【コミュ障でも楽しい!】レンタカーの回送ドライバー

とりい動物クリニック掲示板

ホームページに戻る



アップロード出来る画像は「JPG画像」、「GIF画像」、「PNG画像」の3種類です。
アップロード出来る画像の容量は最大200KB (1KB=1024B)です。
Name
Mail
Subject
Message
Homepage

Icon/Iconurl

/
Upload
Dell COOKIE
Color
◇こちらの関連記事へ返信する場合は上のフォームに書いてください。◇

No.345 新しい麻酔の模索。
NAME:bird_i

 以前からあった話なのですが、動物医療で頻繁に使用されている塩酸ケタミンという注射タイプの麻酔薬の使用が制限されます。

 いろいろなところでこの塩酸ケタミンが悪用され、その結果麻薬指定となり、麻薬使用の免許を持たない場合は使用出来ない薬となるのです。

 動物病院の中には麻薬を使用出来る許可を持った施設も有りますが、全てでは有りません。

 仮に麻薬免許をもち、そのもとで使用していっても現在のような使用は困難になると予測されます。

 よって新しい麻酔のプロトコ−ルが必要となります。
 
 現在検討中のお薬は、塩酸メデトミジン、ミダゾラム、ブトルファノールをmixして使用していく方法です。塩酸メデトミジンの強い鎮静、筋弛緩作用、ミダゾラムのトランキライザーの効果、ブトルファノールの鎮痛作用をそれぞれ生かした麻酔プロトコールです。

 使用した印象としては、ケタミン程の有効な麻酔効果は得られないものの、それにイソフルレンのガス麻酔を併用していくことにより十分な麻酔効果が得られました。

 今後はそれらの薬剤の投与量を検討しながら、麻酔プロトコールを作製していく必要が有ります。

 しかし、麻酔に関連する部門のコスト上昇は避けられず、今後コスト面でも検討をしていく必要が有りそうです。

2006年06月15日 (木) 18時34分



Number
Pass

Lenovo週末限定クーポンThinkPadを買おう!
無料で掲示板を作ろう
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板