無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする



 

本流宣言掲示板


 光明掲示板・第一」「光明掲示板・第二」「光明掲示板・第三」「光明掲示板・伝統・第一」「光明掲示板・伝統・第二谷口雅春先生に帰りましょう・第一 谷口雅春先生に帰りましょう・第二

ご投稿は「谷口雅春先生に帰りましょう・第二」へ

「本流宣言掲示板」の宣言
「本流宣言掲示板」の利用法
重要リンク
トップページ
必ずお読みくださるようお願いします

 

 

「母から子への手紙コンテスト」大賞 (5583)
日時:2011年12月05日 (月) 20時12分
名前:伝統


野口英世の生誕地、福島県猪苗代町で12月4日、
「母から子への手紙コンテスト」の入賞者の表彰式があり、

東京電力福島第1原発事故に対応した東京消防庁のハイパーレスキュー隊員を
子に持つ福島市の菊池孝子さんが大賞に輝いた。

<参考Web:第10回「母から子への手紙」コンテスト>
       http://www.noguchihideyo.or.jp/contest.htm
・・・

「母から子への手紙コンテスト」大賞の手紙全文


お母さん、行って来るからとの一報を受けた時は真っ白になった。
あまりにも唐突で、気持ちの整理もままならぬ中、頑張ってきなさいと言うしかなかった。

本当は放射能の中への突入なんてあり得ない、やめてって叫びそうだった。
東京消防庁への道を選んだ時、反対しとけばよかったとさえ思った。
これって、お母さんのエゴなのでしょうか。

テレビにくぎ付けの一日の何と長いこと。無事であることを祈るばかり。
そう言えば謙はどら焼きが好きだった、忙しくてしっかり抱っこもしてやれなかったなど
なぜか遠い昔のたわいもないことがどんどん駆け抜けていった。


「ミッション達成」のメールが届いた時は涙が出てしまった。

20ミリシーベルトの放射能を浴び、決死の覚悟で任務に挑んできた一員として、
自信にあふれたあなたの姿こそ、お母さんの誇り。お疲れさまでした。


(追伸)浴びるほど飲ませっつお、待ってろ。ってお父さん言ってた。

          <感謝合掌 平成23年12月5日 頓首再拝>



Number
Pass




レノボ週末クーポン   掲示板の作り方
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板