【コミュ障でも楽しい!】レンタカーの回送ドライバー

 

本流宣言掲示板


 光明掲示板・第一」「光明掲示板・第二」「光明掲示板・第三」「光明掲示板・伝統・第一」「光明掲示板・伝統・第二谷口雅春先生に帰りましょう・第一 谷口雅春先生に帰りましょう・第二

ご投稿は「谷口雅春先生に帰りましょう・第二」へ

「本流宣言掲示板」の宣言
「本流宣言掲示板」の利用法
重要リンク
トップページ
必ずお読みくださるようお願いします

 

 

正月飾り (5934)
日時:2011年12月28日 (水) 07時25分
名前:伝統


正月飾りの準備はお済みでしょうか?

今は略式化されたものがほとんどですが、正月の飾り物にもひとつひとつに意味があります。

例えば、門松は歳神様が降りてくるときの目印となり、
「松は千歳を契り、竹は万代を契る」との諺にもありますように
松には長寿、竹には発展への願いが込められています。

また、しめ飾りは不浄なものを寄せつけず、清らかな場所であることを示し、
鏡餅の円形は円満をあらわし、新しい年の命の象徴でもあります。

ちなみに、正月飾りの飾り時について、29日の9は「苦」に通じるため、
31日の大晦日に慌てて飾るのは、「一夜飾り」といって年神様に対し礼を失するとの
理由で避けられます。

つまり、正月飾りは今日の28日までに飾るか、または30日に飾るのが良いとされています。


・・・以下は、谷口雅春先生のお言葉より(『白鳩』誌 昭和22年3月号 「道場聴き書」)

(1)正月には松を立てる。

   松とは何であるかと云えば、それは《ときは》木であって、永遠に栄える木、
   即ち《サカキ・榊》である。

   天照大御神が天の岩戸にお入りになった時、神々がその戸口に立てたと云うサカキは、
   この『永遠に栄える木』を象徴している。松は即ちこのサカエギ(サカキ)である。

   また神前にサカキをそなえる場合、そのサカキもこの『永遠に栄える木』なのである。

   榊を神にそなえるとは、實は自分の心の中にサカキ(栄える木)を立てることである。
   榊は所謂『神様』に捧げるものではなくして、かえって『自分自身』に捧げるもの
   なのである。

   それ故、榊をそなえる場合には美しい緑の葉をみんな自分の方に向けて供える。
   『神様』の方には裏のきたない方が向いている。

   されば『神様』は自分以外の建物の中に在ますのではなくして、
   自分自身の心の中に存在することを知らねばならない。


(2)そして神前には《おみき》を供える。

   《おみき》はサケ(酒)である。 
   サケ(Sake)もやはりサカエ(Sakae)を表わす言葉である。

   サカキを立ててサケを飲むのは『サカエ』るものを観る事であり、
   それは『サカエ』るものを創造り出すことである。
   新たなる《いのち》の創造である。

   サケ(酒)はサカエ(栄え)であるから陽である。
   ものをいきいきと燃え立たせる働きである。

   それに対し水は陰である。

   こんな話がある。

   あるとき上戸と下戸とが酒3升と水3升とをどちらが先に呑み尽くすかという競走を
   した。はじめのうちは下戸は水をぐいぐいと早く呑んだが、上戸は酒をチビリチビリと
   呑むだけだったので、下戸の方がその競走に勝つのではないかと思われた。

   ところがお終いになると下戸はもう水がどうしても呑めなくなった。
   ところが上戸はいくらでも酒を呑む。時々小便に立って行っては、又呑むのである。
   そしてとうとう上戸がこの競走に勝ってしまった。

   それは何故であるかと言うと、酒はサカエであって、消化吸収されて一つなる働きを
   もっているからである。陽性であるからである。


(3)そして正月には《しめなわ・注連縄》を張る。

   《しめなわ》は天照大御神が天の岩戸からお出ましになった時、二度と再びお入りに
   ならないように張り巡らしたものであると古事記に書いてある。

   それはどういう意味かと云うと『再び退転しない』という意味である。
   再びもとの暗い生活には帰らないという誓いをあらわす。

   《しめなわ》を張り巡らす所はどこかのかど口の様な所だと思っていたら大間違いで、
   実は自分の心の中に張りめぐらすのである。

   心の中で『二度と再び過去のあやまちには退転しない』と固く決心することなのである。

      *この谷口雅春先生のお言葉は、
        ”童子 さま”のブログ「お正月を迎えるにあたって2010/12/29(水)」
       より拝借いたしました。 ”童子 さま”には感謝あるのみです。

            <感謝合掌 平成23年12月28日 頓首再拝>



Number
Pass

レンタカーの回送ドライバー
無料で掲示板を作ろう
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板