾患の予防にも関与する運動や食事の管理を見直していかなければいけないなと思いました。講演では、大学では学ぶことができない内容をたくさん勉強することができたので、参加することが出来てとても良い経験になりました。

[ No.193 ] 薬剤師会健康講座報告 投稿者: セイワ薬局 2011年02月07日 (月) 22時23分
先日2月5日(土)、葛西区民館において、江戸川区薬剤師会主催の健康講座が開催されました。
講座では、(独)国立成育医療研究センター薬剤部副部長石川洋一先生にご講演いただきました。
演題は、「小児のアレルギーや感染症のお話」でした。
ご講演終了後、ご参加いただいた区民の方々から、お薬相談をお受けしました。
皆さん、ご自分のお子さんが飲んだり使っておられるお薬が大丈夫なのかどうかというご質問が多くありました。
安心してお薬を使っていただくため、時間をかけ、疾患の治療ガイドラインなどをお示しし、お子さんに適正に使われていることをご確認いただけるようお話してきました。
お子さんのお薬は親御さんが納得した上で使っていただく、使うことに不安などがある場合には、できるだけ不安を取り除いてから使用する、これが一番お子さんへの治療にとってよいことだと思いますし、また、改めてそのことを感じてきた講座でした。
お子さんのお薬でご不安な点は、遠慮なく薬剤師に質問してください。

[ No.192 ] インフルエンザ流行の兆し 投稿者: セイワ薬局 2011年01月20日 (木) 15時17分
いよいよインフルエンザが流行の兆しです。
東京地方は何日も雨が降らない状態で乾燥注意報が連日発表されています。寒い日も続いてインフルエンザウイルスには格好の条件になっています。
インフルエンザに罹られた何人かの患者さんにお話を伺うと、今期ワクチン未接種の方がほとんどでした。
ワクチンの効力を感じています。
未接種の方はご注意ください。
通常ですとピークは2週間ですが、ピークの高さはまだまだ現時点では予想できません。
感染性胃腸炎の方も多く見受けられます。
いつも言いますが、手洗いうがいの励行を。





Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板