無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする



 

本流宣言掲示板


 光明掲示板・第一」「光明掲示板・第二」「光明掲示板・第三」「光明掲示板・伝統・第一」「光明掲示板・伝統・第二谷口雅春先生に帰りましょう・第一 谷口雅春先生に帰りましょう・第二

ご投稿は「谷口雅春先生に帰りましょう・第二」へ

「本流宣言掲示板」の宣言
「本流宣言掲示板」の利用法
重要リンク
トップページ
必ずお読みくださるようお願いします

 

 

新嘗祭 (5443)
日時:2011年11月23日 (水) 07時26分
名前:伝統

今日11月23日は、新嘗祭です。

全国の神社で、厳かに盛大に新嘗祭が行なわれます。

宮中でも、新嘗祭が行なわれます。

宮中での新嘗祭 〜 国民の代表して、天照大神をはじめ天神地祇へ、
          収穫の感謝を行なうとともに、日本国と国民の
          豊かな繁栄をお祈りしていただく重要な行事です。

(1)宮中での新嘗祭は、天皇が神嘉殿において神々(天照大神をはじめ天神地祇)に
   感謝を込めて新穀(神饌)を奉るとともに、自らも共食される厳粛な祭りが行わ
   れます。

  @新嘗祭は、稲の王・天皇家の最重要祭儀、天皇家の宗教的権威の源泉であります。

  A新嘗祭は、ニニギ命(邇邇芸命・瓊瓊杵尊)がアマテラス(天照大神)から斎庭(ゆにわ)
   の稲穂を授けられて天降ったという天孫降臨神話に基づき、新穀を食する(きこしめす)ことは、
   皇祖の霊威を身に体し、大御神と一体になること行事です。

   日本書紀に「吾が高天原にきこしめす斎庭の穂(ゆにわのいなほ)を以て、また吾が兒(みこ)に
   まかせまつるべし」との神勅を下し、斎庭の稲を授けたと神話的由来を伝えています。

  B新嘗祭は、年々繰り返しすことにより、霊威の更新をはかられるのです。

  C新嘗祭は、神嘗祭と異なり、天皇自ら供え物を行い、また、自らも食するということであります。
   つまり、新嘗祭は単にその年の収穫を感謝するだけではなく、天皇が神々と食事を共にすること
   により、国に豊かな実りをもたらす霊力を身に付けることに目的があります。

(2)新嘗祭は、夕刻から深夜にかけて斎行される「夕の儀(ゆうのぎ)」と、
   深夜から明け方にかけて斎行される「暁の儀(あかつきのぎ)」から構成されています。

  @当日、身を清められた天皇は、純白の絹の御祭服(ごさいふく)を召されます。
   夕刻になると、天皇は、神嘉殿にお渡りになり、外陣(げじん)の御座に著御されます。
 
   この間、神饌行立(しんせんぎょうりゅう)がなされ、神楽歌(かぐらうた)が奏されます。
   その間、天皇は内陣(ないじん)にお進みになり、神饌を御親供(ごしんく、天皇みずから
   神に供物を捧げること)されます。

   新穀から調進した神饌を天皇みずからお進めし、神々にお召しあがりいただく。

   御親供ののち、天皇は御拝礼され、ついで皇祖(こうそ、天皇の祖先)への御告文
   (おつげぶみ)を奏されます。

   御告文が終わると、天皇は、神々に捧げられたものと同じ神饌をお召しになります。
   この儀を「御直会の儀(おんなおらいのぎ)」といい、皇祖と飲食を共にされる
   (相嘗・あいなめ、共食・きょうしょく)新嘗祭の核心ともいうべき厳粛な儀です。

   こうして御親祭(ごしんさい)を終えられた天皇は、神嘉殿を御退出されます。

  A続いて天皇は、同じく神嘉殿で深夜から明け方にかけて「暁の儀」 を御親祭されます。

  Bこのように天皇は、夜を徹して、最高の鄭重さをもって神々をおもてなしになるのです。


   新嘗祭(にいなめさい)の歌
     http://www.youtube.com/watch?v=hWdN3MTXE10

・・・以上は、宮中での新嘗祭の概要ですが、今年は、天皇陛下が入院中のため、変更になって
   おります。

(1)天皇陛下には、ご病状に関する皇室医務主管および東大病院の担当医師の判断に沿い、
   予定されている新嘗祭へのお出ましを差し控えられることになりました。

   なお、皇太子殿下は、夕の儀及び暁の儀の両儀式とも、儀式の半ば過ぎに、
   拝礼のために参進され、皇族及び諸員による拝礼の前に退出なさいます。(宮内庁発表)

(2)新嘗祭にお出ましになれない陛下がどれほど無念か、拝察するに余りあります。
   公正にして無私なる祈りを神々に捧げることこそ、天皇の天皇たる所以だからです。

            <合掌 平成23年11月23日 頓首再拝>

日本人の神様への感謝の原点 (5457)
日時:2011年11月24日 (木) 17時48分
名前:伝統

天皇陛下、午後にご退院 宮内庁が発表
2011.11.24 11:29 [皇室]

宮内庁は24日午前、東京大学医学部付属病院(東京都文京区)に入院していた
天皇陛下の回復が順調に進んだため、同日午後に退院されると発表した。

担当医師らは、退院後少なくとも数日間はお住まいの皇居・御所で療養を続けていただきたい
とする見解を持っており、今後は回復状況を勘案しながら、ご公務復帰の時期などを検討する
としている。


”童子 さま””さくらふぶき さま”をはじめとした多くの方々の
「天皇陛下の御平癒」祈願の効果もあり、無事、ご退院のようで、
全国民、安堵の気持ちで一杯であろうと思われます。


・・・さて、新嘗祭について、若干の補足をしておきたいと思います。

(1)例年、11月22日は鎮魂祭、23日は新嘗祭(にいなめさい)が宮中で行われます。

  @鎮魂祭は初代神武天皇の御時に物部氏の祖、宇摩志麻治命(うましまじのみこと)が
   十種(とくさ)の神宝を以って、天皇の鎮魂をしたのが始まりです。

   これには陛下のお出ましはありません。

   この日は掌典職(しょうてんしょく 宮中祭祀を担当する部門)によって
   綾綺殿(りょうきでん)に祭場を設けられ、玉体の守護神である神々をお迎えして
   掌典長以下が祭儀を奉仕し、神饌(しんせん お供えもののこと)を供えます。

   そして鎮魂の儀式が行われます。
   これは陛下のご霊力を鎮め、さらに奮い立たせ、翌日の新嘗祭に備えるためのものです。

  A新嘗祭は神嘉殿の神座に天照大神の御霊をお招きして、米、粟をはじめとする穀物の
   今年の出来を奉告、感謝し、また新穀で作ったご飯やお酒を陛下がご自身で天照大神に
   お供えになり、ご自身でもお召し上がりになります。

   神がお召し上がったとみなされるお供え物を人が頂くことにより、
   その神霊を人の体内に取り入れることができるという考えによるものです。

   神嘉殿の儀式は「夕の儀」(午後6時)と「暁の儀」(午後11時)と同じことが
   二回繰り返されます。すべてが終了するのが24日の1時をすぎます。

   天皇陛下は堅い板の上に座布団も敷かずに2時間も正座しなければなりません。
   ですから陛下は新嘗祭が近づくとテレビを見ながら正座の練習をして臨まれている
   といいます。侍従も同じように正座しなければなりません。

  B御告文
   この新嘗祭では今年一年の穀物の奉謝と国家、国民の幸福をお告げになって祈られます。

(2)今上陛下の大御歌(新嘗祭)

  @【  新嘗の祭始まりぬ神嘉殿ひちりきの音静かに流れる 】

   今上天皇の皇太子時代の御歌です。
   ”ひちりき”というのは神楽などで使う管楽器、笛みたいなもので、
   天皇陛下がお出ましになると神楽歌がはじまります。そのときの様子を詠まれたものです。
 
  A【 歌う声静まりて聞こゆこの時に告文読ますおほどかなる御声 】

   神楽歌の歌が静まるころに天皇陛下が御告文を奉じるご様子を詠われています。
   これも、今上天皇の皇太子時代の御歌です。

   皇太子殿下は祭祀のときは神嘉殿隔殿にいらっしゃいます。
   御殿には天皇陛下とお供えを手伝う巫女二人しか入れません。
   ですので、音や声にによってご様子を察して詠まれているのです。

(3)日本人の食に対する感謝の原点

   私たちが毎日食べている食事は神話の時代に神の命と引き換えにもたらされ、
   天照大神が民に授けたものです。

   だから天皇陛下は新嘗祭で天照大神をお招きし、ひとつひとつの食をご報告し、奉謝し、
   国民の安寧を祈られるのです。

   日本人の食に対する感謝の原点が新嘗祭にあります。

            <合掌 平成23年11月24日 頓首再拝>



Number
Pass




レノボ週末クーポン   掲示板の作り方
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板