地形(主に、滝・巨石・山地地形)の掲示板

滝おやじが管理者の、地形についてなら何でもの掲示板です。ご気軽にご投稿下さい。

また、滝おやじのやっている

千葉県の滝・川廻しのHP http://chibataki.poo.gs/

千葉県外の滝・巨石・県内外の山と峡谷の地形めぐりHP http://chibataki.moo.jp/

の掲示板でもあります。関連のことはどうぞ。

投稿に当たって、削除キー欄に "taki" と記入して下さい。

内容は自由ですが、この掲示板にふさわしくないものは管理人の権利で削除いたします。

管理人個人宛のメールは、doutakioyazi@infoseek.jp へお願いします。 管理ページ

名前
e-mail
タイトル
本文
画像

URL
文字色
削除キー 項目の保存
RSS
No.9 斑糲岩の重力変形地形 筑波山見晴し台の露岩 投稿者:滝おやじ     投稿日:2012年06月05日 (火) 17時22分 [返信]

 斑糲岩でできた岩の微地形を見てきました。場所は、筑波男体山女体山の山頂一帯。
 斑糲岩は、侵食残丘を作っていることが多い岩石で、マサ化せず、大きな角張ったブロック状の岩塊を作るようで、風化しにくい岩ですね。
 阿武隈山地などでは、残丘を取り巻く小起伏面を作っている花崗岩・花崗閃緑岩は、風化しやすく、マサ化して、タマネギ状風化とか木の根開口とかが見られ、違った風化形態をしています。斑糲岩も花崗閃緑岩も、新鮮なら物凄く硬いのは同じですが。
 まず、男体山の山頂付近を一周している観察歩道の、第2見晴らし台の露岩。 図のLoc4にある岩です。
(木の根開口作用は、HPの竪破山の七奇石を参照。)

No.10  投稿者:滝おやじ     投稿日:2012年06月05日 (火) 17時25分

 Loc4は、筑波山男体山山頂から南東に伸びる尾根のちょっとした平坦部で、その先端に露岩があり、見晴らし台になっています。
 尾根は、地形図で見ると北西側斜面の方がより急傾斜。
 画像の人物がたっている岩。
 岩質は、勿論、斑糲岩、新鮮そう。
 高さが70cmぐらいで、直径4.5mぐらいの平面略円形の岩です。岩の上面は、緩傾斜した節理面だったのでしょう、上部がなくなって、北西(画像で右方向)へ傾いた平面になっている。

No.11  投稿者:滝おやじ     投稿日:2012年06月05日 (火) 17時27分

 わざわざ見に行ったのではなく、何気なく立ち寄っただけなのですが、画像のように、面白い割れ方をしているのに気づきました。
 岩の表面に、平行した深い割れ目が入っていて分離しかけています。
 赤い足の足下の段は、割れて滑って段差になっているようです。

No.12  投稿者:滝おやじ     投稿日:2012年06月05日 (火) 17時29分

画像は、上の画像と反対側から撮ったもの。食事している人と、青いザックは動いていません。
 手前の岩の断面は、上の画像の中央の深い割れ目の断面。
 青いザックと向こうには、分離した岩が見え、その先の2人の人物の向こうに見える巨岩は、食事している方が腰掛けている平らな岩から、分離して急斜面に落ちかかっているものらしい。

No.13  投稿者:滝おやじ     投稿日:2012年06月05日 (火) 17時31分

前の画像の、赤足と黒足の後ろ側、のぞいて見ると、円弧状の破断面で分離したやや小さな岩塊ブロックが急斜面に落ちかけていました。

 以上、各画像に見える岩塊の壊れ方は、いずれも重力による破壊ですが、(1)円弧状に(節理と無関係に斜面に沿って)破断していくのと、(2)直線的に(岩石の節理面を利用して)開裂したり、滑ったりするのと、2種類の動き方があるようです。

No.14  投稿者:滝おやじ     投稿日:2012年06月05日 (火) 17時33分

目測と写真を利用して、平面略図を作ってみました。
 直線的な開裂割れ目は、3本。
 円弧状の破断は、明瞭なのが2カ所
ありました。
 測定の基準点は石の上の境界標だが、補助点に、食事中の方の尻と、立ち話中の黒足と赤足の方の靴・・・2番目の画像参照

図の左上方向にある、急斜面に落ちている巨岩(3番目の画像参照)は、直線状開裂で分離したのではと思いますが、確実ではないですね。

No.16  投稿者:滝おやじ     投稿日:2012年06月05日 (火) 17時40分

 周囲の斜面形と露岩の崩壊形の関係を深読みすると、
(1)この露岩は、尾根先端にあるので、周辺の急斜面方向への、平面が円弧状の破断面による小規模な岩塊の分離が起こっている。
(2)尾根全体の横断方向では、北西側斜面の方が急勾配であり、それに対応したと思われる直線状で平行した開裂が発生している。この現象は、基盤の斑糲岩の節理系のうち、北東・南西方向の節理面を利用して開裂が起こっていると想像される。

 とまあ、こんなところですが、ここに記録したような、重力による基盤岩石の破壊変形は、ありふれた現象であり、少なくとも、同じ斑糲岩である、筑波山山頂部では同じような重力変形作用が発生していると思われます。  
 実は、筑波山の怪石といわれる岩を一通り廻ってみましたが、北斗岩を除くと、みなこの2種の重力変形で解釈できそうな形であります。
 次回は、近くの「立身岩」での例を紹介します。

No.6 筑波山の山の形 山が砕ける 投稿者:滝おやじ     投稿日:2012年05月29日 (火) 15時53分 [返信]

最近、筑波山の登山道沿いにある怪石群を見に何度か行きました。それで、石を見るための前提として、山の地形分類をしてみました。
 すると、筑波山は、いわゆる斑糲岩の残丘地形といわれていますが、それだけでは言い尽くせないものがあると思います。
 残丘地形が形成されたのはかなり古そうですが、むしろ、その後の地形変化が著しいと思います。
 山頂部は、以前の地形が重力崩壊(岩盤クリープ)して3つに分離しています。 また、山頂部斜面が、更新世後期まで、面的に改変され、さらに、完新世になって、山頂部の斜面の化石化と谷の侵食が進んでいるようで、稜線の南北での斜面地形の違いも著しい。
 画像は、常磐道から見た筑波山。左:男体山 中央:女体山 右の手前の塔と重なる部分:つつじヶ丘。

No.7  投稿者:滝おやじ    投稿日:2012年05月29日 (火) 16時04分

 山頂部が3つに砕けていることについては、羽田野先生の指摘があり、男体山の東端と女体山の東端、つつじヶ丘の東端で3つのブロックに分かれると述べておられます。羽田野(1989)。ものすごく納得。
 女体山を頂点とする三角形の山があったことになりますね。
 ただ、先生は言葉で言っただけで、図を示しているわけではないので、私見を図化して示します。この図は、地形図から断層を推定して作成。
 図は、上の画像と大体同方向からの山体ブロック概念図 作 滝おやじ。

No.8  投稿者:滝おやじ    投稿日:2012年05月29日 (火) 16時13分

断層の推定図です。
 男体山と女体山の東端の2カ所は、正断層風の滑落地形で、すごく明瞭。
 つつじヶ丘の東端は西側が押してきて、のし上げた逆断層風の地形と私は解釈しました・・・羽田野先生は明瞭な言及なし。
 地形は明瞭ですが、露頭での断層割れ目の確認はなされていません。露頭がないとのこと。男体山の東端の断層についての露頭は、御幸ヶ原と千手沢に以前あったが現存しないとのことです。
地質図(5万真壁)にも記載されいません。その辺で、あまり指摘する方がいないのでしょう。
 
 ところで、このように、周辺と岩質が異なり、屹立している平面が細長い山が、自重により自壊し、稜線を横断する方向の割れ目によって分離する現象は、報告がされていないだけで、実際はかなり普遍的と思われます。
 たとえば、関東山地北部の叶山、二子山は、海山起源のスライスされた石灰岩体の山ですが、見事に割れています。5万地質図「万場」にも断層として記載されている。その割れ目の「叶後の牢口」は天然記念物だったと思います。
 国土地理院1万国土基本図に加筆。作:滝おやじ

No.4 奥多摩三山の三頭山 投稿者:滝おやじ     投稿日:2012年03月17日 (土) 18時36分 [返信]

 一昨日、八王子市の北浅川・鶴巻橋上から遠望。戸倉三山の眺めです。左手の市道山と右手の臼杵山の間に、大沢山・三頭山が頭を出している。
 画像では省略しましたが、臼杵山の右手には、御前山と大岳山がそびえている。
 秋川流域の分水界にある三頭山(1531m)、御前山(1405m)、大岳山(1267m)は、奥多摩三山と呼ばれ、下流側から見ますと、1000-1100mぐらいの定高性のある山地から、3つの山が突出している。
 この突出は何故・・・。地質図を見ると大岳山はチャート層、御前山は石灰岩層、三頭山は石英閃緑岩貫入岩体が周囲の岩石を熱変成させたホルンフェルスが山頂を作っています。
 それぞれ周りの地層よりも硬いので、関東山地が侵食により山の高さを減じていった過程で、掘り残された結果として、相対的に突出した山になっていると思われます。

No.5 三頭山は何故高い・・・ 投稿者:滝おやじ     投稿日:2012年03月17日 (土) 18時40分

 大岳山(チャート)と御前山(石灰岩)は、いかにもと思われるのですが、三頭山の山の形と岩石の関係を図にした例はないみたいで、やってみたら面白そう。
 秋川の流域界沿いの地形断面、範囲は、笹尾根の槙寄山付近から北上して大沢山より三頭山中峰に至り、そこから東に、三頭山東峰を経て、鞘口峠から砥山・戸沢峰(浅間尾根合流点)付近までを書き、地質を入れました。
 地質図は、5分地質図の「五日市」のデータ。四万十帯の小仏層群(白亜紀)の小伏層と盆掘川層が、数個の石英閃緑岩体の貫入(中新世)を受けてホルンフェルス化した地質です。
 ホルンフェルス化の範囲は花崗閃緑岩体から500m以内という記載がありましたので、地質図上でのその範囲とし、2つの岩体から500m以内で両方から年を受けたと思われる範囲を「2重焼け」ということにして区別しました。
 図を作ってみてわかったのですが、三頭山の突出している山体は、見事にホルンフェルス化した範囲と一致していますね(特に笹尾根の部分)。
 また、2重焼けした部分が、更に高い所になっていて、大沢山が何故高いのかも、2重焼けの部分になっているからということで説明できそうです。
 より細かく読図しますと、尾根の位置、峰の位置、三頭沢の瀑布帯の位置なども、地質に影響されているようです。

No.71 筑波山と奥多摩の地形 投稿者:奥多摩大好き学生   投稿日:2013年04月06日 (土) 12時18分

ちょっと目に留まったので読ませていただきました。
私も、地形が好きなので共感できる点が多く、コメントさせていただきたいと思います。


 筑波山の地形は、私も羽田野さんの指摘同様に、重力変形地形(岩盤クリープ)であると思います。
なぜ、女体山と男体山の2つのピークが存在するのか。東西で非対称山稜なのか(西が急傾斜で、東が緩傾斜)。山頂付近の御幸ヶ原の存在。などを説明するにも納得がいきますが、私も筑波山に行ったことがありますが、いい露頭はなさそうですね。。証明するにはなかなか難しそうです。
ただ、山麓には土石流扇状地が広がっていたり、赤城鹿沼テフラがみれたりと、地学的にはとても面白いですね。


 奥多摩三山の地形を分かりやすく解説されていてとても楽しく読ませていただきました。それぞれ、まわりの四万十帯堆積岩とは異なった山体であるというのが地形を規定していますね。その他、鳩ノ巣城山や鋸尾根、稲村岩、神戸岩なんかもチャートや石灰岩による組織地形のようなものですよね。
もっと多くの方が、奥多摩に興味を持っていただけたらって思ったりします。


No.3 東京湾内湾、自然海岸の津波跡 投稿者:滝おやじ    投稿日:2012年03月13日 (火) 16時46分 [返信]

先日、木更津市の小櫃川河口三角州に行きました。
3/11の津波跡が今でもはっきり残っていました。
遡上高1.0〜1.5mぐらい。護岸がない自然海岸なので、低い浜堤を乗り越えて、潟湖に流入し、芦原を200mぐらい進んでいた。
三角州の旧流路跡の水路では、漁船を流してもっと上流まで。



Number Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板