無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

マハロ・ブック

組長のこと、本のこと、ふった、ふられた、
子犬が生まれた、昇進した、落選した、埋蔵金発掘、等々なんでもどうぞ・・・。

ホームに戻る

Name URL
Title Mail
Age address
Color
Cookie Pass
こちらの関連記事へ返信する場合は上のフォームに書いてください。

[405] 彼女なりのブルース
From:ロッキンベア [関東/41歳から50歳]

 やや遅れ馳せながら、「あのバラードが歌えない」を読み終えました。ストーリーの奥行きに感心しました。

 枝美のオリジナル曲が、彼女のギター1本による伴奏だけでCFに使われ、録音もされると決まった時に想い出したシーンがあります。
 前半、爽太郎がボブ・ディランの「風に吹かれて」を口笛で吹くシーン。一見、何となく通り過ぎるシーンですけどね。ディランの弾き語り時代の名曲が出てきたということが、ちゃんと後ろで繋がりを持っていたのかと感心したのです。

 ディランは一般的にフォーク・シンガーとされますが、僕はデルタ・ブルース(アコースティックな弾き語りのブルース)のシンガー・ソングライターであるとも見ています。彼の名作アルバム『ブリンギン・イット・オール・バック・ホーム』のジャケットには、伝説のブルース・シンガーであるロバート・ジョンソンのアルバム『キング・オブ・デルタ・ブルース・シンガーズ』が写っている!!

 そういう観点から考えれば、枝美のオリジナル曲は「彼女なりのブルース」ではないかとも考えられるわけで、そうだとすれば、その奥行きには驚くばかりです。非常に主観的な意見ですが・・・。

 今回も爽太郎には元気をもらいましたよ。

2007年05月22日 (火) 02時47分




Number
Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板