訪問者(累計): 4584255
訪問者(今日): 170

   

日本船・外国船 クルーズ掲示板

日本船と外国船のクルーズについて明るく楽しく、気楽に書いてください。

モバイル・アドレス : https://bbs2.sekkaku.net/bbs/i.pl?fujiwaray1

名前 [ 必須 ]      初めて投稿される方はこちらをお読み下さい    質問の投稿前に検索欄の活用を!
E-mail  [ 任意 ]
URL  [ 任意 ]
題名
内容
文字色  
画像

Pass =    項目の保存     [ 注意 ] Pass を設定しないと、投稿後の編集・削除が出来ません。
RSS

このレスは下記の投稿への返信になります。戻る

No.14235 2551      飛鳥Uは重症かもしれません 
Pass
     名前: くるる   日付:2022年03月23日 (水) 09時13分  [返信]
春の訪れとともに、クルーズシーズンが始まりますが、なんと飛鳥Uが4月上旬までのクルーズを全て取りやめてしまいました。その後のクルーズ(夏クルーズ(5月〜8月出発))についても予約を一旦中止するということで、どうも長期間運航が出来ないこともあると判断しているようです。
電気系統ということですが、単なる機器の不具合ならば修理できなければ換装という手段がありますから、それほど長期にはなりません。ただ、大型の発電機などですと造船所に入り船体を切らなくてはなりません。とはいっても、運航までの修理計画は立てられます。
飛鳥Uはご存じのとおり、元はクリスタル・ハーモニーですから就役1990年で船齢は30年を超えています。船齢30年以上の船は特に珍しくはありませんが、飛鳥Uの場合多くの船内改装をしていますから、電気系統特に電路はかなり複雑化していると予想されます。木造の家屋でも漏電がありますが、船の場合全体が鉄という導体ですから、漏電つまり絶縁0が出てしまうと、油漏れ、水漏れと異なり場所の特定は極めて困難で、例え場所が特定されても十分な絶縁を確保するための修理費用によっては廃船となる場合もあります。
情報は全くありませんけど、もし原因が船内の絶縁不良ならば近々に行った露天風呂の新設工事が怪しいと思いますね。
新造船建造のために飛鳥Uの整備、修理費用を削ったとは思いたくはないですけど、これを機に運航中止、廃船あるいは売船ということも十分に考えられることだと思います。
飛鳥Uにご乗船を予定されている方は、今後のクルーズ中止もありうる話だとお考えくださいませ。

No.14236 2551      Re:飛鳥Uは重症かもしれません 
Pass
     名前: yayamo   日付:2022年03月23日 (水) 16時23分
くるるさん 今日は!

郵船はコロナでほかの業界が苦しんでいる中、海運で絶好調の収益をあげ
新造客船も造船会社が苦境の中、いい条件で契約してるはずで、やること
なすこと上手くやっていると感心してましたが、やはり「好事、魔多し」
ですね。

露天風呂なんて日本らしい発想で、老朽船を改造するとき新造船の計画
は、なかったのでしょうね。あれば無駄なお金は掛けなかったのでは・・・

くるるさんに教えて頂きたいのですが、ダイヤモンドプリンセスが今年の
クルーズをやめ、二年近く動いていませんが船内の給水菅の主管は掃除や
調理室で使うので問題ないと思いますが、客室の枝管は使用しないと錆び
だらけになるのではと思いますが、どういった対策をしているのですか?
動いている船でも時々錆びの水が出たとの苦情を聞いたことがあります。


No.14237 2551      Re:飛鳥Uは重症かもしれません 
Pass
     名前: くるる   日付:2022年03月24日 (木) 20時47分
yayamo様

飛鳥U限らず、クルーズ客船は年最低1回は造船所のドックに入ります。
ダイヤモンド・プリンセス、サファイア・プリンセスはシンガポールのセンバワンにある造船所を使っています。海外の造船所は経験したことがないのであくまでも日本国内の場合ですが、ドックに入る場合には出来る限り船体を軽くする必要がありますから、燃料タンクはもちろん真水タンクも全て空にします。燃料は油船に移し修理終了後再搭載しますが、真水は船体外側を洗ったり、漏水検査のため船内の真水系の通水試験に使ってしまいます。その時に若干水圧を上げて管の清掃(どこまで有効かは不明)をしたりするので使用していない区画も一応は通水します。
問題はこのあとで、通常造船所の修理は金銭面と運航停止日数の関係から出来る限り短期間しかも最低限の修理しかしたくないのが運航者側の考えですからダイヤモンド・プリンセスの真水タンクがいくつあるかわかりませんが全部のタンクの清掃、再塗装などはしていないことは間違いないです。
親切なクルーズ客船は洗面所や室内の案内に「この真水は洗面やシャワーには問題なく使用できますが飲用は避けてください」とありますが、一度でも船の真水タンクに入ったことがあるならば、絶対に飲用、歯磨きには使わないと思います。さすがにマンションの屋上貯水槽みたいにカラスやネズミの死骸はありませんが想像を絶する汚さであることは間違いありません。
yayamo様の質問の錆の件ですが、ご存じのとおり船の真水タンクはバラストタンクの役目もありますので、送水管がいくら綺麗でもタンクの水を移動させたりサービクタンクの水が残り少ない場合などはそこに溜まった錆などを吸い込んでしまう場合がありクルーズの最中でも錆が含まれてしまうことがあります。対処としては、フロントに文句を言っても始まらないので、サービスタンクを変える時期まで気長に待てば少しはまともな水が出てきます。錆はシャワーが目詰まりするので船員もそのままにしておくと余計な仕事が増えますから、出てこないよう各部屋の水道には特に注意はしています。温水器は錆が出やすく溜まるのであまり酷ければ温水を使わないという方法もあります。その点、ダイヤモンド・プリンセスの日本発着クルーズは各部屋にポットが用意されているので助かりますね。




No.14238 2551      Re:飛鳥Uは重症かもしれません 
Pass
     名前: yayamo   日付:2022年03月25日 (金) 13時44分

くるるさん、説明して頂き有難うございます。

くるるさんは船以外でもよくご存じですね。保健所の衛生課に勤務していた時、事務屋ですが環境
衛生監視員と共に貯水槽に登り検査をしていました。あれは登るときは何ともないのですが降りる
とき下を見ると、垂直な梯子なので足が、ガクガクして必死で降りたのを覚えています(笑)
私の時は異物はありませんでしたが、監視員によると鳩の死骸なんかもよくあると言ってました。

>飛鳥U限らず、クルーズ客船は年最低1回は造船所のドックに入ります。
>ダイヤモンド・プリンセス、サファイア・プリンセスはシンガポールのセンバワンにある〜

そうですよね。でも昨年から理由はわかりませんがキプロス沖に2隻とも停泊したままで一時
マルセイユに着岸していたので、ヨーロッパクルーズでも始めるのかと思ってましたが理由が
くるるさんの説明で分かりました。ドック入りしていたのですね!現在はまたキプロス沖に戻って
います。コスタがウクライナ難民のためクルーズ船を提供するようです。散々コロナで日本政府に
迷惑をかけたプリンセスですからクルーズが出来ないなら提供すればと思いますけど。



No.14239 2551      Re:飛鳥Uは重症かもしれません 
Pass
     名前: くるる   日付:2022年03月27日 (日) 09時24分
飛鳥Uは現在、横浜港大桟橋埠頭に係留停泊中です。周囲には工事用の車両も見当たらないし、機器の交換等をするならば目と鼻の先に三菱重工横浜造船所がありますから、そこまで行く必要もないということでしょう。なのに、4月クルーズは中止、5月以降も予約停止ですから、やはり運航の見込みが立っていないと考えられますね。
客船を含む大型船はマンションや家屋と違い、洋上を長期間補給なしで航行することを前提にしていますから、何でも機器は複数台持っています。主機、発電機、冷房装置、冷蔵庫、造水装置、揚錨機・・・必ず2台以上装備されています。通常電路も1号母線と2号母線と二つの主系統を中心に各所に枝分かれをしていますから、電気系統の故障といっても発電機、配電盤の故障あるいはどこかの断線ならば応急対応は可能で、つまり乗船客に知られることなく短期間の国内のクルーズ程度なら運航は出来るということです。
となれば、考えられる一つは電路の絶縁不良しかも場所を特定出来ていないのではないかということです。
こういう場合の探知方法は場所をどんどん極限していくので、客室が1000以上あろうと時間をかければいずれはこの辺りと見込みはつけられます。なのに「未定」ですから考えられるのは、複数個所に前縁不良が発生していて、場所が特定できない。つまり、追い詰められていないのではと思います。
そういえば、以前横浜停泊中にブリッジの後ろの倉庫から火災を起こしていますね。船内火災は漏電が怖いので通常はハロンガス放出か密閉消火を試み放水による冷却は最後の手段ですが、火災は屋外倉庫だったので慌てて豪快に放水消火をしてしまい消火水が老朽化した船体の隙間から船内に入った可能性は排除できませんね。確か真下はパソコンルームの近くだったような気がします。
もう一つは、郵船クルーズは被害状況を全て把握していて修理方法も検討済みですが、新造船の建造費を圧迫するような大きな修理費用が重くのしかかり、この際飛鳥Uの運航再開を諦めた方が経営上は得策だという判断を迫られているのかもしれません。
Number
Pass
管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板