無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

マハロ・ブック

組長のこと、本のこと、ふった、ふられた、
子犬が生まれた、昇進した、落選した、埋蔵金発掘、等々なんでもどうぞ・・・。

ホームに戻る

Name URL
Title Mail
Age address
Color
Cookie Pass
こちらの関連記事へ返信する場合は上のフォームに書いてください。

[357] グラスの中の氷が....
From:元祥寺のオサム [関東/秘密]

喜多嶋さんの小説の中でグッと来た表現。”グラスの中で氷がチリンと鳴った”(だったかな?)この瞬間に登場人物の中で何かが変わった、或いは成長した。(何も変わらない人生など無いのだから、nothing last forever、時は過ぎ行く)この映像的な表現、熱い、若かったその頃の僕に影響を与えた。どの小説だったかは、覚えていないけど、ショートストーリーのエンディングだったと思う。 

2006年04月19日 (水) 18時41分


[358] さよなら、金髪のマリアンヌ
From:窯猫 [東海/41歳から50歳]

旅立ち。。。

別れ。。。

アフターストーリーの気になる作品。

いろんな契機にグラスの氷が鳴りましたね。
かつての秀逸な短編集。
私も胸を貫かれました。
その一言半句、一行に。。。まさに固有ですね。

また是非遊びにきてください、ではでは。

2006年04月19日 (水) 22時37分




Number
Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板